住まいのノウハウ

100均から無印まで バスルームの収納アイディア

バスルームの収納棚

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

バスルームは、身体を清潔にする空間であるからこそきれいに保ちたいものです。

しかし、湿気によりカビやすく、掃除はこまめに行わなければなりません。

バスルームの物が多ければ多いほど、掃除の手間は増えてしまいます。

また、毎日使用するものを狭い空間に閉じ込めているため、雑然としがちです。

上手に収納をし、スッキリとさせることで掃除の手間は減り、1日の最後のリラックスタイムを気持ちよく過ごすこともできます。

ここで一度、ご自身の家のバスルームを思い浮かべてみてください。

お泊まりの予定が入らない限りは、自分か家族しか立ち入らない空間だからと、ついつい手を抜きがちになってしまっていませんか?

おしゃれな空間にしたいけど、どこから手をつけて良いのか迷っているかたも多いでしょう。

家族が多くなればなるほど、物が溢れてしまうバスルームの収納や、おしゃれな空間づくりに役立つアイテムをご紹介します。

バスルーム

マグネットを使った収納アイデア

バスルームにマグネットは使えないと思っているかたは多いでしょう。

私もつい最近までそう思っていました。

バスルームに何か取り付ける時に使えるのは、吸盤だと思い込んでいました。

しかし、一般的な浴室の壁には、マグネットをつけることができます。

最近では、バスルームのグッズにマグネットが使用されているものも多く販売されています。

例えば、タオルハンガーや、シャンプーなどを乗せる台など、これまで吸盤でくっつけてきたバスルームグッズがそのままマグネット式に変身したように、様々なものが揃っています。

吸盤のものは、凹凸のある壁やザラザラした壁など、バスルームによっては使えないことが課題でした。

そして、時間の経過とともに、吸着力が弱まり、吸盤としての機能を果たさなくなってしまいます。

マグネットの収納グッズは、そのような課題を解決することができます。

使い方により、バスルーム内の収納が効率的になり、掃除もしやすくなります。

カビが発生しやすいバスルーム内では、できるだけ物は吊すと衛生的に良くなります。

マグネット式のタオルハンガーをバスルーム内の壁に設置し、クリップやフックでブラシや掃除道具を吊しましょう。

また、ワイヤーバスケットなどを吊り下げれば、シャンプーなどのボトル類を収納することができます。

シャンプーのボトルは、バスルームの備え付けの棚に置いているかたが多いでしょう。

しかし、気がついた時にはボトルの底がヌルヌルしていませんか?

このようなヌメリを抑えるために、水切れの良いカゴに入れて、空中に吊り下げることで、掃除の手間を省くことができます。

マグネット式のタオルハンガーに組み合わせるフックをクリップが付いているものにすれば、洗顔料などの吊り下げることができないアイテムを吊り下げることができます。

バスルームのタオル収納のアイデア

タオルは、見せ方や収納方法によりバスルームのイメージを変えることができる重要なアイテムです。

もちろん、毎日数枚使うものでもあるため、収納しやすく取り出しやすい工夫も大切です。

見せる収納にタオルを活用する方法

バスルームの収納棚

バスルームのスペースにゆとりがあるかたは、見せる収納を意識してタオルもインテリアのつもりで収納しましょう。

ここで大切なのは、タオルの色や大きさ、種類を統一することです。

家具などの周囲の色を意識し、あまり派手な色やデザインではないものを選ぶと、ラグジュアリーな雰囲気やナチュラルな雰囲気を演出することができます。

色はすべて同じにする必要はありませんが、できるだけ同系色に揃えるとまとまりのある印象になります。

ワイヤーバスケットを使用すると、外側から中身が見えるため、自分専用のタオルがある家庭では便利です。

本来、キッチン用品として売られている皿たてをタオルの収納に活用すれば、ホテルのような雰囲気を味わうことができます。

皿たてにたたんだタオルを挟み置くだけで完了するため、簡単です。

タオルを見せずに収納する場合

カゴなどに入れて収納する場合、取り出しやすい位置、耐久性のある素材を考慮すると良いでしょう。

毎日何度も出し入れするタオルは、できるだけ身体に負担がかからない場所に置き、カゴ自体もしっかりした形状であれば長く使うことができます。

バスルームの隙間を活用して収納したい場合は、ブックエンドなどで仕切りを作り収納していくと、タオルが倒れず便利です。

無印良品の収納グッズ

無印良品には、詰め替えボトルやボディブラシなどのバスルームグッズ、掃除用品に加えて、収納グッズも豊富です。

掃除道具もインテリアとして捉え、色を統一するとさらにおしゃれな空間につながります。

バスルームに収納スペースがない場合、まず収納スペースを作ることから始めましょう。

洗濯機から天井までのスペースを活用すれば、他の空間を狭めることなく収納スペースをつくることができます。

無印良品には、洗濯機のサイズに合わせて組み立てられるユニットシェルフが販売されています。

収納ボックスや収納棚を設置すれば、必要に応じて様々な大きさのものが収納できます。

一人暮らしのかたは、このスペースだけでも十分に収納できるのではないでしょうか。

ユニットシェルフに合わせて使用したいのが、ラタンバスケットです。

どんな家具にも合いやすいナチュラルな雰囲気で、しっかりした作りが特徴です。

スチール製のユニットシェルフにもあわせやすいです。

無印良品には、ステンレス製の収納グッズも多く販売されています。

ステンレス製のものは、錆び付く心配が少なくシンプルなので、使いやすい素材です。

特に、ワイヤーフックやワイヤークリップは、マグネットを使用した吊す収納にも役立ちます。

また、ポリプロペンストッカーも活用しやすいアイテムです。

スリムな形状で、隙間の収納に役立ち、引き出し付きの半透明な収納は小物をまとめたり、家族でそれぞれ専用の引き出しを設ける際にも重宝します。

コロ付きなので、掃除もしやすく、2,900円から購入できる手頃な価格も魅力です。

IKEAのバスルーム収納グッズ

IKEAの収納グッズは、SNSでその活用方法がよく紹介され、様々なアイデアを参考にすることができます。

シンプルでありながら、おしゃれに活用している人がとても多いです。

予算にこだわりがなければ、思い切って収納付きのミラーや洗面台を取り付けてしまう方法もあります。

IKEAには、デザイン性と機能性を兼ね備えたバスルーム家具が豊富です。

家具の新調が難しくても、IKEAの収納グッズを活用しておしゃれ、かつ機能的な空間を実現することはできます。

特に人気の高いバスルーム収納グッズは、ヴァリエラボックスです。

ヴァリエラボックスは、大・小の2種類があり、中のものを出し入れしやすいデザインで、ものを隠しすっきりと見せる収納に役立ちます。

ヴァリエラボックスは、厚みがありしっかりしており、角が丸く設計してあるため掃除がしやすいのが特徴です。大サイズは599円、小サイズは299円なので、まとめて購入しやすい手頃な価格も魅力です。

収納棚をすべてヴァリエラボックスで統一すれば、実用性とデザイン性を兼ね備えた空間になります。

IKEAの家具には、バスルーム用ではなくてもバスルームの収納に役立つものが多くあります。

サイズや機能に着目して、バスルームの収納に使えそうなアイテムを探してみるのも良いでしょう。

バスルームの収納カゴについて

収納かごに入れたタオル

カゴは、すっきりとした空間づくりには欠かせないアイテムです。

収納には、デザインの他に実用性も意識する必要があります。

毎日使うものの収納

毎日手に取るものを収納する時には、取り出しやすい位置にカゴを設置しましょう。

家族でそれぞれ専用のカゴを用意する際には、背の高さに合わせて設置場所を検討しましょう。

使用頻度の高いカゴは取り出しやすい位置に、毎日使わないストックなどを収納するカゴは高い位置や低い位置に設置しましょう。

カゴの種類

収納カゴには、様々なデザインや素材のものがあります。

積み重ねて収納するカゴは、ラベルを貼ると便利です。

蓋付きのカゴは、ハンガーなどの飛び出しやすいものの収納に役立ちます。

布製のストレージボックスは、外国のランドリーのような雰囲気を楽しめます。

ステンレス製のものは水に強いため、水がかかってしまう空間の収納におすすめです。

バスルームの収納棚のDIY

洗濯機の上や、隙間の空間を利用して新たに棚を作りたい場合、突っ張り棒を活用すると簡単です。

突っ張り棒は、難しい道具や工具を使わず、少ない予算でも揃えられるアイテムです。

バスルームで使用する際には、錆びにくいステンレス製のものを選びましょう。

突っ張り棒は、ほとんどが取り付け方が一緒で手軽に活用できますが、その反面種類がとても豊富で選ぶ時には迷ってしまいがちです。

事前に、取り付けたい場所のサイズや置きたいものの重量を把握しておくと、適した突っ張り棒を見つけやすくなります。

突っ張り棒を設置する際、壁が薄く心配な時は、板を挟むだけで負荷が分散し、安定させることができます。

突っ張り棒は、壁に穴をあけられない賃貸住宅にはとても便利な道具です。

また、シャンプーボトルなどの置き場所を新たに作ることもできます。

浴室のコーナーに縦に突っ張り、タワー型のラックを作成すれば、縦に収納するぶんスペースが有効活用でき、ごちゃごちゃした小物類をすっきりとまとめることができます。

収納を新たに置くスペースがある場合は、スノコとワイヤーバスケットでおしゃれな棚を作ることができます。

用意するのはスノコ3枚とワイヤーバスケット、ネジとドライバーだけです。

スノコには、裏面にゲタと呼ばれる角材が固定されています。

そのゲタをうまく活用することで、簡単に棚を作ることができます。

まず、棚の側面にあたるスノコの裏側が内側にくるように設置し、ゲタの高さを合わせて固定します。

ゲタの部分にワイヤーバスケットの取っ手を引っ掛ければ、あっという間に完成です。

事前に、ワイヤーバスケットのサイズを確認し、スノコのサイズが合わなければ、スノコをノコギリで切断しましょう。

壁かけのタオル収納を簡単にDIYすることもできます。

用意するのは、板とアイアン金具、取り付けに必要なネジなどの道具だけです。

板にアイアン金具を1本、もしくは2本縦に取り付け、壁に設置するだけです。

縦に取り付けたアイアン金具が、タオルの落下を防いでくれます。

洗面台の近くに設置すれば、必要に応じてさっと取り出すことができ、見せる収納にも変身します。

板の色は、自分の好みに合わせてペンキやスプレーで変えましょう。タイルを貼るとまた違った雰囲気になります。

100均の収納

100均のかごに収納したタオル

100均には、DIYで使えるスノコなどの材料をはじめ、そのまま収納として使用できるものもたくさん売られています。

特に、カゴについてはサイズやデザインが豊富です。

プラスチック製、ステンレス製、布製など、使う場所によって選びましょう。

100均では、特に小さなサイズのカゴを揃える際に便利です。

大きなものは、100均でも200円や300円の価格表示がされていることが多いです。

スノコやカゴの他にも、ワイヤーネットを活用した収納をDIYする際には100均が欠かせません。

ワイヤーネットは、サイズや色が豊富で、結束バンドで固定することができるため、DIY初心者に人気の高いアイテムです。

洗面台の下の収納は、排水管などにより棚を作ることが難しく、ごちゃごちゃになってしまっていませんか。

ワイヤーを活用すれば、ものを引っ掛けたり、小さな棚を作ったりと限られた空間の中でも収納することができます。

まとめ

バスルームは毎日使用するため雑然としがちで、家族が増えれば増えるほど物の置き場所に困る空間になります。

湿気によりカビが発生しやすいためこまめに掃除が必要ですが、物が増えるほど掃除が面倒になってしまいます。

バスルームの収納を見直すことで、実用性が増せば、掃除の手間を省くことにつながります。

また、好みの空間に変われば、毎日のリラックスタイムが楽しみになります。

バスルーム内で水に濡れてしまう物品は、マグネット式の収納を活用してできるだけ吊す収納を心がけるようにしましょう。

また、洗濯機の上や隙間を活用して、新たに収納棚を設けてみましょう。

予算を抑えながらDIYするには、突っ張り棒を使用すると簡単です。

少しの工夫で、機能的でおしゃれな空間をつくることができます。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事