暮らし

沖縄市の地価が上昇!?街の魅力とは!

タコス

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口
タグ:

沖縄県の県庁所在地である那覇市に次いで人口の多い、沖縄市。

県内でもアメリカ文化と沖縄文化が混ざり合ったエリアとして知られており、街には様々な国籍の方が暮らしています。

そんな沖縄市は、近年地価が上昇している人気エリアなんです。

今回は、沖縄市の魅力についてお話しします。

沖縄市の特徴

沖縄市の風景

沖縄県の中部エリアに位置する沖縄市は、那覇市に次いで人口の多い都市として発展しています。

市内には嘉手納基地やキャンプフォスターなどの米軍基地を多く抱え、街には英語表記の看板が多い特徴が。

県内でも特にアメリカ文化を強く受けたエリアのため、独特の雰囲気や文化に触れることができますよ。

また外国人が多いことからジャズやロック、メタルといった海外音楽が盛んに聴かれるようになり、音楽の聖地としても親しまれているんです。

そんな沖縄市は県内でも特に人口の増加率が高く、年々地価も上昇しています。

2018年(平成30年)の平均地価は6万6256円/㎡で、前年よりも6.02%上昇しています。

その中でも最も地価の高い場所は沖縄市胡屋(ごや)で、地価は11万4000円/㎡です。

沖縄市のお買い物スポットといえば!

買物

沖縄市のお買い物スポットといえば、プラザハウスショッピングセンターではないでしょうか。

米軍施政下から数えると日本最古のショッピングセンターと言われており、現在でも地元の方の大切なお買い物スポットとして親しまれています。

アメリカ統治下に建設された当時は米軍人やその家族専用の商業施設だったため、今でも異国情緒が色濃く残っている特徴が。

世界各国のクオリティの高い物を少しずつ集めた「多種多様」というコンセプトの下、他にはない珍しいこだわり商品を見つけられるかもしれません。

また建物内には衣料品店や飲食店、スーパーなどが入っており、毎日のお買い物から休日のお出かけまで幅広く利用することができますよ。

ほかにも、プラザハウスでは不定期で様々なイベントが開催されるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

異国情緒を感じたいならここ!

コザゲート通り

コザゲート通り

コザとは沖縄市の旧名であり、現在でも市の中心部が“コザ”の愛称で親しまれています。

そんなコザにある嘉手納基地第2ゲートへと繋がる「コザゲート通り」は、米軍人向けのお店が立ち並ぶエリアです。

英語表記の看板と日本語表記の看板が入り交じり、様々な国籍の方が衣料品店を経営している特徴が。

日本のお店ではあまり見ないようなデザインの服なども多く、軍人以外にも地元の方や観光客で賑わいます。

また「音楽の街」として発展している沖縄市らしく、ゲート通りには様々なライブハウスが密集しているんです。

中央パークアベニュー

タコス

沖縄の人と米軍の人が秩序ある健全な取引が出来る場所づくりのため開設された、中央パークアベニュー。

本土返還前は「BCストリート」と呼ばれ、今でも復帰前の面影を感じることができます。

全長約400mの商店街には沖縄料理を提供する食堂や外国人向けの飲食店、有名なタコス店などがあり、様々なグルメを楽しめます。

またおしゃれな雑貨店やディープな商品を扱うお店などもあるので、散策するだけでもおすすめですよ。

解体の窓口

沖縄市のイベント

沖縄全島エイサーまつり

エイサー

沖縄市は沖縄県の伝統芸能の一つであるエイサーが最も盛んな土地であり、2007年には「エイサーのまち」宣言をしました。

その沖縄市では、毎年旧盆明けに県内全域から選りすぐりの青年会が一堂に集まり演舞を披露する、「沖縄全島エイサーまつり」が開催されます。

沖縄県内最大規模のエイサー祭りとして知られ、3日間の開催で約30万人が来場するほど賑わうんです。

各青年会が代々受け継がれた個性豊かなエイサーを披露し、大人から子どもまで楽しむことができますよ。

また会場のサブグラウンドではオリオン・ビアフェストも同時開催され、祭りをさらに盛り上げます。

祭りのフィナーレにはレーザーショーや打ち上げ花火もあるので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

おきなわマラソン

マラソン

おきなわマラソンはNAHAマラソンと並ぶ沖縄県を代表するマラソン大会で、毎年県内外から沢山の方が参加します。

世界遺産の勝連城跡や嘉手納基地内、米軍施設内がコースに含まれていることが特徴で、初心者の方からプロの方まで楽しみながら走ることができますよ。

また完走するために欠かせないエイドステーションには黒糖や沖縄そば、牛丼といったバリエーション豊かな私設エイドもあり、それも人気の理由です。

発着点ではグルメイベントも開催され地元の人気グルメが楽しめるので、マラソンに参加しない方も楽しめます。

まとめ

いかがでしょうか。

「音楽のまち」や「エイサーのまち」として発展している沖縄市は、県内でも独特の魅力があり幅広い世代の方におすすめです。

異国情緒あふれ街を散策するだけでも様々な発見があるので、休日のお出かけにも悩みませんよ。

都市としての利便性も高く快適に生活できる沖縄市を、ぜひお引っ越しの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

沖縄市の賃貸物件を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事