暮らし

iPhoneとAndroid買うならどっち?

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

皆さんがお使いのスマートフォンは、iPhoneですか?

それとも、Androidでしょうか?

はたまた、ガラケーでしょうか…?

今では、スマートフォン一つで様々なことができるようになっていますが、iPhoneとAndroidでは多くの面で違いがあるんです。

今回は、iPhoneとAndroidそれぞれのメリットとデメリット、両者の違いについてご紹介します。

iPhoneのメリット・デメリット


スマートフォンといえば、iPhone一択という方も多いのではないでしょうか。

iPhoneは、MacやiPadなどを世に送り出しているApple社の製品で、その洗練されたデザインが人気です。

2008年に日本初上陸となる「iPhone 3G」が発売されるや否や、連日行列ができ、品薄状態が続いていました。

それ以降、急速にスマートフォンの普及を加速させた「The スマートフォン」と言って、差し支えないでしょう。

では、以下にiPhoneのメリット・デメリットをご紹介します。

iPhoneのメリット

デザインが統一されているので、カバーやイヤホンなどのアクセサリー類が充実

基本的に1~2年周期でしか新機種が出ないため、スマートフォンカバーやイヤホンなどのアクセサリー類が充実しています。

特にカバー類は、新機種のサイズが判明すると、その発売前に各社が対応している製品を発売するなど、圧倒的な注目を集めていますよ。

MacやiPadなど、他のApple製品と同期・バックアップがしやすい

元々はiPodでの使用にあわせ、Mac/Windows用の音楽管理ソフトとして開発された「iTunes。」

こちらを介して、音楽はもちろんアプリや電話帳などiPhoneのデータをバックアップすることができるんです。

また、Wi-Fiを使ったサービス「iCloud」を使えば、パソコンに繋がなくても、サーバー上にバックアップを取ることができますよ。

さらに、iTunesやiCloudにバックアップがあれば、iPhoneを紛失してしまったり水没や破損してしまった場合でも、新しいiPhoneにデータを復元する事ができるんです!

万全のセキュリティ

iPhoneでアプリをダウンロードするには、専用のAppStoreを経由する必要があります。

AppStoreに掲載されているアプリは、全てAppleの審査を通ったものですので、安心してご利用いただけますよ。

また、iPhoneに搭載されている「iOS」は、セキュリティに脆弱性が見つかる度にしっかりアップデートされるので心強いですね。

iPhoneのデメリット

本体価格が高め

機種や内部メモリの容量にもよりますが、10万円を超えるものもあるなど本体価格は高めです。

背面ガラスが割れる可能性がある

ワイヤレス充電に対応したモデルでは、背面ガラスを採用しています。

そのため、ふとした拍子で落としてしまうと、背面ガラスが割れる可能性が。

iPhoneを使用する時は、しっかり保護ケースやフィルムを付けると安心です。

SDカードのような外部メモリに対応していない

本体に外部メモリを追加することができないため、メモリがいっぱいになってしまう場合は、iCloudやGoogleフォトなどのサーバー上に保存しましょう。

Lightning端子に対応している外部メモリありますが、外付けとなってしまうので、普段は取り外して使うなどの工夫が必要です。

イヤホンジャックがない機種も

iPhone7以降のモデルでは、本体からイヤホンジャックが廃止されました。

そのため、イヤホンを使用するにはLightning端子に対応したものか、Bluetooth回線を使ったワイヤレスイヤホンが必要となります。

Androidのメリット・デメリット


Androidは、SONYやSAMSUNGなど国内外の様々なメーカーが製造・販売を行っているスマートフォンのことです。

なぜAndroidと、統一して呼ばれているのかと言うと、全てのスマートフォンが「Android OS」で動いているためなんです。

しかし、メーカーによりカメラの性能が異なったり、独自の機能やアプリが搭載されており、機種ごとに特徴があります。

Androidのメリット

端末の種類が多い

上記でも述べたように、国内外のメーカーが多数製造していますので、様々な機種が市場に流通しています。

ウィジェットが使える

ウィジェットとは、スマートフォンのホーム画面に設置できる、ショートカットのようなものです。

時計や天気予報を大きく表示したり、乗り換え案内の検索メニューを置いたりと、好きなようにカスタマイズが可能です。

SDカードやUSBメモリなど外部データが使用できる

Android自体にSDカードのようなメモリが挿入できるので、データの保存・保管がしやすくなっています。

iPhoneと同様にGoogleフォトなどのサーバーへ保管することもできますが、Android自体に挿入できるのは大きいですよね。

Androidのデメリット

以前の機種で使っていたアプリや機能が使えない場合がある

同じAndroid OSを搭載していてもメーカーや機種が違うと、操作感が全く別物の場合があります。

そのため、機種変更をする際には注意が必要です。

セキュリティに不安が残る

Androidでアプリをダウンロードするには、PlayStoreへのアクセスが必要となります。

しかし、このPlayStoreに掲載されているアプリは、全てが安全なアプリとは言い切れません。

全部が一律に審査完了されたものではなく、一部には悪質なものもありますので、しっかり製作元や評判を調べてからダウンロードしましょう。

まとめ

一口にスマートフォンと言っても、iPhoneとAndroidでは大きな違いがあります。

使いたい機能やデザインで選ぶのも良いですが、メリット・デメリットをしっかりと把握したうえで、ご自身にあったスマートフォンを購入してみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事