暮らし

ペット禁止の賃貸でペットを飼ったらどうなる?理由や事例を解説

ペット禁止可の賃貸

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

賃貸物件には、ペット可の賃貸物件とペット禁止の賃貸物件があります。

もちろんペット禁止の賃貸物件でペットを飼うことは禁止ですが、もしペット禁止の賃貸で内緒でペットを飼ってしまうとどうなるのでしょうか?

内緒にすることでどんなリスクがあるのかを考えましょう。

ペット禁止可の賃貸

ペット禁止の賃貸で禁止の理由

ペット禁止の賃貸には、禁止の理由があります。

ペット好きの人から見ると「なんでペット禁止なの?」と思いますが、なぜ禁止にしているのか理由を知ることで、内緒でペットを飼おうなんて思わなくなるはずです。

〈トラブルを防ぐため〉

家主がペット好きでもやむを得ずペットを禁止にしている場合があります。

その理由が「トラブルを防ぐため」です。

ペット可の物件のトラブルとして、鳴き声がうるさい、遊んでいる足音がうるさい、臭いや被毛が気になるなど、あげれば多数のトラブルが出てきます。

ペットが好きな人であれば気にならないことでも、ペットが苦手な人は気になることばかりです。

内緒で飼わないことは約款や契約書でサインをもらって、確実にペット禁止の賃貸にすることで、少なくともペット関連のトラブルは防ぐことができます。

家主さんがペット好きでも、トラブルが起きると入居者が少なくなるリスクがあるため、ペット禁止の賃貸にしているパターンもあります。

〈昔トラブルがあったから〉

過去にはペット可の物件であったところでも、トラブルが絶えずペット禁止の賃貸にしてしまったところもあります。

もちろん始めはペット可の賃貸であったわけですが、内緒で飼ってしまったり、入居者のマナーが悪いなど改善しない人がいる現状があります。

例えば、ペット可の物件でも基本的には室内犬1匹が条件になっている賃貸がほとんどです。

1匹の約束が、管理会社や家主さんを通さずに内緒で2匹にしてみたり、猫が禁止されている賃貸で猫を内緒で飼ってしまったりなど、ささいなことがきっかけになっています。

何回忠告をしても改善されず「こんな状況になるなら、ペット禁止にしよう!」となるのです。

〈敷金の値段が上がるから〉

ペット可の物件では、ペットを飼わない人と比べて敷金が1か月増額になるケースがほとんどです。

これは、退去時に壁紙やシミなどを直すための原状復帰費用として、入居時にある程度の金額を納金するパターンです。

もちろんきれいな状態で退去できれば敷金のほとんどが返ってきますが、フローリングの変色などはかなりの費用がかかります。

敷金礼金は、賃貸物件では値引き交渉をしてくる入居者も多いです。

入居者側はそれだけ入居時の費用を削りたいと思っているのです。

入居時に敷金が跳ね上がってしまうと、入居する人が少なくなってしまいます。

賃貸物件の家主にとって、物件に空室が増えれば増えるほど家主の収入が少なくなりますので、空室はできるだけ避けたいこと。

だからこそ、敷金を上げず満室を維持するためにペット禁止にしているのです。

ペットを飼っているのが見つかる

ばれたらどうなるのか

ペット禁止の賃貸でもし内緒でペットを飼ってしまったときに、ばれてしまったらどうなるでしょうか?

家主や管理会社が気付かなければ大丈夫と思っていても、他の入居者から連絡が入ることもあります。

内緒で飼ったときのリスクもしっかり理解しておきましょう。

〈ペットを手放す〉

今では動物愛護法でペットをどこかに放置することは法律に触れてしまいますので、家主や管理会社は「どこかに捨ててきてください」とは絶対に言いません。

「里親を探してください」

「知り合いに預かってもらえる人を探してください」

などと言われてしまいます。

契約書や約款にも記載している通りペット禁止の賃貸ですので、どうにかしてペットをOKにしてもらおうなんて考えてはいけません。

ルールを破っているのは入居者側なので、すぐに対応しなければいけません。

すぐに預かってくれる人が見つかればいいのですが、見つからなかった場合、強制退去になる可能性もありますので、ルールはしっかり守りましょう。

〈いきなり強制退去の通知が届く〉

ペットを手放すことを提案されるパターンはまだいい方で、いきなり強制退去の通知が届くこともあります。

もちろん退去がさけられない事情があれば、1か月前までに入居者に通知する義務が管理会社や家主には生じます。

ところが今回は入居者がルールを守らず内緒でペットを飼ってしまったわけなので、イレギュラーで強制退去を命じられる可能性もあります。

内緒でペットを飼うことは、それだけリスクが伴うことなのです。

もし強制退去の通知が届いたら、有無を言わず指定された期日までに退去しなければなりません。

その際、部屋が傷ついていなくても修繕費用を課されたり、臭いを消すためにクリーニング費用を請求されることもあります。

強制退去だけで済まないケースも覚悟しておきましょう。

〈罰金の支払いを請求される〉

ここまでペットを手放す、強制退去とありましたが、これら2つに加えて罰金を請求されるケースもあります。

内緒でペットを飼ってしまった罰として、家賃1か月分の料金を振り込む、新たな契約書にサインをすることになったりします。

ペットを手放して罰金を支払うセットや、強制退去プラス罰金になる最悪の展開になりますので、ペット禁止の賃貸でペットを内緒で飼うことは絶対にしないように気を付けてくださいね。

どこまで禁止なのか

ペット禁止の賃貸でも小動物はペットに入るのか判断に困ります。

ペット禁止の賃貸ではどこまでをペットと考えているのか、どこからが飼育可能なのかを勉強しましょう。

〈ハムスターや鳥はOKなケース〉

ペット禁止の賃貸にしている理由を思い出してください。

ペットの鳴き声や臭い、部屋の修繕に関してのトラブルを防止するために、ペットを禁止にしていることを先ほどお伝えしました。

つまり、これらのトラブルを防ぐことができれば、ペット禁止の賃貸でも飼育可能なペットもいます。

それがハムスターや鳥などの小動物です。

ハムスターは鳴き声を出しませんし、臭いもほとんどありません。強いてあげれば夜に滑車をからからと回す音くらいです。

ハムスターは夜型なので、夜に滑車を回す音が意外と響いてしまうことがあります。

滑車を回す音には気を付けましょう。

鳥も大きな鳴き声を出しませんし、臭いもほとんどありません。

籠を部屋に置いておくだけで一緒に生活することができますので、犬や猫よりも手軽に飼うことができるペットともいえます。

ただし鳥は水浴びをするときに羽が抜けてしまいます。

羽が部屋の外に飛ばないように気を付けましょう。

〈うさぎがOKなケース〉

犬や猫のように鳴き声が響いたり、被毛などのトラブル、部屋の損傷などが少ないことを考慮すると、うさぎならOKを出してくれる家主さんもいます。

ただしうさぎのうんちは小さくてころころしていますので、部屋のどこかに転がってしまわないように気を付けなければなりません。

うんちも放っておくと臭いの原因になりますので、しっかりと処理をしなくてはいけません。

それ以外を考えてみると、体臭も少ないですし、鳴き声を出すこともありませんので、ご近所トラブルになりにくいペットなのです。

そのため、うさぎならOKをもらえるケースもありますので、もし気になる場合は家主さんか管理会社に相談してみてください。

どちらも鳴き声がほとんどないペットなので、内緒で飼ってしまえばばれないと思っていませんか?ペットを飼うと少なからず部屋の様子や音に変化が表れます。

敏感な人は変化に気が付いて、壁に耳を当てて音を聞いている可能性もありますので、内緒で飼うことは絶対にしないで、家主さんか管理会社に相談するようにしてください。

家主に相談する

家主さんや賃貸会社に許可をもらうには

ペットとして飼っていい可能性があるペットが出てきたところで、家主さんと賃貸会社に許可をもらうための交渉術についてお伝えします。

内緒で飼うことは絶対にしてはいけませんので、しっかりと筋を通してトラブル防止に努めましょう。

〈家主と仲良くなる〉

ペットを飼うかどうかに関わらず、家主と仲良くなることは大切なことです。

人との関わりあいが希薄になっている中でも、家主とコミュニケーションが取れると、入居中に困ったことを直接相談できるメリットがあります。

そうすると、管理会社を通さずに直接アポイントを取ることができますので、話がスムーズに進みやすいです。

そして、普段から話していると「この人なら大丈夫かな」との信頼から許可が下りることもあります。

内緒でペットを飼うよりも安心して生活することができます。

家主とは「関係ないから」と希薄な関係にならず、ぜひ積極的にコミュニケーションをとって快適にペット生活を楽しみましょう。

〈努力できることを提案する〉

家主や管理会社の中には、ペット禁止と言ったら内緒はもちろんのこと、交渉しても絶対に許可しない人もいます。

その場合は根気よく交渉・説得するしかありません。

交渉を粘るときは、ポイントを抑えることで交渉が進みやすくなります。

ポイントは1つで「トラブルにならないために努力できることを伝える」だけです。

何度も言いますが、ペット禁止の賃貸はトラブルを何より嫌がります。

内緒で飼うことはもちろん、トラブルを起こさないためのペット禁止賃貸なのです。

音、臭い、部屋の損傷など、現状のまましっかり維持するために何ができるのかをアピールしましょう。

音は防音シートを敷く、臭いは定期的に掃除をする、部屋の損傷は壁際に置かないなど工夫できるポイントはたくさんあります。

もし1回目の交渉で断られてしまったときは、根気強く努力できることを交渉しましょう。

もしだめでもペット禁止の賃貸ですから、絶対に内緒で飼ってはいけません。

飼っていた人の事例集

最後に実際にペット禁止の賃貸にも拘わらず、内緒でペットを飼ってしまった人の事例や、小動物の飼育を許可してもらった人など、さまざまなパターンを紹介します。

実際にどんなことが起こっているのかを探ります。

〈吠えないからと内緒で飼っていたら…〉

ペット禁止の賃貸に住んでいた20代のカップル。

大学卒業と同時に同棲を始めたので、ペットを飼う予定もなく、家賃重視のペット禁止の賃貸に入居しました。

入居して1年半後、彼女が犬が欲しいと言い出しました。

近所に家主がいることは知っていたものの、内緒にしていれば大丈夫だろうと思って内緒で犬の飼育を始めました。

偶然その犬はおとなしい犬で、吠えることを知らないかのように吠えませんでした。

そのため、ペット禁止の賃貸でペットを内緒で飼っていても、他の住居者にばれることはありませんでした。

内緒で飼うことができると思ったカップルは、なんと2匹目を迎えてしまったのです。

ところがこれが大間違い!

2匹目の犬は吠えはしなかったものの、やんちゃで家の柱を噛んでボロボロにしてしまったのです。

ペット禁止の賃貸で内緒で飼っているわけですから、どうにかして柱のボロボロの理由を言わなければいけません。

この出来事がきっかけで喧嘩が多くなったカップルは別れてしまいます。

契約者は彼氏でしたので、彼女はいぬを連れてそのまま家を出て行ってしまいました。

いざ退去するときに彼女と連絡が取れなくなり、退去時に家主に正直に言ったところ、30万円の修繕費を別途回収されてしまったそうです。

〈根気よく説得を続けた女性〉

ある女性がペット禁止の賃貸に住み始めてからすぐ、友達の家でハムスターが産まれた話を聞きました。

たくさん産まれて困っている話でしたが、ペット禁止の賃貸に住んでいる都合上、内緒でハムスターを飼うことはできませんでした。

友達には「内緒で飼っちゃえば分からないよ」と言われましたが、アパートの決まりだからと、一旦は断りました。

ですがやはり困っている友達のことを放っておけず、管理会社に相談してみました。

返ってきた言葉は「ペット禁止の賃貸なので…」でした。

ところが女性は諦めず事の経緯を説明しました。

そうしたら、管理会社が家主さんに交渉してくれることになりました。

内緒にしていたらそのままになっていたことが、事情を説明することで家主から許可が降りました。

ペット禁止の賃貸ではハムスターやインコは1匹だけならという条件付きでしたので、無事に一緒に生活を始めることができました。

内緒にしていたら堂々とできなかったことも、話を通すことでスムーズに事が運びました。

まとめ

ペット禁止の賃貸で内緒でペットを飼うことのリスクや、許可をもらうためのコツをご紹介しました。

しっかり交渉することで許可をもらえるペットもいますので、内緒にしないでしっかり家主や管理会社に話して、正規の方法でペットを飼いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事