暮らし

床暖房をDIY!?おうち時間でお家に床暖房を設置!

床暖房をDIY!?

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

寒くなってくると冷える足元に、「足元から暖かい床暖房が欲しい…」と床暖房の設置を検討されたことが一度はあると思います。

そこで気になるのが設置費用と、ご自宅に最適な床暖房の選び方だと思います。

専門業者にお願いするにしても、費用や期間など気になるところですよね。

実は、寒い冬には欠かせない床暖房をDIYで作ることができます。

自分で作ることで、節約や暖房を調整することが可能です!

今回は、DIYで床暖房を設置する方法をご紹介します。


床暖房の仕組み

床暖房の仕組みには大きく分けて2種類あります。

<温水式床暖房>

ランニングコスト 4,000円前後/月

設置工事費用目安/8畳  40万~100万前後    

室外機などで温水を作り、そこから温水が配管を通って温水パネルで熱を作り、フローリングが暖まるようになります。

温水を作る熱源には、ヒートポンプ式・石油式・ガス式の3種類があります。

熱源機の設置費がかかるので、設置費コストは高くつきますが、設置後のランニングコストは電気式のものに比べると抑えられるのがメリットです。

<電気式床暖房>

ランニングコスト 6,000円~8,000円前後/月

設置工事費用目安/8畳 30万~90万前後

電熱パネルを床下に設置します。

比較的小規模な工事の為、温水式に比べると設用は抑えられますが、ランニングコストが想像以上に高くつきます。

床暖房のリフォーム方法

床暖房のリフォーム方法には2種類あります。

<床に重ね直貼りする>

ひとつは今ある床の上に熱源を敷き、床暖房専用のフローリングを重ねる方法。です。

比較的簡単な工事ですが、床が2重になることで部屋の中に段差ができてしまいます。

<全面張り替える>

もう一つは今ある床をはがして、熱源を埋め込み床暖房専用のフローリングを重ねる方法です。

工事費が少し高くつきますが、完成後はフラットの状態になります。

畳からフローリングなどに、床の張り替えに合わせて床暖房工事をするケースが多いようです。

床暖房はDIYできる

ご紹介してきた通り、床暖房の設置には高額なお金がかかります。

しかし、自分で設置すれば1/2~1/3程度まで費用を抑えつ事も可能です。

では、どのような工程で床暖房をDIYするのか見てみましょう!

解体の窓口

床暖房DIY方法 施工の手順

畳からフローリングに変更する場合は、まず床の下地を交換する必要があります。

次に、下地板の上に断熱材を施工します。

床の下地を交換

断熱材を施工した後は、もう一枚上から、パネルを張ってください。

ここで、床暖房を作る為には床暖房パネルを張る必要があります。

床暖房の溝には配管を入れましょう。

床暖房パネルを張る

次に、フローリングを施工するためには、ホームセンターで床暖房用フローリング材が必要になります。

床暖房用フローリング材を張れば完成です!

フローリングを施工

後は、室外機がしっかり温水が作られて循環しているかチェックしてみましょう!

まとめ

手間はかかるかもしれませんが、手作りで床暖房の設置を行えば、費用節約にもなりますし、いろいろと自分好みに調整が出来て便利ですよ!

是非、おうち時間に床暖房を手作りしてみてください

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事