暮らし

那覇市の地価が上昇!街の魅力とは!

沖縄モノレール

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

沖縄県の県庁所在地として知られる那覇市。

那覇空港や那覇港などは沖縄県の空と海の玄関口としても機能し、毎日国内外から沢山の観光客が訪れます。

そんな那覇市は、沖縄県の中で最も地価が高いエリアで、年々平均地価が上がっているんです。

今回は、そんな地価が高い那覇市の魅力についてお話しします。

那覇市ってどんな街?

沖縄の空

那覇市は沖縄県の県庁所在地として発展しているエリアですが、独特な特徴がある街と言えます。

県内最大の歓楽街「松山」や観光客で賑わう「国際通り」、再開発による区画整理で急激に発展している「新都心」や琉球時代の王城が残る古都「首里」など、これらは全て同じ那覇市内にあるんです。

このようにエリアによって全く異なる魅力があり、県内外から沢山の人が集う街と言えるでしょう。

那覇市の地価は全国的に見ても高く、2018年(平成30年)の基準地価は平均23万131円、前年からは11.39%上昇しています。

その中でも一番地価が高いのは県庁前駅周辺の久茂地エリアで、地価は101万円/㎡となり前年からは11.23%上昇しているんです。

那覇市は大都市の利便性と住みやすさが共存しており、エリアによっては都心の喧騒から離れて静かな暮らしを送ることもできますよ。

交通の便が抜群

空と海の玄関口

沖縄の空港

那覇市には国内外から来る沢山の観光客を迎える那覇空港や那覇港があり、沖縄県の空と海の玄関口として機能しています。

また那覇空港や那覇港からは離島への便もでているので、地元の大切な交通手段としても役立っています。

県内唯一の鉄道が走る街

ゆいレール

沖縄県の唯一の鉄道「沖縄都市モノレール(ゆいレール)」。

そのゆいレールが走っているのが、那覇市なんです。

沖縄県の空の玄関口である那覇空港から定番観光スポットである首里までを結んでおり、途中駅にはローカルなエリアやビジネス街があり、通勤・通学にも便利ですよ。

また2019年には新たに4駅が開業予定で、これまでの那覇市内のみの運行から浦添市まで路線が延長することになりました。

これによりさらに利便性があがり、地元の方も利用しやすくなるのではないでしょうか。

バスの路線網も充実

沖縄のバス

那覇市では「那覇バス」「東陽バス」「琉球バス」「沖縄バス」の4社が運行しており、路線網も充実しています。

沖縄県には大都市間を支える電車などの交通機関がないので、バスの路線数が多く分かりづらいと言われることもありますが、使いこなせれば非常に便利です。

乗り換えで本島各地へ行くことができ、タクシーを利用するよりもお得に移動できますよ。

車移動もラクラク

沖縄の車社会

那覇市には沖縄県のメインロード「国道58号」や那覇市から沖縄市までを結ぶ主要道路「国道330号」、那覇市から東海岸を通って名護市に至る「国道329号」などがあり、車での移動もスムーズです。

また高速道路のICや一部区間が無料開放されている自動車道もあります。

那覇市の有名スポット

大型商業施設多数

沖縄での買い物

那覇市には生活に便利な商業施設や休日のショッピングにおすすめなお買い物スポットも多数あります。

沖縄県唯一の百貨店「パレットくもじ」や県内で2番目の規模をほこる商業施設「サンエー那覇メインプレイス」、日本最南端・最西端のイオン「イオン那覇ショッピングセンター」などお買い物に不便を感じることは少ないでしょう。

また県民の台所と言われる「牧志公設市場」や「のうれんプラザ」などは、毎日のお買い物にも便利ですよ。

定番観光スポット

首里城

那覇市には、沖縄の定番観光スポットも多くあります。

琉球王国時代の王城「首里城」やドラマ“ちゅらさん”で有名になった「金城町の石畳道」、沖縄県で最も賑わいのある繁華街「国際通り」など、その魅力は様々です。

日々国内外から沢山の観光客で賑わい、歴史と文化、魅力に触れることができますよ。

那覇市のイベント

那覇ハーリー

ハーリー

那覇市で毎年ゴールデンウィークの3日間行われ、県内でも最大規模の行事といえるでしょう。

ハーリーと呼ばれる爬竜船(はりゅうせん)で漕ぎ競い合って、航海の安全と大漁を祈願します。

その様子はテレビでも生中継され、その他の県内各地でもハーリーが行われています。

那覇まつり

那覇まつり

那覇まつりといえば、ギネス記録に認定されている全長200mの大綱をひく「那覇大綱挽」で有名ですよね。

綱挽は地元民の参加はもちろんのこと、国内外の観光客や米軍関係者も参加し、まつりのメインイベントとして大いに盛り上がります。

また綱挽以外にも民族伝統芸能パレードや市民フェスティバルも開催され、毎年大勢の来場者で賑わいますよ。

琉球王朝祭り首里

琉球王朝まつり首里

那覇ハーリーや那覇まつりと共に那覇三大祭りに数えられる「琉球王朝祭り首里」。

琉球王国時代の華やかな行列や迫力満点の旗頭を見ることができ、沖縄県の古き良き文化を直接感じることができます。

毎年11月3日の文化の日をメインに開催されるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

全国的にみても地価の高い那覇市ですが、街には様々な特徴があり人が集まる魅力にあふれています。

利便性もよくエリア選びによってはまったく違う環境を体感できるので、お引っ越しのさいはぜひ検討してみてくださいね。

那覇市の賃貸一覧はこちら

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事