暮らし

日本一きれいな海はどこ?ベストビーチ2018ランキング!

ビーチ カクテル

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

突然ですが、皆さんは日本一きれいな海がどこかご存知でしょうか?

夏といえば、海に出掛ける方が多いですよね。

日本は島国で海に囲まれています。

そんなこともあり、おすすめのビーチが多いんですよ。

海水浴におすすめのビーチやサーフィンなどマリンスポーツにおすすめのビーチなど様々あります。

そこで今回は、旅行口コミサイトで発表された、2018年のベストビーチランキングをご紹介します!

まだ夏の旅行先が決まってない方は、是非参考にされてくださいね。

ビーチ カクテル

ベストビーチ第10位:永田いなか浜(鹿児島県熊毛郡屋久島町)

第10位は屋久島にある「永田いなか浜」がランクイン!

自然豊かなことで有名な屋久島ですが、山だけでなく、海もきれいなんですよ。

永田いなか浜は、5~7月にはウミガメが産卵に来る美しいビーチとしても知られています。

透明度が高く、白い砂浜のビーチでウミガメに会えるかもしれないなんて、素敵ですよね。

もちろん、屋久杉をはじめとした観光スポットもたくさんありますので、ビーチで遊ぶだけでなくそちらもあわせて楽しみたいですね!

ベストビーチ第9位:古宇利ビーチ(沖縄県今帰仁村)

沖縄からは、古宇利島のビーチがランクインしました。

ビーチに向かう途中には、2005年に開通した古宇利大橋があります。

この古宇利大橋は、全長が約2キロあるこの橋は無料で通行できるため、美しい海を見ながら最高のドライブを楽しむことができますよ。

遠浅のビーチという事もあり、小さいお子さんも楽しむことができるビーチになっています。

昼間も楽しむことが出来ますが、夜には綺麗な星空を楽しむことができるのも魅力の一つです。

古宇利島からすぐなので非常に人気のあるビーチです。

ベストビーチ第8位:白良浜海水浴場(和歌山県白浜町)

第8位は、和歌山の白吉浜海水浴場です。

こちらは真っ白でサラサラとした砂浜が人気で、ヤシの木が植えられていて、まさにリゾートビーチといった風景が広がりますよ。

夏のシーズンになると約60万人以上の方が

このビーチは、あのハワイ・ワイキキビーチとも姉妹浜として提携していますので、その美しさはお墨付きですね。

名前にある通り白浜は真っ白な砂が特徴的なのも魅力の一つです。

解体の窓口

ベストビーチ第7位:白浜海岸(静岡県下田町)

若い世代からファミリー層まで利用しやすい白浜海岸は、サーフィンスポットとしても人気があります。

海水浴シーズンは、海水浴/サーフィンそれぞれのエリアが分けられていますので、安心して楽しむ事ができますよ。

ベストビーチ第6位:イダの浜(沖縄県西表島竹富町)

イリオモテヤマネコで有名な西表島にあるイダの浜は、波がなければ底で泳いでいる魚が見えるほどの透明度!

携帯は3大キャリアが圏外となるほど都会から離れていますので、日常を忘れて大自然の中でのんびりするには最高の環境です。

ベストビーチ第5位:阿嘉ビーチ(沖縄県座間味村 慶良間諸島)

慶良間諸島の阿嘉島にある阿嘉ビーチは、潮の流れが穏やかなので、小さいお子さんも安心して泳ぐことができます。

また、ウミガメが浅瀬まで上がってきますので、シュノーケリングすれば高確率で出会えるとか。

さらに注目なのが、沖縄なのに鹿がいるという点!

国の天然記念物に指定されている「ケラマジカ」が島内に数百頭いますので、気温が下がる夕方ごろから各所で見かける事ができますよ。

ベストビーチ第4位:砂山ビーチ(沖縄県宮古島)

ビーチ 宮古島 

波の浸食でできた、美しい岩のアーチで有名な砂山ビーチ。

その名の通り、砂山を越えた先に広がる海で、市街地からもアクセスしやすいのが魅力です。

少し波は高いので注意が必要ですが、レンタルショップでは浮き輪やライフジャケットも扱っていますので、荷物は最低限にして泳ぎに行くことができますよ。

ベストビーチ第3位:ニシ浜ビーチ(沖縄県竹富町波照間島)

実際に人が住んでいる島としては、日本国内で最南端となる波照間島。

なぜ「ニシ」がカタカナかというと、沖縄方言で北のことを「ニシ」というからなんです。

つまり、ニシ浜といいつつも、島の北側にあるビーチです!

ハテルマブルーと呼ばれる美しい海の色が特徴で、海と空の境界線が分からないほどの青さだとも言われていますよ。

また、夜になると、日本で一番星を見ることができる島として、さらに現実離れした風景が広がります。

ベストビーチ第2位:与那覇前浜ビーチ(沖縄県宮古島)

砂がきれいなビーチが多数ランクインする中でも、抜群にサラサラとしたパウダーサンドなのが宮古島の与那覇前浜ビーチ。

小岩やゴミがほとんど無いため、裸足で歩けるほど細かい砂浜です。

また、ビーチの向かいには宮古島と来間島を繋ぐ来間大橋が広がっており、整備された歩道から青いグラデーションの海を眺めるのも人気ですよ。

ベストビーチ第1位:古座間味ビーチ(沖縄県座間味村慶良間諸島)

ビーチ パラソル

栄えある第1位に選ばれたのは、沖縄本島から高速船で50分ほどでいける座間味島の古座間味ビーチでした!

整備されたデッキの先に広がるのは、ケラマブルーと呼ばれる美しい海と、パラソルの並ぶ砂浜。

サンゴが多く、クマノミや色鮮やかな魚が集まるので、シュノーケリングスポットとしても人気ですよ。

また、ヨットやバナナボート、ダイビングなど様々なアクティビティも楽しめるので、一日では堪能しきれないかも⁉

まとめ

いかがでしたか?

日本一きれいな海は「古座間味ビーチ」でした!

なんと1位~6位を沖縄のビーチが占め、トップ10のうち7か所も沖縄という結果が出ました。

夏=海=沖縄というイメージが強いのですが、ここまで圧倒的とは驚きですよね…!

夏に旅行へ行く際には、こちらも是非参考にされてみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事