暮らし

いま話題の夜活とは

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

最近は猛暑が続き、陽が落ちたあとも30℃を超える日が珍しくありません。

そうした背景もあり話題になっているのが、朝活ならぬ「夜活」。


猛暑を避けるのもそうですが、朝活に興味はあるけど「早起きが苦手…」という方や、「仕事が終わった後の方が動きやすい!」という方を中心に、話題となっているんですよ。

今回はいま注目の夜活の種類や、注意点についてご紹介します!

夜活のメリット

それでははじめに、夜活ならではのメリットをご紹介します。

⓵参加しやすい

朝ではないというのはもちろんありますが、夜は活動できる時間が長いという点が魅力的です。

朝だとどうしても、始業時間や授業の開始時間がネックになりまとまった時間を作るのが難しいのですが、夜なら終業後・放課後に思いっきり時間を使うことができますね。

⓶終わりの時間を気にせず活動できる

⓵と同様に始業時間などを気にせず、活動しやすいことに繋がります。

しかし、会社付近で夜活をする場合、終電の時間には注意してくださいね。

③飲み会以外でコミュニケーションを図る場ができる

仕事のチームや、サークルのメンバーとコミュニケーションを図るとなると、飲み会一択!という方々も多いかと思います。

アルコールの力を借りて本音を引き出すのも悪くはないですが、遅い時間の飲み食いはちょっと…という方もいるでしょう。

夜活で普段とは違った事をする事で、メンバーの意外な一面が分かって、仲が深まるかもしれませんよ!

人気の夜活

・運動(筋トレやエクササイズ)


朝活の場合と同様に、夜活でも1番人気なのは運動です。

夜活なら涼しくて活動しやすいので、長距離のランニングやナイトテニスなど、屋外での運動が人気を集めています。

また、夜に行うナイトヨガは、日中のデスクワークで凝ってしまった身体をほぐす効果が。

そのほか、副交感神経のリラックスにより一日の疲れをリセットできると、特に注目されているんですよ。

・勉強(資格取得や語学習得)

こちらも朝活で人気がありますが、夜活ではまとまった時間を取りやすい分、効率良く学習ができますよ。

教室やセミナーに通う方も多いのですが、一旦帰宅してからリフレッシュしたあと、一人でマイペースに勉強するというのも、無理がなくてオススメです。

・家事(料理や掃除)

こちらも、一旦帰宅してから行う夜活です。

凝った夕飯や翌日のお弁当を作ったり、常備菜のような作り置き食材を作るというのもいいですね。

また、筆者が特にオススメしたいのが、自宅の掃除です。

たとえば1日15分~30分と時間を決めたり、今日はこの箇所を綺麗にする!など、目標を決めて行うと良いでしょう。

筆者はこの方法を継続しているので、数年大掃除をした事はありませんし、何より毎日快適に過ごせていますよ。

・趣味(楽器やイラスト)

ここまでは、どちらかと言うと自分磨きの面が強い夜活でしたが、趣味に時間を使うというのも人気を集めています。

数年ぶりに物置から楽器を出してきて昔の仲間とバンドをしてみたり、イラストやブログを書いてリフレッシュというのも、朝活・夜活という言葉が出来る以前から行われていますよね。

夜活の注意点

たくさんの種類があり、メリットも多い夜活ですが、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

・犯罪や事故に巻き込まれる可能性がある

屋外の暗い場所での活動は、保安上の注意が必要です。

特にマラソンのような一人でも出来てしまう運動の際には、周囲が明るく、人通りの多い場所で行う必要があるでしょう。

・継続しづらい

仕事や学校のあとに行う夜活は、疲れていて「やっぱりいいや」となりがちです。

特に、帰宅後に自宅で行うものは、一息ついてしまうと様々な理由をつけて、やらなくなりがちなので、無理のない範囲で行いましょう。

・翌日に影響が出る

逆に頑張りすぎて、翌日に影響が出てしまう可能性もあります。

運動のし過ぎで翌日疲れて、仕事や授業に支障が出たり、ケガをしてしまっては元も子もありません。

また、夜活自体がストレスとなっては本末転倒ですので、しっかり計画を立てて行いましょう。

・やり残しが出来てしまう

夜活を励みにするのは素晴らしいことですが、早く夜活がしたいあまり、仕事や勉強でやり残しをしてしまう方も一部いらっしゃるようです。

気持ちは分かりますが、あくまでも余暇を使って行うものなので、無理のないよう普段のお仕事や授業を済ませるようにしましょう。

解体の窓口

まとめ


今回は暑い夏にオススメの、夜活についてご紹介しました。

朝活と違い、時間も取りやすいので、様々な活動をする事ができますよ。

注意点もありますが、まずは無理のないよう自分にあった計画を立て、素敵なアフターファイブを過ごしてみてはいかがでしょうか。

自分磨きやリフレッシュを行うことで、きっと毎日が楽しくなりますよ。

色々な教室・セミナーも開催されていますので、まずは職場や学校、ご自宅の周辺で行われているイベントから調べてみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事