暮らし

うっかり日焼け!正しいケアでダメージを最小限に!

うっかり日焼けしてショックを受ける女性

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

日差しが強い季節になると、毎日日焼け止めが手放せなくなりますよね。

しかし紫外線対策を忘れてしまい、うっかり日焼けをしてしまったという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日焼けは美容・健康の大敵ですが、正しくケアする事でダメージを最小限に抑える事ができます。

そこで今回は、日焼け後のアフターケアをご紹介します。

海で日焼けをした女性

タイムリミットは72時間

日焼けは紫外線を浴びる事により、肌が炎症をおこし軽い火傷状態になっている事を言います。

紫外線を浴びると肌の酸化や、コラーゲンを壊す分解酵素が増えてハリや弾力が失われ、乾燥が進んでしまう症状が出ますよね。

またシミやくすみの原因となるメラニンが生成されてしまうので、紫外線ダメージを放置してしまうと老け顔へのスピードが加速してしまいます。

しかし、メラニン色素が作られて肌の奥に定着するのは約72時間(3日間)かかると言われているので、早めのケアが重要なんです。

アフターケア三原則!

日焼けの応急処置として保湿クリームを塗る女性

とにかく冷やして炎症を抑える

日焼けをして肌が赤くなってしまったら、まずは冷やして炎症を抑えましょう。

火傷をしたら冷やすように日焼けした部分も冷やし、炎症がこれ以上進行しないようにします。

濡れタオルや氷水、保冷材などを使い、赤みやほてりがある部分に当てましょう。

日焼けした部分は非常にデリケートなので、あまり刺激せずに優しく抑えるように冷やす事がポイントですよ。

赤みが引いたら保湿

冷やして赤みやほてりが引いてきたら、保湿します。

日焼けをすると肌の水分が失われ非常に乾燥した状態なので、しっかりと保湿をしましょう。

敏感肌用の化粧水を普段の2~3倍使用し、優しくハンドプレスしながら肌になじませます。

また日焼け後の肌は水分が蒸発しやすい状態なので、化粧水の後に乳液やクリームなど油分の入った製品でしっかりと潤いを閉じ込めて下さいね。

水分補給も忘れずに

日焼けをすると肌も乾燥しますが、体も脱水状態になっています。

そのような状態では疲労感が増す事や、外側からの保湿では間に合わない場合があります。

日焼け直後は普段よりも意識して水分を摂るようにし、内側からのケアも忘れないようにしましょう。

体内に十分な量の水分があると、お肌の保湿にも繋がり日焼け後の回復も早まりますよ。

日焼け後のスペシャルケア

日焼けの応急処置として美白パックをする女性

お顔のスペシャルケア

日焼けをしたら先程お話した「冷やす・保湿・水分補給」をし、お肌の状態が落ち着いてきたら美白アイテムでスペシャルケアをします。

特に気になるお顔は、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体などが配合されたシートマスクなどがおすすめです。

しかしこれらを使用する時は必ず、お肌の状態が落ち着いてからにして下さいね。

唇のスペシャルケア

唇は普段あまり意識してケアしないという方も多いですが、実は皮膚がとても薄くデリケートな部分なんです。

そのため紫外線を浴びると皮剥けや色素沈着が起こりやすく、忘れずにケアする必要がある部位と言えます。

唇に刺激のあるリップクリームや美容液を使用するとかえって症状をひどくする恐れがあるので、白色ワセリンなどでケアする事がおすすめです。

多めの白色ワセリンを指に取り、唇を覆うように優しく塗り込んで下さいね。

また日焼け後の唇にハチミツを塗りラップをのせてパックすると、荒れた状態を落ち着かせる事が出来ますよ。

腕・足のスペシャルケア

お顔の他にも、意外と目立つのが腕や足のシミです。

ボディ用の保湿クリームの中には美白効果がある物もあり、日焼け後に塗るとシミを防ぐ事ができます。

冷やして炎症を抑えた箇所に優しく塗り、お肌の回復を促しましょう。

体内からも積極的にケア

日焼けの応急処置としておすすめのフルーツ

ビタミン・ミネラルを摂ろう

日焼けをしたらお肌を外側からケアする事も大切ですが、食べ物で内側からケアしてあげる事も重要なポイントです。

特に健やかなお肌を保つために欠かせないビタミンやミネラルは、紫外線を浴びた後にはすすんで摂りたい栄養素と言えます。

カラフルな南国のフルーツや野菜には、シミやくすみを抑えるビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので、積極的に摂取しましょう。

抗酸化成分を含む食材も忘れずに

紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生し、シワやシミが発生するばかりか生活習慣病になる恐れもあります。

しかし抗酸化作用のある食材を普段から摂る事で、活性酸素を減らし体内をケアする事が可能です。

抗酸化作用のある成分として、ビタミンA・C・Eがあげられ、どれも手軽に手に入るためすぐに始められます。

特に緑黄色野菜は抗酸化作用のある物が多いので、色の鮮やかさを食材選びのポイントの一つにする事をおすすめします。

おわりに

いかがでしたか?

対策をしているつもりでも、ついうっかり日焼けをしてしまうとショックが大きいですよね。

しかし諦めないで早めのケアをする事で、お肌へのダメージを最小限に抑える事ができます。

72時間以内にケアする事がポイントなので、日焼け後は急いでアフターケアをして下さい!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事