暮らし

お祝い返しは何にする?ハイセンスなギフトで喜ばれるお返しを!

お祝い返しの品

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

進学や就職、引っ越し、出産など、お祝いを頂く機会は様々です。

そんな時悩む事の一つが、お祝いのお返しですよね。

人生の転機をお祝いしてくれた方々には、心を込めたお返しで『ありがとう』を伝えたいものです。

そこで今回、お返しには避けた方が良い物や、ハイセンスで喜ばれるお祝い返しをご紹介します。

お祝い返しの品

贈ってはいけないもの

お返しには定番の物から珍しいものまで様々な種類がありますが、贈ってはいけない物もあるんです。

縁起が悪いものや贈る事で失礼にあたる物もあるので、お返しを選ぶ前にチェックしてみて下さいね。

緑茶

コーヒーや紅茶といった嗜好品を贈る事は定番ですが、緑茶を送る事は避けた方が良いようです。

緑茶は香典返しで使われる事が多く、縁起が悪いとされています。

しかし一部の地域では、逆に縁起の良い贈り物としても人気なので、贈り先をよく確認してから選びましょう。

『下』のつくもの

靴下や下着など『下』のつく物は、見下すと捉えられる事があるので注意が必要です。

同じく靴やスリッパのような履物も、「踏みつける」という意味になる恐れがあるので避けた方が良いでしょう。

ハンカチ

ハンカチは定番の物にも思えますが、漢字で書くと「手布(てぎれ)」となります。

そのため縁を切る別れのイメージに捉えられ、人によってはあまり良く思わない可能性があります。

独身の方へのお返し

独身の方へ贈るタオルギフト

独身の方はこだわりの生活雑貨やインテリアがある事が多いので、何を贈ればいいのか悩み所ですよね。

特に一人暮らしの方へは、日持ちしない物や好き嫌いの分かれる日用品は避けた方が良いでしょう。

長期間保存の効く食品

食品を贈る際は、レトルト食品や缶詰食品など小分けになって長期間保存ができるものをおすすめします。

有名レストランやシェフとコラボした食品など、量より質を重視すると喜ばれますよ。

タオル

お返しの定番であるタオルは、年齢層を問わず男女共に喜ばれるギフトとして人気です。

個性的なデザインは避け、シンプルで素材にこだわったものなどにすると、失敗が少ないですよ。

またハンドタオルは使う人と使わない人で分かれるので、日常的に使えるバスタオルを選ぶといいでしょう。

カタログギフト

何を贈ればいいか悩んで決められない時は、カタログギフトを選ぶ事も一つの手です。

欲しい物を自分で選べるので、贈る側も貰う側も気を使わないと人気があります。

しかしカタログによって取り扱っているギフトが異なるので、先方の性別や年代に合わせて贈りましょう。

ファミリーの方へのお返し

ファミリーの方に贈るお菓子のギフト

お子様のいるファミリーへのお返しは、選べるギフトの種類が多くなります。

種類によってはあまり日持ちしない食品を贈る事ができ、選ぶのも楽しくなりますよね。

しかし嗜好品などは喜ぶ方が限られてしまうので、家族みんなで楽しめるものを選ぶようにしましょう。

お菓子・スイーツ

お菓子やスイーツは、お子様のいるファミリーへのお返しの定番ですよね。

日持ちしないものでも贈りやすく、非常に選ぶ幅が広がります。

しかし独身の方と違い、量より質を重視してしまうと家族全員で楽しめない事になりかねません。

ファミリーへ食品を贈る際は、家族構成も考えたうえ選んで下さいね。

飲料

珍しいジュースセットや国産のフレッシュジュースのセットなどは、家族みんなで楽しめるギフトとして人気です。

普段なかなか買わないようなこだわりの飲料を贈ると、喜ばれる事が多いですよ。

洗剤

お子様のいるファミリーでは、必然的に洗剤の消費量が増えます。

そのため、「消耗品である洗剤をもらうと嬉しい」という方も多いのだとか。

洗濯洗剤や手洗い石鹸など、定番商品やちょっと値が張るメーカー品、パッケージが可愛い商品など、種類も豊富にありますよ。

解体の窓口

シニアの方へのお返し

シニアの方に贈るコーヒーギフト

目上のシニアの方へのお返しは、特に選ぶのが難しいですよね。

お返しを貰う機会が多い方もいるので、定番の物でも迷惑がられる恐れが。

また若者向けのメーカーやデザインの商品も避ける必要がありますが、年齢を考慮しすぎた贈り物もNGです。

嗜好品

コーヒーや紅茶といった嗜好品は、年齢を問わず喜ばれる事の多い贈り物です。

しかしコーヒーや紅茶を飲まない方に贈ると、「迷惑だ」と感じてしまうので注意しましょう。

また、小分けにされていて手間がかからない物を選ぶ事がコツです。

調味料

普段使わないような珍しい調味料や、パッケージがオシャレな調味料は、目上の方にも喜ばれるお返しです。

スパイスやドレッシング、ジャムなど種類も様々なので、先方の好みを考えて選びましょう。

グルメギフト

目上の方やシニア層の方にグルメギフトを贈る際は、美味しさに定評のある物を選びます。

目新しいグルメや珍しい物は好みが分かれてしまうので、老舗の定番グルメを贈ると失敗が少なく済みます。

選ぶ際は、先方の家族構成も考えて、使いやすいものを選択しましょう。

おわりに

いかがでしたか?

感謝の気持ちを込めてお返しするギフトは、相手にも喜んでもらえる物を選びたいですよね。

先方の年齢や家族構成などをしっかりと確認し、失敗のないお祝い返しを贈りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事