暮らし

沖縄の迷信あれこれ!根拠はないけど面白い言い伝え8選!

沖縄のビーチとシーサー

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

世界中の様々な地域にある迷信。

「猫が顔を洗うと雨が降る」や「雷様がオヘソを取りに来る」など、根拠は無いけど面白い言い伝えが沢山あります。多くは科学的根拠がありませんが、中には暮らしにまつわる理にかなった迷信もあるんです。

そんな中でも今回、沖縄県に伝わる「根拠はないけど面白い迷信」をご紹介します。

沖縄の迷信①:豚小屋で驚いてはいけない。必ず魂が抜ける。

豚

沖縄料理は豚肉無しでは成り立たない程、県民の食文化に定着しています。

そんな県民に愛される豚ですが、豚小屋にまつわる迷信がいくつかあります。

「豚小屋で驚いてはいけない。必ず魂が抜ける。」の他にも、

・豚小屋にツバを吐いてはいけない。貧乏神に憑りつかれる

・豚小屋に落ちてはいけない。一寸法師か石男・石女になる。

・夜道で化け物を見たり驚いた際は、豚小屋に行って豚を殴り鳴かさなければならない。

などがあります。

それにしても最後の豚を殴る迷信に関しては、少々豚に同情してしましまいますよね。

沖縄の迷信②:ヤーヌヌーシ(家主)の生まれ年に建築してはならない

大工さん

沖縄では家主の生まれ年にお家を建てると、不幸が訪れると言われています。

特に世帯主の生まれ年は避けた方が良いとされ、設計士にその様なアドバイスを受ける場合も。

しかし厄年や生まれ年を避けると、建築が10年後になる事もあるそうです。

その他にも

・三隣亡(さんりんぼう)に家を建築してはいけない。

・新築の時に、角のある動物を料理してはいけない。

といった建築にまつわる迷信があります。

沖縄の迷信③:妊婦がタコを食べると、指が5本以上ある子どもが産まれる

タコのイラスト

タコに関する迷信は、沖縄県以外でも

・妊婦がタコ・イカを食べると流産する

・妊婦がタコを食べると、イボがある子どもが産まれる

・妊婦がタコ・イカといった軟体動物を食べると、体のグニャグニャした子どもが産まれる

といった迷信があります。

しかしどれも科学的根拠はなく、むしろタコは妊婦さんにおススメの魚介類なんです。

タコは水銀の含有量が少なく、妊娠中でも安心して食べられますよ。

沖縄の迷信④:キジムナーと漁に出ると、たちどころに舟が魚であふれる

キジムナーのイラスト

キジムナーとは、沖縄諸島周辺に伝承されている妖怪で、ガジュマルの木の妖精とされています。

体中が真っ赤、あるいは赤髪の子と伝えられ、人間と共存するご近所さん的な存在の妖怪です。

そんなキジムナーですが、魚介類を主食とし、特に魚の目玉(左目)が大好物なんだそうです。自ら海へ潜って漁をする事もあれば、人間の舟に乗り込んで漁を手伝う事も。その為キジムナーと漁にでると魚が大量にとれますが、全ての魚は好物の目玉が無い状態なのだそうです。

また基本的には友好的で人間と敵対する事はありませんが、住処であるガジュマルを切る、キジムナーを裏切るなど、ひとたび恨みをかうと徹底的に祟られます。

舟を沈められて溺死させられる事や、目玉をくり貫かれるといった恐ろしい言い伝えも。

キジムナーと出会った際は、嫌われない様にしたいものです。

沖縄の迷信⑤驚くとマブイ(魂)が落ちる

魂が抜けるイラスト

沖縄では事故にあった際や驚いた際に、マブイ(魂)が体から抜けて落ちてしまうという言い伝えがあります。

現在でも一般的に言われており、驚いた場所・事故にあった場所で魂を体に戻さなければなりません。

マブイ(魂)が体から抜けると、不幸が訪れる事や病気になる事があると言われており、早急に体に戻さなければならないのです(これを「マブイグムイ」と言います)。

またマブイ(魂)を体に戻しても悪い状況が続く場合は、ユタ(沖縄のシャーマン)に依頼して正式な「マブイグムイ」をしてもらう必要があります。

沖縄の迷信⑥:猫の交尾を見てはならない。ハゲ頭になる

寝てる猫

猫に関する迷信は世界各地にあります。

・黒猫が目の前を横切ると不幸が訪れる

・猫が顔を洗うと雨が降る

・玄関に猫がいると、縁起が悪い

・猫の尻尾でまぶたを擦ると、ものもらいが治る

といった、天候・運・健康に関する猫の迷信が様々。

どれも科学的根拠はないので、愛猫家の皆さんは安心して下さい。

沖縄の迷信⑦:「チョーチカ、チョーチカ、チョーチカ」と三回唱えると地震が収まる

地震のイラスト

どこかで大きな地震がおこると、「チョーチカ、チョーチカ、チョーチカ」と三回唱えると地震が収まるという、古くから伝わる沖縄のおまじないです。

しかし場所によっては「シカ、シカ、シカ」や「チョウチカチカ、チョウチカ、チョウチカ」など、言葉にも若干差があります。

ちなみに「チョーチカ」とは方言で、沖縄県浦添市にある経塚(きょうづか)という地名の事をいい、経塚に伝わる古い民話が元になったおまじないのようです。

沖縄の迷信⑧:デイゴの花が見事に咲けば咲くほど、台風の当たり年になる

デイゴの花

沖縄県の県花であるデイゴ。

春から初夏にかけて咲かせる鮮やかな真っ赤な花が特徴的で、昔から「デイゴが見事に咲いた年は台風の当たり年になる」と言われています。

また「赤とんぼが低空飛行すると台風が来る」とも言われており、科学的根拠はありませんが意外と当たる事も多いんです。

まとめ

いかがでしたか?

沖縄のみならず世界中にある迷信。科学的根拠がないものから、先人の知恵がつまった言い伝えまで様々です。

中には嘘のような本当の話もあるので、気になる方は是非調べてみて下さいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事