インタビュー

地元密着型でお客様の夢を応援する KEA不動産株式会社様

KEA不動産 生駒代表

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

名古屋市有数の繁華街である栄と錦に特化して、事業用物件をご紹介するKEA不動産様。
今回は、代表取締役の生駒様にお話を伺いました。

誰かが敷いたレールの上を走り続ける人生より自分自身が本当に輝ける道を歩く

―まずは、御社の立ち上げの経緯を教えてください。

KEA不動産 生駒代表

生駒代表(以下:生駒):名古屋に限らず、不動産会社って全国に色々なジャンルがありますよね。当社は錦と栄、名古屋市内の繁華街であるこの2つのエリアに特化した事業用物件を取り扱う不動産会社を創ろうと思いました。

―名古屋で会社を創ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

生駒:元々私の実家が名古屋にあったからです。

―なるほど。2つのエリアに特化するとのことですが、その考えに至るようなきっかけがあったのでしょうか?

生駒:これは私個人の考えですが、昔から誰かが敷いたレールの上を走り続ける人生に疑問を抱いていたんです。「こういう業種だからこういう仕事でないといけない」「こういう仕事だから、こういう格好でないといけない」という風潮に疑問がありました。
不動産も同じです。不動産業界に携わる方=年配の方というイメージがまだまだ残っているので、その中でも専門分野に特化した不動産会社を創ろうと。そして、会社もそこにいる社員も輝ける。
輝き方は色々ありますよ。営業をバリバリやって成果を上げることもそうですし、自分自身の信念を貫いてその人自身が笑顔でやっていることもそうです。会社の信念の一つが、「まず自分自身が輝くこと」。それはモチベーションを上げることもそうですし、日々の生活を楽しむこともそうです。仕事だけでなくプライベートも楽しむためには、まず前向きであること。「仕事のためだから」や「○○のために」というのではなく、言い訳はせずに輝くことが大切です。

―なるほど。わざわざ理由をつけて行うのは少し違うということですね。
そういう意味では、このエリアで店舗を開こうというお客様を応援されているのですね。

契約したお客様が長くお店を続けられるようにアドバイスも行う

KEA不動産 生駒代表

―創業当時からお客様への対応で心がけていることはありますでしょうか。

生駒:私の実家は元々貸ビルのオーナー業をしていました。そこで色々見ていく中で、「こういう不動産業もあるのか」「こういうお客様に対しては、こんな風に案内した方がいいのかな」などを学びました。
契約をして物件を引き渡して終わりではなく、やはりその方に長く続けていただきたいですよね。長く続けていくためのノウハウはお店によって違うと思いますが、「こういう風にした方が良いのではないでしょうか」などのアドバイスをさせていただくこともあります。

―契約後もコンサルティングのようなことをされていらっしゃるのですね。

生駒:はい。やはりお客様にも「KEA 不動産にお願いして良かったな」と思っていただきたいので。

―プロデュースされるお店の業態は、飲食店が多いのでしょうか?

生駒:はい。飲食店やクラブ・ラウンジがメインです。

―栄や錦がターゲットということですが、こういった場所の物件情報を集めるのはやはり人脈が必要なのでしょうか?

生駒:そうですね。やはり今はハイテクな世の中ですが、基本は人と人だと思います。
どなたかからご紹介を受けることももちろんありますし、お客様からご紹介をいただくこともあります。当社も色々なSNSをやっていますので、そこからマッチングをしたお客様がいらしたり。そういったところからの積み重ねですね。
これは業態が違いますが、例えば飲食店の場合、味に自信があって場所もすごく良いお店でも、ただ「皆さん来てください!」と言ってもお客様は来ないと思います。何か一つでも良いので、他には負けない「これが当店の専売特許だ!」と言えるような強みを持ってマーケティングや広告活動をしていかないと、いずれ淘汰されてしまうでしょう。

―確かに、何か目を惹くものがないと印象に残らないですね。ネットには広告もあふれていますし。

生駒:ええ。そして不動産会社の場合は、「当社はここに事務所があります。こういうジャンルが得意です。皆さん来てください!」と言っても、来てくださる方皆様が必ず満足するとは限らないでしょう。当社は店舗設計やプロデュースも行いますので、お客様の予算や細かいエリアのご希望などをヒアリングした上でご提案させていただきます。

―単純にご希望に合った物件をマッチングさせているだけではないということですね。
店舗のプロデュースということは、内装を手掛けていらっしゃるのでしょうか?

生駒:そうです。ヒアリング内容とお客様の予算を基に、「それでは、こういった内装はいかがでしょうか?」とご提案させていただきます。

経営者にとって重要なことは『お店のコンセプト決め』

KEA不動産 生駒代表

―お店を立ち上げるために物件探しにいらっしゃるお客様の中には、若い方もいらっしゃいますか?

生駒:そうですね、業種によっては。2号店・3号店目を開く方もいらっしゃれば、全くの新規という方もいらっしゃいます。

―そういったお客様の幅の広さも、御社の特徴の一つですね。
生駒様が考える、お店を始めるにあたって最も重要なこととは何でしょうか?

生駒:例えば普通の会社の社長さんが飲食店をやりたいと思っていたとします。ということは、料理が作れなくてはいけないので、料理ができるスタッフを集めるところから始めるでしょう。ただ、社長がやるべきことはコンセプト決めです。それはぶれないコンセプト。

―このコンセプトで、会社の方向性がしっかり決まるのでしょうか?

生駒:はい。あとは携わってくれるスタッフを皆同じベクトルに向けて、一丸となってやっていくのです。

―それもこれまで色々な経営者様にお会いして判ったことなのですね。

生駒:ええ。逆に今は、「これをやったから正解だ」とか「これだから安泰だ」という言葉は日本国内にないと思っています。昔は勉強をして、良い高校・良い大学・良い会社に入ることが良しとされていました。そうすれば人生は安泰だと。それは間違いではないと思いますが、今は「何ができるか」「何をしようと思うのか」だと思います。
「自分はこういうことがしたい」「こういう資格を持っている」というのは、それはそれで素晴らしいことです。ただ、それはあくまでもスタートラインでしかありません。そこからどうしていくのかというのは、人それぞれ個々の時代だと思います。
飲食店を始めるにしても、ジャンル・営業時間・ターゲット層はそれぞれ違います。それを伺った上で「では、このように展開してはいかがでしょうか?」とご提案するのです。単に「お店をやりたい」「前からお付き合いのあるお客様がいらっしゃるから、ここでお店を開くと来てくださるだろう」ではだめなんです。
そういった意味では、当社にいらっしゃるお客様は「ここでどうしたいのか」「この街でどうしていきたいのか」という信念のある方が多いですね。

今後は不動産業に限らない挑戦も視野に入れる

―お話を伺えば伺うほど、不動産業というよりプロデュース業といった印象ですね。それが他社様にはない強みだと思います。
では最後に、今後の展望をお聞かせください。

生駒:まず、ここが地場ということは揺るがないので、地場に特化した不動産会社であり続けたいです。
あと、私自身が誰かに任せることが好きではないので、全て自分の目が届くエリア内でやりたいと思っています。また、不動産業に限らず他業種にも挑戦していきたいなとも思っています。

KEA不動産 生駒代表と管理ビル

―ありがとうございました。
「単なる不動産物件を紹介する会社」ではなく、信念を持って夢商売を始めるお客様を後押しするKEA不動産様。
今後の事業展開も楽しみです。

いえらぶでは、取材にご協力頂ける不動産会社様を募集しています。
▼お問合わせはこちら
※「不動産インタビューに出演したい」にチェックをお入れください

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事