暮らし

備えあれば憂いなし!非常食はこう選ぶ!

災害に備えて用意する非常袋

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

地震や津波、台風など、私達の生活をいつ・どの程度脅かすか予想がしづらい自然災害。

近年は防災意識も高まり、非常用に食料や飲料を確保しているという方も多いのではないでしょうか。

しかし非常食にも沢山の種類があり、いざという時本当に使える物なのか不安になりますよね。

そこで今回、非常食の選び方についてお話します。

状況に応じて必要な非常食は変わる!?

災害時に食べられるレトルトカレー

非常食といえば、最初にレトルト食品や缶詰に入った食品を思い浮かべますよね。

確かにその様な食品は調理の手間がかからない事から非常食に向いていますが、災害後は状況に応じて必要な非常食の種類も変わります。

災害直後~3日間

災害がおこった直後から3日間は、電気やガス、水道といったほとんどのライフラインが使えない事が予想されます。

そのため非常食も水や加熱が不要で直ぐに食べられる物を選び、保存する冷蔵庫もないため使いきりサイズの食べ物を用意しましょう。

4日目~1週間

一般的に災害後4日目から支援物資が届き始め、1週間もすれば徐々に電気が復旧します。

しかし水などの復旧はまだ先なので、非常食もそれに合わせた種類を用意しましょう。

水なしで調理でき、食器類を使わなくてもいい食べ物を選びます。

1週間後~1ヶ月

災害から1週間たってもまだ水などは使えない事が多いので、非常食も同じような食べ物を繰り返し食べる事になります。

しかしだんだんと生鮮食品や災害前の食事が恋しくなり、食べ物への欲求が強まる事に。

非常食は出来るだけ味の種類を多く揃え、偏りがないように備蓄しましょう。

非常食選びのポイント

災害時に必要な飲料水

水は1日1人3Lを目安に

非常食ももちろん大切ですが、私達の生命維持に最も重要なのは「水」です。

人間は水と睡眠さえとれば、食べ物が無くても2~3週間は生きられると言われていますが、水を一滴も飲まないと4~5日程度で死んでしまいます。

成人の体は約60%が水でできており、約10%の水分が失われると筋肉の痙攣や循環不全・腎不全がおこり、約20%で生命活動が不可能になってしまうんですよ。

非常食は長期保存を目的としているため水分が少ないので、余裕をもって1日に1人3Lの水を用意すると安心です。

賞味期限が1~2年の物を選ぶ

非常食は、基本的に「ローリングストック法式」で、日常生活で消費しながら備蓄します。

普段使う物を多めに買い置きし、賞味期限が切れる前に使い新たに補充するようにすると、いざという時も安心です。

しかしあまりにも賞味期限が短い物を揃えると、「使い切る前に期限切れになっていた…」という事になりかねません。

ローリングストック方式で非常食を備蓄する際は、賞味期限が1~2年の物を選ぶ事をおすすめします。

家族の好物を選ぶ

災害後は身体的にも精神的にも大きな負担がかかり、ストレスが溜まってしまいます。

ストレスは心の余裕を無くし、体にも様々な不調をもたらしてしまう事に。

そんなストレスを少しでも軽減できるように、非常食は自分や家族の好物を選ぶようにするといいでしょう。

メーカーごとに美味しい非常食も沢山販売されているので、味にもこだわって揃えるようにして下さいね。

デザート系も用意する

好物を揃える理由と同様に、心に余裕を持たせるためにもデザート系の非常食も用意する事をおすすめします。

デザート系だと食欲がない時でも食べやすく、カロリーもしっかりと補充しやすいですよ。

家族の年齢に合わせた物も用意する

成人の場合は非常食の種類も多く、味やメニューの好みで選ぶ事もできますが、家族の中に乳幼児や高齢の方がいる場合は、その方に合わせた非常食も用意する必要があります。

乳幼児には開封していない粉ミルクやベビーフード、味付けのうすい幼児食を用意し、高齢の方には必要に応じて柔らかく食べやすい食品を準備しましょう。

またアレルギーがある方は、使われている食品をしっかりと確認する事も忘れてはいけません。

使いやすく後処理も簡単な物を選ぶ

非常食を選ぶときは、食器が不要な物や道具がなくても開けられる物、軽量でかさばらず持ち運びがしやすい物を基準に選びます。

また、多くの方が避難している場所ではゴミの量も大量になるので、食べた後にゴミが少なく後処理も簡単である事も大切なポイントです。

おすすめの非常食

主食

災害時に必要な乾パン

・災害直後~3日間:乾パン、パン、クラッカー、レトルトのおかゆや雑炊、栄養補助食品

・4日目~1週間:無洗米、アルファ米、炊き込みご飯の素

・1週間~1ヶ月:無洗米、カップラーメン、乾麺

おかず系

・災害直後~3日間:缶詰

・4日目~1週間:レトルト食品、缶詰、炒め物の素、乾燥野菜

・1週間~1ヶ月:レトルト食品、生鮮食品

デザート系

・災害直後~3日間:小分けにされたお菓子、一口ようかん

・4日目~1週間:干し菓子、フルーツ缶

・1週間~1ヶ月:フルーツ缶、ゼリー、生菓子

おわりに

いかがでしたか?

地震や台風、大雨による水害など、毎年各地で被害がある自然災害大国の日本。

いつその脅威が我が身に降りかかるかわからないので、普段からしっかりと備えておく事が重要です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事