暮らし

画鋲で空いた壁の穴をティッシュと爪楊枝でキレイに修復する方法

壁の穴の補修

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

壁にポスターやカレンダーを貼る際に画鋲を使いますが、その時に空いてしまった壁の穴をどうしようかとお困りになった方はいらっしゃるでしょう。

やはり見た目もあまり良いとは思えませんよね。でもそのために壁紙を張り直すのも大変ですし、なおかつお金もかかってしまいますよね。

そんな時に、今回の空いた壁の穴の修復法はきっと役に立ちますよ!

どこにでもある簡単なもので、綺麗に隠してしまえます!ご覧下さい。

壁の穴の補修

必要な材料

つまようじ

ティッシュ

ティッシュの先を尖らせます

ティシュをつめる

ティッシュの先を丸めて尖らせていきます。出来るだけ細くした方が良いでしょう。

つまようじでティッシュの先を壁の空いた箇所に押し込んでいきます

自然にふさがる

つまようじで、ティッシュの先を、壁の空いている部分に押し込んで埋めていきます。

少し見ただけでは、なかなか気付かないくらい自然な仕上がりになりました!

いかがでしたでしょうか。とても簡単に壁の穴の修復が出来ました!この修復の仕方は、下の動画からも見ることができます。ご覧になってください!

解体の窓口

画鋲で空いた壁の穴をティッシュと爪楊枝でキレイに修復する方法の動画はコチラ!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事