暮らし

毎日着るスーツを長持ちさせるお手入れ方法

手入れがされたスーツを着るビジネスマン

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

毎日お仕事で着るスーツ。

「案外すぐ型崩れしてしまう」「めんどくさくてお手入れをしてない」「そもそもお手入れの方法が分からない。」

こういう方は意外と多いそうです。

社会人に欠かせないスーツですが、ネクタイの結び方や選び方を教えてくれる人はいても、お手入れ方法を教えてくれる人は中々いません。

スーツを買ったものの、お手入れの方法が分からずダメにしてしまい、すぐに買い替えないといけなくなる…皆さんもこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか?

今回は自分でできる『スーツを長持ちさせるお手入れ方法』をご紹介します。

手入れがされたスーツを着るビジネスマン

スーツは何着持っている?

今スーツをお持ちの皆さんは、何着持っていますか?

1着しか持っていないという人もいれば、5着以上は持っているという方もいますよね。

普通のサラリーマンの平均所持数は2着~3着だそうです。

普段は外での現場作業が多くて作業着を着ているという方でも、冠婚葬祭用に1~2着くらいはスーツを持っていますよね。

女性でも、職業や会社の規定によってスーツ着用が必須の場合もあります。

また、必要なスーツの数は職業の種類によっても異なります。

会社の中でデスクワークを行う人は、基本的に汚れにくく、また気候や気温の影響を受けることも少ないので、最低2着あれば困りません。

それに比べて、営業など外回りが多い人だと、気温や気候など外の影響を受けやすいため、最低3着は必要になります。

汗をかきやすい人は4~5着持っていてもいいでしょう。

スーツのお手入れ方法

きちんとスーツの手入れをするビジネスマン

では、買ったスーツを長持ちさせるには、どのようなお手入れ方法があるのでしょうか?

正しい方法でハンガーにかける

実は、スーツをハンガーにかけるときに間違ったかけ方をしてしまうと、型崩れの原因になります。

型崩れを防ぐには、まずハンガーをしっかり選ぶことから始めなければいけません。

ポイントは、「スーツのサイズに合ったハンガーを買うこと」です。

ハンガーであれば何でもいいというわけではなく、自分の持っているスーツのサイズを把握した上で、適切な素材や太さのハンガーを選びましょう。

そしてその時にもう一つ気を付けなければいけないのが、「ジャケット用のハンガーを選ぶこと」です。

ハンガーにも種類がいくつかあり、洋服の種類によって使うハンガーの形も変わってきます。

ジャケット用のハンガーは、肩回りを意識した構造になっているので、型崩れを防ぐことが出来ます。

ズボン用の留め具が付いているハンガーなら、上下セットで保管することができて便利ですよ。

スーツを買う際には、専用のハンガーも一緒に購入することをおすすめします。

ブラッシング

1日着ているスーツには、ホコリや汚れが沢山ついています。

私たちの目に見えないような小さなホコリは繊維の中に入ってしまい、それが虫食いに繋がってしまうのです。

ちょっと面倒だなと思ってしまうかもしれませんが、スーツを綺麗なままで保ちたいのであれば、毎日必ず丁寧にブラッシングすることをおすすめします。

また、ブラッシングをする時も、適当にしてしまうと逆効果です。

以下の方法でブラッシングをしましょう。

・ブラシは縦にせず水平に持つ

・ガシガシとこすらない

・繊維の流れにそってブラッシングする

コロコロやガムテープでホコリを取るという方もいますが、その方法は繊維を傷めてしまうのでおすすめできません。

外回りで汗をかぬぐうビジネスマン

1着を着回しすぎない。

1着だけのスーツをずっと着回してしまうと、継続して汚れや汗が溜まってしまい、傷むスピードが圧倒的に早くなります。

1番望ましいのは、1週間毎日違うスーツを着ることですが、それはなかなか難しいですよね。

そのため、2日交代くらいでもいいので、毎日同じスーツを着続けることは避けましょう。

気に入っているからといって同じスーツ着てばかりいると、それだけがすぐに傷んでしまい、長持ちしなくなります。

その為にも、やはりスーツは2着以上買うことをおすすめします。

クローゼットへの保管方法に気をつける

スーツをクローゼットにしまう時は、必ずカバーを被せましょう。

どれだけ綺麗に片付けている家でも、ホコリや汚れは必ずあります。

カバーを被せることで、空気中に舞っているホコリからガードすることが出来ます。

また、湿気が原因のカビや虫食いを防ぐことが出来ます。

これもスーツも長持ちさせるうえでとても重要です。

まとめ

手入れされたスーツを着こなすビジネスマン

いかがでしたでしょうか?

スーツは社会人にとって、いわば戦闘服ともいえる大事なアイテムです。

少しめんどくさいと感じる日々のお手入れも、丁寧に毎日続けることで、スーツを長持ちさせることができます。

人は第一印象が重要という話がありますよね。

取引先の人のスーツに、シミやしわがついていると、どう感じるでしょうか?

綺麗なスーツを着るということは、仕事をする上でもとても大切です。

毎日綺麗なスーツでお仕事に行ける、素敵な社会人になりましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事