暮らし

スマホの充電を長持ちさせたい!バッテリーの劣化を防ごう

充電が減りやすくなったスマートフォン

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

皆さんの使っているスマホ、

「ちょっと使っただけで充電が減る」「充電完了までの時間が長くなっている」

という状態になってはいませんか?

そのような症状が表れると、スマホのバッテリーの劣化が進んでいるサインです。

「買ってからまだそんなに時間が経っていないのに、もうバッテリーの持ち時間が悪くなっている」

「使っている途中に何度も再起動してしまう」

そんな気持ちになりながら、スマホを使うことはとてもストレスですよね。

そんな「スマホストレス」を抱えている方たちへ、今回は充電を長持ちさせるための充電節約方法をご紹介したいと思います。

充電が減りやすくなったスマートフォン

そもそもスマホのバッテリーの寿命は?

そもそも、私たちが使っているスマホの基本的な寿命はどのくらいなのでしょうか?

まず、スマホ本体の寿命は、基本的には4~5年持つように設計されています。

何度も落としてしまったり、水気の多い場所に置いていると寿命は短くなりますが、丁寧に扱えば4年以上も使えるのです。

一方、バッテリーの寿命は本体より短く、丁寧に使っても基本的に1~2年しか使用することができないと言われています。

つまり、本体はキレイでも、バッテリーだけが劣化してしまう現象も、必然的と言えるのです。

スマホの充電がすぐ減ってしまう原因は?

先程、バッテリーが本体より先に劣化することは仕方ないと言いましたが、バッテリーもなるべく長持ちさせることは可能です。

早く劣化してしまうのか、寿命ギリギリまで長く使えるのかは、私たちの使い方次第で決まるのです。

では、充電がすぐ減ってしまう原因にはどのような事があるのでしょうか?

無駄な消費

スマホは高性能な分、知らない間に無駄な消費をしてしまっていることがよくあります。

使っていない間の画面(液晶)をずっとつけっぱなしの状態や、Wi-FiやBluetoothを使用していないのにONにしたままの状態の時は、無駄な消費をしていることになります。

このような消費が続くと、バッテリーに影響が出てくるようになるのです。

置き場所

バッテリーを長持ちさせるためには、置く場所も考えることが大切です。

1番置くとNGの場所は、「温度の高い場所」です。

高温が続く環境では、電極が劣化することが証明されています。

ほとんどのスマホのバッテリーとして使われているリチウムイオン電池は、まさに熱に弱い電池なので、高温になりそうな場所に置くことは絶対にやめましょう!

充電しながらスマホを触る

充電しっぱなしのスマートフォン

バッテリーがあまりないけどスマホを触りたいという時に、多くの人は充電をしながらスマホを触るという行為をしてしまいますよね。

実はその「充電しながらスマホ操作」が、バッテリーの劣化を早める最大の原因です。

充電しながらスマホをすることは、放電と充電を同時にしている状態です。

先程も話したように、スマホのバッテリーは熱に弱いです。

充電しながらスマホを触り続けていたら、本体が熱くなっているという経験をしたことがないですか?

あれは、充電と放電をくり返すことで、スマホ本体に熱がたまっている状態になります。

あの状態が最も、バッテリーを劣化しやすくするのです。

また、「過充電」のしすぎにも注意しましょう。

充電が100%になっているのにも関わらず、そのまま何時間も充電コードを挿し続けるのはNG行為です。

充電のしすぎ、放電のしすぎには気を付けましょう。

スマホの設定を変更して充電を長持ちさせる

スマホのバッテリーは、先ほど挙げたポイント以外にも、設定を変えることで寿命を長持ちさせることができますよ。

画面の明るさを調節する

画面(液晶)が明るければ明るいほど、バッテリーの消費量は増えます。

そのため、設定画面で明るさを落としたり、自動調節をOFFにしましょう。

また、画面が見やすい室内などでは、なるべく明るさを抑えることを心がけましょう。

位置情報サービスをOFF にする

スマートフォンのWi-Fi

位置情報サービスはGPS機能を使うので、かなりバッテリーを消費します。

地図を使う時や自分の現在地を知らせる時以外は、設定をOFFにしておきましょう。

また、GPSと同じように、

・Wi-Fi

・Bluetooth

・AirDrop

・インターネット共有(テザリング機能がある方のみ)

も、使わない時はOFFにすることを心がけましょう。

アプリを開きっぱなしにしない

アプリは使っていなくても、キャッシュを削除せずに残していると、バックグラウンド機能がはたらいて充電を使ってしまいます。

そのため、使い終わったアプリは完全に停止して、バックグラウンドがはたらかないようにしてから次のアプリを使いましょう。

解体の窓口

スマホの充電にはモバイルバッテリーを買うこともオススメ

外でもスマホを充電できるモバイルバッテリー

外出先で充電が切れてしまわないように、持ち運びができるモバイルバッテリーは、とてもオススメです。

移動時間や携帯を触っていない間は、モバイルバッテリーで充電をしておくことで、急な電池切れで慌てることがなくなり安心ですよ。

まとめ

いかがでしょうか?

スマホの充電が長持ちしない方、いくつか原因が当てはまったのではないでしょうか。

その原因に対して一つずつ対策することで、スマホストレスから解放されて充電も長持ちさせることが出来ます。

ポイントは

・無駄な消費

・過充電・過放電

をしないことです。

今日からすぐに行えることばかりなので、ぜひ皆さんも試してみて下さいね♪

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事