暮らし

意外な事で再利用!まだまだ使えるこんな物!

再利用できるスイーツのカップ

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口
タグ:

一年を通して毎日私達が出すゴミ。

その量は年間4432万トンにもなり、25mプールに換算するとなんと約42万杯分にもなるんです。

しかしその中にはまだまだ使える物もあり、意外な事で再利用できる可能性があるんですよ。

そこで今回は、普段捨ててしまうような意外な物を再利用する方法をご紹介します。

食品のカップを再利用

再利用できるスイーツのカップ

スイーツが入ったカップや、コーヒー飲料が入った容器など、食品のカップは再利用しやすい物です。

特にかわいいパッケージの容器などは、再利用してオシャレに使う事ができるので、捨てると勿体ないですよ。

別の食品を入れる容器に

スイーツやコーヒー飲料が入っていたカップは可愛いパッケージの物も多いので、別の食品を入れる容器として再利用してもオシャレです。

普段飲む飲料やサラダ、カップケーキなどを入れると、見栄えが良くなりおもてなしにも使えます。

使用する時は、しっかりと中を洗ってから使って下さいね。

芳香剤を入れる容器に

食品が入っていたカップや飲料が入っていた容器は底が深いので、芳香剤入れとしても使えます。

シンプルで透明な容器にカラフルな芳香剤を入れると、涼し気でインテリアの邪魔もしません。

また車などにも置く事ができるので、便利ですよ。

小物入れに

底が深い容器だと、小物入れにしても便利です。

マスキングテープやクリップ、メイク用品などを見せる収納として整理する事ができ、散らかりがちな小物類もスッキリとします。

ビン、ペットボトルを再利用

再利用できるペットボトル

ビン・ペットボトルはどの家庭にもあり、家庭ごみの中でも特に多い物の一つです。

そのため様々なリメイク方法があり、中には「なるほど!」というような使い方も。

乾麺入れに

ペットボトルの中に、パスタなどの乾麺を入れて保存します。

ペットボトルの口はパスタ100g分とほぼ同じ太さなので、1人前の量を測るのに非常に便利です。

使用する際は、中身をしっかりと洗って完全に乾かしてから使いましょう。

保存容器に

ペットボトルの上から1/3程度の所で切り離し、ボトルの内側から保存袋を口に通します。

口を通して出た袋を折り返して上からキャップを閉めると、簡単に保存容器が完成しますよ。

液体が漏れる心配もないので、アウトドアにも使えますね。

プランターに

ペットボトルは、プランターとしても使用する事ができます。

ペットボトルは軽いので吊るす事もでき、空間を華やかに飾る事が可能ですよ。

土を入れてプランターにしたり、水を入れてフラワーベースにしたりと、好みの方法で楽しんで下さいね。

固形石鹸を再利用

再利用できる固形石鹸

固形石鹸を使用している方の中には、「ある程度小さくなってきたら新しい石鹸と合体させる!」という方も多いのではないでしょうか。

しかし合体させたはずの石鹸が上手くなじまず、そのまま排水溝へ流れていったという事もしばしば…。

しかし小さくなった固形石鹸は様々な場面で使え、最後まで無駄なく使用する事ができますよ。

固形石鹸をジェル石鹸に

固形石鹸は、おろし金などで粉状にして3~5倍の量の熱湯をかけ一晩おくと、ジェル石鹸に変身します。

このジェル石鹸は台所用洗剤にするも良し、容器に入れて手洗い洗剤にするも良しな万能石鹸なんです。

また、シミ汚れなどのポイント石鹸として使う事も出来るので、ぜひ試してみて下さいね。

芳香剤として

小さくなった石鹸は、布やガーゼに包むと芳香剤になります。

クローゼットやタンスに入れておくと、ほんのりと石鹸の匂いがつきタンス臭も防げますよ。

また靴箱に入れると嫌な臭いをとってくれるので、おすすめです。

刃物の切れ味を復活させる

ハサミなどは使用していくうちに汚れがつき、どうしても切れ味が落ちてしまいます。

そんな時石鹸を刃に塗ると、石鹸が汚れを取ってくれるので切れ味が復活するんです。

また同じく裁縫針に石鹸を使うと、滑りが良くなり硬い布にもスムーズに針を刺す事ができます。

解体の窓口

化粧品を再利用

再利用できる余ったアイシャドウ

古くなった化粧品や合わない化粧品など、女性の方は使わないコスメが溜まりがちですよね。

また最後まで使い切る前に新商品を買ってしまう事や、パレットの中の使わない色など、捨てるにはもったいない化粧品がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

捨て色はリメイクして

アイシャドウのパレットには、普段使わない色が含まれている事がありますよね。

そんな捨て色は、リメイクして使用する事ができます。

下地クリームと混ぜればコントロールカラーに、マニキュアに混ぜればネイルに使う事もできますよ。

口紅は汚れ落としに

使わない口紅は、油性ペンの汚れ落としや食器の黒さび落としに使用する事ができます。

油性ペンが付いたところに口紅をぬってクルクルとなじませ、ティッシュで拭き取ると綺麗に落とせるんです。

また食器の黒さびには、口紅をティッシュに薄く塗りそのまま磨くとピカピカになるのでぜひお試しください!

乳液は靴磨きに

使わなくなった乳液や肌に合わなかった乳液は、革製品の靴磨きに使う事が可能です。

乳液を少量スポンジにとり革靴を磨くと、普段よりツヤが出るのでおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?

普段ゴミとして捨ててしまうような物も、アイディア次第で便利な物に再利用する事ができます。

再利用する事で節約にもつながるので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事