住まいのノウハウ

流れを把握すれば、不動産売却がスムーズに!

不動産売却 流れ はてな

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

前回のコラムでは、不動産売却を決めたら事前に知っておきたいポイントをご紹介しました。

では、実際の売却ではどのような流れで販売活動、引き渡しが行われるのでしょうか。

今回は、一般的な不動産売却における流れをご紹介します。

相続などで譲り受けた不動産、事前に流れを把握しておけば、不安なく売却に踏み切れますね!

不動産売却 流れ どうぞ!

不動産売却の流れ1.相場の把握

不動産(マイホーム)売却を決めたら、物件相場を調べましょう。

自分の家がいくらぐらいで売れるのか、ある程度のイメージを持つことが重要です。

国土交通省が公表している「地価公示」や「都道府県地価調査」で地価を調べたり、自宅ポストに投函される近隣の不動産広告から周辺の物件がどのくらいの価格で売り出されているのかを見れば、大まかな相場を把握することが出来ます。

不動産売却の流れ2.不動産会社を選定して査定依頼を

各不動産会社では、販売実績や取引事例のデータを蓄積しています。

次のステップでは、それらをもとにプロの目で物件を査定し、価格を出してもらいます。

複数社に査定を依頼することで査定価格について複数の意見を聞くことが出来るうえ、併せて信頼できる不動産会社選びも行えます。

不動産売却の流れ3.媒介契約を結ぶ

不動産会社に売買の仲介を依頼する場合、「媒介契約」を結びます。

媒介契約には「専属選任媒介契約」「選任媒介契約」「一般媒介契約」と3種類あるため、それぞれの特徴を把握したうえで、自分に適した媒介契約を選びます。

解体の窓口

不動産売却の流れ4.売り出し

査定価格や市場動向を踏まえて売り出し価格を決めたら、いよいよ不動産会社が販売活動を開始します。

地域に物件情報を掲載した不動産広告を配布したり、インターネットの不動産サイトに情報を登録するなどして売却を目指します。

不動産売却の流れ5.交渉

購入希望者と価格や条件面での交渉をします。

譲れる点と譲れない点を明確にしておき、場合によっては値引きをするなど、柔軟に対応しましょう。

不動産売却の流れ6.物件情報の開示

売買締結後のトラブルを防ぐために、物件の不具合や欠陥がある場合は正直に伝えます。

また、買主におこなう「重要事項説明」のために、不動産会社が物件調査を行う場合は協力しましょう。

不動産売却の流れ7.売買契約を結ぶ

売主と買主双方が売買条件に合意したら、売買契約を結びます。

この時、物件価格の1、2割程度の手付金を買主側から受け取ります。

売却バナー

不動産売却の流れ8.不動産引き渡し

引き渡しの手続きでは、売買代金を受けとるのと同時に登記申請を行います。

引き渡し日が決まったら、当日までに引っ越しを済ませておく、ローンの解約や抵当権の抹消など準備が必要です。

引き渡しの際には買主が物件の状況を最終確認し、晴れて引き渡しとなります。

おわりに

不動産売却とその流れをご紹介しました。

住み替えをご検討されるなら、まずはご自宅を無料査定しませんか

無料で最大6社まで、不動産会社にまとめて査定依頼することができます。

不動産売却にも「いえらぶ」をご利用ください。

買取バナー

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事