暮らし

浦添市の地価が上昇!?その理由とは!

浦添の風景

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

沖縄県の県庁所在地である那覇市に隣接する浦添市。

那覇市や沖縄市、うるま市に次いで規模の大きい市で、近年地価が上昇している都市という特徴があります。

そんな浦添市には県北部へも南部へもアクセス便利なベッドタウンとして発展しており、地価が上昇しているエリアなんです。

今回は、浦添市の地価が上昇している理由についてお話します。

浦添市ってどんな街?

浦添の風景

那覇市から国道58号線を北上すると、すぐにたどり着く浦添市。

琉球王国誕生の地として歴史深く、現在でも多くの史跡が残るエリアという特徴があります。

琉球王国時代の史跡が残る一方、外国のファストフード店や外人住宅街などもあり、異国情緒溢れる街並みも人気の理由です。

また、街には四季の変化に富んだ緑と花が豊富にあり、都市の利便性と自然の安らぎの両方味わうことができますよ。

浦添市には米軍施設があるためリゾート開発はされていませんが、全国的に見ても出生率が高く、住む街としては理想的なエリアと言えるでしょう。

そんな浦添市の地価は2018年(平成30年)では平均12万7211円で、前回から7.34%上昇しました。

その中でも最も地価が高いのは各種店舗や企業、事務所などが立ち並ぶ城間エリアで、23万5000円/㎡となります。

便利な立地

沖縄モノレール

那覇市と隣接している浦添市は、本島全体でみると中南部の中心に位置しています。

そのため非常に交通アクセスに優れ、県南部や中部・北部への移動もスムーズな好立地と言えるんです。

市内には沖縄県のメインロード国道58号線や、那覇市から沖縄市までを結ぶ主要道路の国道330号線が通っており、車での移動が非常に便利な街です。

また沖縄県唯一の鉄道である「沖縄都市モノレール」の延長事業も順調に進んでおり、2019年には浦添市に3駅開業します。

これにより那覇市にある「那覇空港駅」から浦添市にある「てだこ浦西駅」までモノレールで移動できるようになり、今後さらなる利便性の向上が期待されています。

注目の西海岸再開発事業

西海岸再開発事業とは

米軍基地

浦添市にある米軍基地「キャンプ・キンザー」。

そのキャンプ・キンザーの返還を見据えて、浦添市では西海岸開発事業が進められています。

キャンプ・キンザー沖の埋め立て地に県内最大の総合小売会社「サンエー」と、本土でファッションビルを展開する「パルコ」が協賛して、大規模な観光施設を建設中なんです。

その第一弾として2015年にオープンした県内最大規模のショッピングモール“イオンモール沖縄ライカム”と同程度のショッピングモールを建設しており、沖縄初出店のお店も多数あります。

また第2弾としては周辺のリゾート計画が進められており、ホテルや人工ビーチの開発が検討されているようです。

サンエーパルコの魅力

買物

建設が進められている県内最大規模の商業施設「サンエーパルコ」では、国内観光客には「沖縄らしさ」、海外観光客には「日本らしさ」、地元客には「新しさ・豊かさ」が感じられる施設を目指しています。

沖縄初出店の衣料品店や飲食店のほか、県内最大級のシネマコンプレックスも出店予定で、幅広い世代の方が楽しめる施設になりますよ。

駐車場も約3800台分を確保予定なので、車移動の多い沖縄の方にも嬉しいですね。

子育て世帯が住みやすい

浦添市には親子で遊べる公園多数

公園

浦添市には、広大な敷地を有する公園や遊具が充実している公園が多数あります。

ヤクルトスワローズのキャンプ地として有名な「ANA SPORTS PARK浦添(浦添運動公園)」や、大型のコンビネーション遊具が人気の「浦添大公園」などは、国内外から観光客が訪れるほど人気です。

それ以外にも住宅街には遊具のある小さな公園が点在しており、子育て世帯の方に嬉しい環境といえるでしょう。

浦添市の小学校・中学校

学校

浦添市には小学校が11校、中学校が6校あり、それぞれに特徴ある教育をしています。

特に義務教育中は9年間の英語教育を見据えており、全学年で英語の授業が実施されているんです。

英語教育特区にも認定されており、国際化時代で求められる英語力を育んでグローバルな子育てをすることができますよ。

またそのほかの授業でも電子黒板やタブレットPCといった「ICT機器」を導入し、分かりやすい授業を目指すと共に子ども達の情報活用能力を育んでいます。

このように浦添市は子どもが楽しみながら最先端の教育を受ける環境が整っており、子育て世帯の方に人気があるエリアといえるでしょう。

浦添市の高校

浦添市には、中学校と同じく6校の高校があります。

商業高校や工業高校、私立の高校もあり、目的に合わせた教育を受けることが可能です。

また県内でも高い偏差値を誇る高校もあり、高い教育水準で学ぶことができますよ。

そのほか浦添市にある高校は、「沖縄県の高校制服ランキング」でトップ10に3校も入っているので、高校生活でオシャレを楽しみたいお子さんにも人気です。

解体の窓口

まとめ

いかがでしょうか。

年々地価が上昇している浦添市には、幅広い世代の方が住みやすい魅力が多数あります。

モノレールの新駅開通や大型商業施設のオープンなど、今後も目が離せないエリアなのでお引っ越しの際はぜひ浦添市を検討してみてはいかがでしょうか。

浦添市の賃貸一覧情報

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事