暮らし

こんな野菜も作れるの!?ミニ野菜で簡単家庭菜園!

かぼちゃ

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

自宅のお庭やベランダの空きスペースなどで、「家庭菜園を楽しみたい!」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしダイコンや白菜、ニンジンといった普段よく使うような野菜は、畑で本格的に育てなければならないイメージが強く、なかなか初めての家庭菜園では手を出しづらいですよね。

そこで今回、手軽に育てる事ができるミニ野菜についてお話します。

小カブ

かぶ

小カブとは

直径5~8㎝ほどで収穫するカブの事を小カブと言い、カブの中でも流通量が多い品種です。

タネをまいてから1~2ヶ月で収穫できるので、初心者の方でも収穫を楽しむことができるおすすめの野菜ですよ。

カブは甘みがありサラダや漬物、炒め物にも使えるので、家庭菜園で育てると普段のお料理に役立ちます。

小カブの栽培ポイント

小カブは15度~20度の涼しい環境を好み、秋や春に種植えをします。

種まきから収穫までの期間が短いので、秋の涼しい時期に間を開けて種まきをすると、長期間収穫を楽しめますよ。

また間引きをすると小カブを中カブに育てることもできるので、馴れてきたら挑戦してみてもいいですね。

ミニカボチャ

かぼちゃ

ミニカボチャとは

ミニカボチャは1個500g前後の手のひらサイズで、「坊ちゃんカボチャ」とも呼ばれています。

1株植えると10~15個ほど収穫できるので、限られたスペースで栽培する際にもおすすめです。

1~2株あれば十分な量を収穫でき、少々放置気味でも元気に育つので忙しい方や家庭菜園が初めての方も安心して栽培できますよ。

ミニカボチャの栽培ポイント

ミニカボチャは低温にも高温にも強く、痩せた土地でも良く育つという特徴があります。

しかしウリ科の植物のため「ウリハムシ」と言う害虫が付きやすく、食害される恐れがあります。

生育の初期に食害にあうと著しく育ちが悪くなってしまうので、防虫ネットなどで予防しましょう。

またミニカボチャは肥料を与え過ぎると、ツルばかりが伸びて実があまりつかなくなってしまうので注意して下さいね。

ミニ大根

大根

ミニ大根とは

ミニ大根とは根の長さが15~25㎝ほどの食べきりサイズの大根で、初めての家庭菜園でも十分に美味しく育てられる野菜です。

通常の大根に比べて少ない肥料で育ちますが、味はしっかりとした大根なので様々な料理に使えます。

また株間が20~25㎝ほどあればいいので、家庭菜園の限られたスペースでも沢山植えて収穫を楽しめますよ。

ミニ大根の栽培ポイント

ミニ大根はアブラナ科の植物で、同じ場所や土で続けて育てると連作障害がおきてしまいます。

そのため植え付けをする際は1年以上植物を植えていない場所を選ぶ必要があり、プランターで育てる場合は土を変える様にして下さい。

また「ダイコンシンクイムシ」という害虫の食害をうけると生育が止まってしまうので、しっかりと対策をする必要があります。

解体の窓口

ミニニンジン

ニンジン

ミニニンジンとは

ミニニンジンとは、長さが7~10㎝ほどの品種で、ベビーキャロットや一口ニンジンとも呼ばれます。

肉質は柔らかくニンジン特有の青臭さが少なく甘いので、「ニンジンが苦手…」という方やお子様でも食べやすいですよ。

また種まきから収穫までの期間が70~80日程度と短いので、気軽に栽培することができます。

ミニニンジンの栽培ポイント

ミニニンジンは育てる地域や種類によって適した栽培時期が異なりますが、夏植えの方が害虫被害を抑えられるので夏植え用の品種を選ぶようにしましょう。

また収穫のタイミングが遅れてしまうと、根が太く育ちすぎて縦に割れてしまうので時期をみて早めに採るようにして下さいね。

ミニ白菜

白菜

ミニ白菜とは

ミニ白菜とは、600g~1㎏ほどで収穫する品種の白菜で、通常の白菜の1/4カットと同程度のサイズにあたります。

1枚の葉のサイズが小さめなので使い勝手が良く、冷蔵庫の野菜室にもピッタリとおさまり非常に便利です。

また味や食感は普通の白菜と変わらないので、漬物や炒め物、鍋物など幅広い料理に活用できますよ。

ミニ白菜の栽培ポイント

ミニ白菜は狭い範囲で密植栽培をしても株の大きさに差が少なく、一度で沢山の白菜を育てることも可能です。

しかしアブラナ科の白菜はアオムシやコナガといった害虫がつきやすく、密に植えると害虫駆除の薬剤が届きづらくなってしまいます。

発見が遅れると害虫による葉の食害をうけてしまうので、植え付け後は防虫ネットなどでしっかりと対策しましょう。

また土の中にも害虫が潜んでいることもあるので、対策後もこまめに観察して害虫を発見したら直ちに捕殺して下さいね。

まとめ

いかがでしょうか。

カブやカボチャ、大根やニンジン、白菜は、様々な料理で万能に使え、家族で美味しく食べることができます。

家庭菜園では育て方にとことんこだわることができるので、安心・安全な野菜を栽培できますよ。

また野菜が立派に育った際の達成感も味わえるので、ぜひ空いたスペースでミニ野菜を育ててみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事