• いえらぶコラム>
  • 集合住宅で飼いやすいペット!ハムスターの飼育方法を紹介!

住まいのノウハウ

集合住宅で飼いやすいペット!ハムスターの飼育方法を紹介!

ハムスター

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

キヌゲネズミ亜科に属するげっ歯類24種の総称であるハムスター。ペットとしての小動物といえば、ハムスターを挙げる方も多いのではないでしょうか。

限られたスペースで飼育でき、あまり鳴き声をあげない事から、マンションやアパートといった集合住宅で飼育しやすいペットとして人気です。

しかし体が小さいので些細な事で命を脅かす恐れがあり、注意したい飼育ポイントがいくつかあります。

そこで今回、ハムスターを飼育する際の

・用意する物

・ハムスターの餌

・毎日のお世話

・病気対策

・注意点

をご紹介します。

マンション・アパートで飼いやすいペット“ハムスター”の飼育方法①:用意する物

ハムスター

ケージ

ハムスターを飼育する際、最も重要な事の一つがケージ選びです。

軽くて通気性の良い金網タイプのケージが一般的ですが、実は金網のケージはハムスターにとって危険なんです。

ハムスターが金網をかじる事により不正咬合(ふせいこうごう)をおこす恐れや、隙間に体が挟まって怪我をしてしまう事があります。

そのため、飼育上級者や獣医師が絶対に選ばないケージは金網タイプと言われており、危険なトラブルが多いという事を覚えておく必要があります。

ハムスターを飼育するケージは、広くてシンプルな作りの水槽タイプがオススメですよ。

床材

野生下のハムスターは地下に穴を掘って生活しているので、ケージに床材を敷いて野生環境に近づける必要があります。

また床材は怪我の防止や防寒対策、衛生対策の効果もあるので、是非敷いてあげましょう。

市販のおがくずや、自宅にある新聞紙・キッチンペーパーを細かくちぎって敷いてあげて下さいね。

トイレ・トイレ砂

ハムスターは基本的に、決まった場所で排泄します。

ケージ内にトイレ・トイレ砂を設置すると掃除が便利なので、是非置いてあげて下さい。

トイレ砂は誤飲の恐れがあるため、固まらないタイプを選びましょう。

巣箱

ハムスターがリラックスして過ごせる巣箱を設置してあげます。

野生化のハムスターは地下に巣穴を掘り、一日の大半をそこで過ごすのです。そのため巣箱は食事・睡眠・子育てをする家となり、最も重要な場所とも言えます。

様々な商品がありますが、清潔に保てるものを選びましょう。

給水ボトル

ハムスターの原産地は主に乾燥地帯なので、あまり多くの水分は必要としません。しかし脱水状態は体の小さなハムスターにとって深刻な事態なので、毎日新鮮な水を用意する必要があります。

ハムスターは運動量が多くケージ内を動き回るので、固定出来るボトルタイプの給水器がオススメです。

餌箱

ハムスターの餌を置く容器を設置します。

動き回るハムスターにひっくり返されないように、重たい容器を選びましょう。

また清潔に洗え、ハムスターにかじられる心配のない事も餌箱選びのポイントです。

回し車

ハムスターは本来、餌や異性を求めて一晩中走り回るほど運動量の多い動物です。

そのため、飼育下では運動不足になりがちで、肥満やストレスがたまる原因になる事も。

ハムスターのケージには、必ず個体のサイズに合った回し車を設置してあげて下さいね。

砂場

ハムスターは砂遊びが大好き。

砂遊びをする事によりストレス解消になるほか、体についた汚れや臭いを取る効果もあるんです。

綺麗好きのハムスターにはもってこいの遊び場なので、是非砂場を作ってあげましょう。

マンション・アパートで飼いやすいペット“ハムスター”の飼育方法②:ハムスターの餌

食事中のハムスター

ハムスターの餌といえば、ヒマワリの種を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

たしかにヒマワリの種などの種子類は嗜好性が高く、ハムスターの大好物と言えるでしょう。

しかし脂質やカロリーが高く、あまり与えてはいけない食べ物なんです。

ハムスターに日々与える餌は野菜やペレットを中心として、種子類はご褒美程度に抑えましょう。

マンション・アパートで飼いやすいペット“ハムスター”の飼育方法③:毎日のお世話

ひまわりの種を食べるハムスター

飼育温度

ハムスターは寒さや暑さに弱いので、飼育する部屋は適切な温度調節をする必要があります。

飼育適温は20~25度とされており、それを上回ると夏バテ、極端に下回ると疑似冬眠という仮死状態になる恐れが。

ハムスターの飼育部屋は、エアコンなどで快適な温度を保つようにして下さいね。

掃除

ハムスターは非常に綺麗好きな動物。そのためケージが汚れているとストレスを感じるばかりか、病気の元となります。

トイレやトイレ砂は毎日交換し、月に1度はケージ内を大掃除しましょう。

また床材は汚れた部分を取り換え、汚れが溜まらないようにします。

爪切り・歯切り

ハムスターは爪や歯が伸び続ける特徴があります。

通常は食事や運動で自然に削れますが、何らかの理由により歯や爪が伸びすぎる事が。

放置すると怪我や栄養障害といった深刻な状況になるので、早めに動物病院を受診して下さいね。

マンション・アパートで飼いやすいペット“ハムスター”の飼育方法④:病気対策

遊ぶハムスター

ハムスターは体が小さいが故、病気になると重症化しやすい特徴があります。

また野生下では捕食される側であるため、不調を本能的に隠す早期発見が難しい動物なんです。

温度管理をしっかり行い、清潔な飼育環境を維持する事により、病気を予防しましょう。またストレスになるような事は避け、出来るだけ快適に過ごせる環境を提供してあげます。

万が一脱毛や下痢、異常行動といった病気を疑う症状があれば、早急に病院を受診しましょう。

マンション・アパートで飼いやすいペット“ハムスター”の飼育方法⑤:注意点

ハムスター

・ハムスターは縄張り意識が強く、野生化では広大なテリトリーに単独で棲息しています。そのため多頭飼育すると同種であっても殺し合いをしてしまうので、絶対に単独で飼育しましょう。

・ハムスターは些細な不調が即命取りになる事があります。少しでも早く不調を見付けるためにも、日々健康チェックを行いましょう。

・ペットとして人気のハムスターですが、犬や猫と比べると受診可能な動物病院は少ないのが現状です。不調が現れてから病院を探すと間に合わない恐れがあるので、早めに病院探しは行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?

手のひらサイズのフワフワの体で癒しをくれるハムスターですが、小さいが故にデリケートで、間違えた飼育方法ではすぐに病気になってしまう恐れが。

しかし、快適でストレスの少ない環境下では平均寿命よりも長生きしてくれる事もあるので、正しい飼育方法で飼ってあげて下さいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事