住まいのノウハウ

トレーラーハウスの魅力とは?税金がかからないって本当なの?

トレーラーハウス

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

皆さんは、トレーラーハウスを知っていますか?

海外では以前から普及していたトレーラーハウスですが、最近は日本でもじわじわと人気が出てきていて、トレーラーハウスを専門的に扱うお店も増えています。

しかし、トレーラーハウスについてなんとなく想像は出来ても、詳しい情報や普通の家と比較してどのような違いがあるのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

今回は、トレーラーハウスがどういうものか、また、どんなメリット・デメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

トレーラーハウス
出典:http://www.thno1.com

そもそもトレーラーハウスって何?

トレーラーハウスとは、キャンピングトレーラーの特性を持ちながらも、特定の場所で定住する目的で設置されるものです。

「車として扱われる家」といったところでしょうか。

トレーラーハウスにもいろいろな種類があり、それが車両扱いになるか建築物扱いになるかによって、適応される法律が異なります。

車両扱いのトレーラーハウスと住居用トレーラーハウスの違い

車両扱いのトレーラーハウス

車両タイプのトレーラーハウス
出典:http://jennie.jp

車両扱いとして認定されるトレーラーハウスの大きな特徴は、「タイヤがついていること」です。

タイヤを外していると、車として走行することが不可能なので、車両として認められません。

また、以下の条件を守っている物件が、車両として認められたトレーラーハウスです。

1.いつでも移動できる状態で設置すること

2.水道やガスなどのライフラインの接続方法が、工具を使用しないで着脱できること

3.適法に公道を移動できる車両であること

この3つのうち、1つでも満たされていない項目がある場合は認定されません。

そして上記に加えて、

・トレーラーハウスの運行には特殊車両通行許可だけではなく、公道を走行できる自動車として運輸局が認定する基準緩和認定書が必要。

・建築基準法第2条第1号で規定する「建築物」に該当しないトレーラーハウスを設置する際は、車検証もしくは基準緩和認定書と特殊車両通行許可が必要

という条件も追加されたようです。

※日本トレーラーハウス協会より

車両扱いトレーラーハウスのメリット

・車両として扱われる為、普段建物を建てることができない土地にも家を持てる

・「車両」として扱われる為、固定資産税・不動産取得税などの税金の対象外になる

・場所の移動が可能なので、普通の家を購入するよりコストが削減できる

・住み心地は通常の家と変わらない

上記のメリットのうち、注目したいのはやはり「税金がかからない」という点でしょう。

普通の家は不動産取得税や固定資産税など、何かとたくさんの税金がかかりますが、車両扱いのトレーラーハウスならその分のコストを削減できますよ。

車両扱いトレーラーハウスのデメリット

・車の幅2.5m以下、全長12m以下、高さ3.8m以下という条件をクリアしていない場合、特殊車両通行許可を取得しなければならない

(そうなった場合、費用や時間がかなりかかることもある)

・台風や豪雨などの自然災害に弱い

(土地と家が接面していないので、通常の家に比べると風や雨に弱い。)

・通常の家に比べて揺れが大きい

通常の家と違い、地面から離れていることが、メリットにもデメリットにもなるようです。

住居用トレーラーハウスってどんな感じ?

住宅タイプのトレーラーハウス
出典:http://www.thno1.com

住居用トレーラーハウスの特徴は、普通の家と同様の生活が行えることです。

お風呂やキッチン・トイレなどの生活設備も車両扱いのトレーラーハウスに比べて、通常の家に近い形で使用が可能です。

しかし住居用トレーラーハウスといっても、普通の「家」としての扱いではありません。

「車両を利用した工作物」という扱いになります。

条件としては、

・随時かつ任意に移動することに支障のある階段・ポーチ・ベランダがあるもの

・給排水・電気・ガス・電話・冷暖房等の設備配線や配管を、トレーラーハウスに接続する方式が工具を使用しないで取り外すことができないもの

・車輪が取り外されているもの、走行するに十分な状態に保守されていないもの

・設置場所から公道に至るまでの通路が連続して確保されていないもの

※トレーラーハウス設置検査基準マニュアルより

となっています。

つまり、車輪がないとしても、行動を走行するうえで安全性が確保されており、道路運送車両法で定められている車両(自動車)として認められることが条件ということです。

住居用トレーラーハウスのメリット

・通常の家と変わらない生活が可能

・ロフトを作ることが可能かつ部屋の広さなどの許容範囲が車両扱いのトレーラーハウスに比べて広い

・タイヤを外すことが可能

・公道までの道路が連続して確保されていない場所で設置できる

・住み心地は通常の家と変わらない

ガスや電気なども通常の家に比べると制限がありますが、一定の基準をクリアすることができれば設置が可能です。

住居用トレーラーハウスのデメリット

・申請しないといけない書類が多い

・車両扱いのトレーラーハウスとは違い、移動が簡単に行えない

・初期費用、工事費用がかなりかかる

解体の窓口

まとめ

いかがでしょうか?

トレーラーハウスといっても種類や条件が沢山あり、知らないことも多いです。

しかしその分魅力も沢山あるので、ちょっと変わったマイホームが欲しい方はトレーラーハウスに住んでみてはいかがでしょうか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事