インタビュー

お得なお部屋探しを徹底的にサポートするユアルーム様

ユアルーム 高橋社長

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

目次

秋葉原と日暮里の2ヶ所で店舗を構え、お得な賃貸物件情報の公開に力をいれるユアルーム様。
今回は、こちらの高橋社長にお話を伺いました。

ユアルーム 高橋社長

秋葉原と日暮里で開店を決めた理由

―ユアルーム様は秋葉原や日暮里を中心としていますが、サイトを拝見すると関東地方全ての物件がございますよね。

高橋社長(以下:高橋):そうですね。数は多くないですが、北関東の栃木・茨城・群馬の物件でも取り扱ってますね。基本的には各駅・エリアで一番安い物件を優先的にネット掲載しています。それを各駅・エリアでピックアップしている為、低価格の物件を超広域で提供する今の形に至りました。

―御社は元々本店が秋葉原にあって、その後日暮里店も出されていますが、このエリアを選ばれた理由をお聞かせください。

高橋:前提として、世の中の状況的に安い部屋のニーズは年々増えています。それ自体はごく当たり前のことですが、出店当時、そのニーズに対応できる不動産屋はかなり少なかったと思います。昔から不動産業者というのは地域密着が王道ですからね。
今でこそスマホやPCで部屋を検索することが当たり前ですが、それもここ15年程度の常識です。

たとえば駅・エリアはこだわらないけれど、新宿まで1時間以内で行ける範囲内で1番家賃が安い物件を探したい。かつ初期費用や物件も比較したいので数十件提案してもらいたい。これを実際に探してみるとバラバラの場所で物件が出ます。

このようなお客様にこれまでの地域密着型の営業手法では対応がしにくく、そこに必ず市場あると思い起業に至りました。

超広域で物件を取り扱うということは当然、複数路線が交差するターミナル駅に店舗を構える必要が出てきます。そこでライバル他社と商圏のバランスを考えた結果、秋葉原を1店舗目に決定しました。

2店舗はターミナルという条件と、秋葉原店との距離感のバランスが合致したため日暮里ということになりました。

今後出店することがあれば、次は大宮や横浜・西船橋など、東京都心に近い地方都市が良いのではないかと考えています。

10年前と比べて変わったと感じること

―高橋社長から見て、このエリアの家賃相場は変わりましたか?

高橋:このエリアだけでなく、世の中全体的に安くなったと感じています。私は10年くらい不動産業をやっているのですが、当時の相場から見ると15%ほど安くなっていますね。
私が初めて勤務した不動産会社は目白駅でしたが、目白駅の築浅・20㎡程度のバス・トイレ別の物件といえば8万円以上しましたが、今は6万円台でありますからね。

―オーナーさんと交渉するにあたり、以前と比べて変化などはあるのでしょうか?

高橋:間違いなく家賃交渉はしにくくなったなと思いますね。
私が新人だったころは、値下げベースの家賃設定だったと思います。
よくオーナー様に『いい人だったら2~3千円下げちゃっていいからね』と言われつつ、募集開始したのを覚えています。
しかし、当時から比較すると物件が古くなり価値が下がったことに加え、前途した通り相場自体が下がっているということもあり、既に賃料設定は相当安い状態です。
オーナー様サイドから見れば、今入居している全世帯の平均賃料で募集したいのが本音です。
(現在入居中の部屋の平均値なので、4年くらい前の感覚がオーナー様の平均賃料)

それが空室を埋めるために渋々、今の価格設定になっています。つまりオーナー様としては不本意な賃料での募集ということになります。
このような背景もあり、当時は交渉というよりただの値引きという感覚でしたが、今は本当の意味で交渉になるので、やはり違うと思いますね。

―御社の場合、金額がお得な物件を探されている方向けでご紹介されていますよね。となると、初期費用の調整など結構頑張ることも多いのでしょうか?

高橋:おっしゃる通りです。
まず弊社のコンセプトとしては、『各駅・エリアの賃料が安い物件を扱う』ということ。そうなってくると、7~8割のお客様は初期費用も抑えたいという条件がセットになってきます。
そこで双方にご満足頂けるよう、調整・すり合わせし、何とかやっているといった感じです。

目指すは『お部屋探しのまとめサイト』

―最近、手数料を抑えたりする会社さんが増えているものの、広告料が何ヶ月分などと明記する不動産会社さんはまだ多くありません。そんな中、御社のサイトでは、初期費用が安くなるテクニックなど全て公開されていますよね。

高橋:そうですね、それは私がブログにして公開しています。
お客様の疑問や不安を早い段階で解決したいという考えからです。
あと単純に、隠すより全部情報を出しちゃった方が利用しようって思いますよね(笑)

これは部屋探しに限りませんが、初めて何かをする、もしくは買う場合、イメージは先行しますが、実際の細かいところはわからないところからスタートします。

例えばですけど
最初にいくら必要なのか?
沢山の中から好きな物件を選ぶにはどうしたらいいのか?
決めてから実際に入居するまでどの程度のスケジュール感なのか?
そもそもどこのエリアが自分のライフスタイルに合っているのか?などなど

イメージが具体化するほど不安や疑問が案外出てくるはずです。
まず多くの人が疑問に思うであろうことをブログで理解してもらう。そのまま同じサイトで安い物件を検索できる。そのような形の『お部屋探しのまとめサイト』にしたいと考えています。

特にお部屋探し初心者の方にご利用いただければと思います。
初めての部屋探しでもスムーズにお部屋を見つけて頂き、入居後までご満足いただけることが不動産業者としての理想かとも思います。

ユアルーム 高橋社長

集客の軸について

―御社へお部屋探しでお越しになるお客様は、どういったきっかけでいらっしゃる方が多いのでしょうか?

高橋:軸はやはりポータルサイトになります。私もこれまで3社の不動産会社に在籍して、4社目が今の会社なのですが、過去の3社とも軸はHOME'S等のポータルサイトでした。

あとは、自社ホームページのブログなどでも10件ほど反響があるので、割合としては7割位がポータルサイト・ご紹介15%・自社ホームページ5%・飛び込み5%・SNS少しという感じでしょうか。

ちょうど今、路面店への移転が決定したので飛び込みのお客様は増える見込みです。
自社ホームページにも注力しているので、今後このバランスは変わると思います。

ユーザーの変化

―先程、昔と変わった点として家賃相場を挙げていただきましたが、他に変わったと感じることはございますか?

先程の来店理由の話と関係するのですが、LINE流入も少しずつ増え始めているんですよ。
HOME'Sさんと自社ホームページにLINE窓口を設置していることや、最初にInstagramでメッセージが来て、LINEを交換してやり取りをするケースもあります。この方法は、まだ問い合わせ全体の5%に届かないのですが、月に1~2本は成約になります。このような新しい入口も今後増えていくだろうと思いますし、柔軟に対応していくつもりです。

いえらぶCLOUD導入のきっかけと、今後望む改善点

―ユアルーム様が、いえらぶCLOUDを導入していただいたきっかけは何でしょうか?

高橋:過去に在籍していた不動産会社さんが、軒並みいえらぶさんを利用していたからですね。
本当はCLOUDのコストはもう少し安くしたかったのです。
ただ、最終的には自社ホームページのことを考えて、いえらぶさんかなと。

あとは対応が柔軟だという点ですね。例えば「チェックボックスが欲しいな」とお願いしたら、翌日には付いているなど、そういう点です。
他にも、物件情報を打ち込みながらも「ここをこうして欲しい」とお話したら、すぐ対応していただけたり。そういう意味ではすごく柔軟だと思いますね。

―ありがとうございます。
現在基本的にお使いいただいている機能は、連動やホームページですよね。
既に仰って頂いていますが、ホームページの反響のところをもっと強化するということと、他に「ここをこうして欲しい」というご要望はございますか?

高橋:スマートフォンでブログを閲覧できるようにしてほしい点です。それに関しては、あのブログをまとめサイトのコンセプト軸としてリニューアルしているので、ぜひ対応していただきたいですね。
以前いえらぶさんの別の方にお話した時は、スマートフォンでブログを閲覧することはシステムの関係上、難しいと言われたのですが、そこはどうにか対応していただきたいなと思っているのでぜひ宜しくお願いします。

本当に安いお部屋探しができる表現を目指す

―では最後に、御社の今後の目標や展望などをお聞かせください。

高橋:私が昔から思っているのは、初期費用が安い賃貸物件はネットでは探せないということです。
初期費用を安くする方法というのは、まず敷金礼金。その後に仲介手数料やフリーレント・オーナーさんからのバック分などの重ね合わせがありますよね。それらを全部ひっくるめて、本当に1番安いお部屋というのはネットでは探せないんですよ。
そのため弊社としては、初期費用の安さにニーズを感じているので、そこを上手く表現していかないといけないなと。

―確かにニーズはありそうですね。敷金礼金だけでなく、仲介手数料やその裏にあるお金の存在にまだ気づいていないというか。
全てが透明化される時代が来たら、寧ろとても強そうですね。

高橋:そうなってほしいですね。まぁそれは壮大な話なので、まずは自社ホームページで表現していければと思います。

ユアルーム 高橋社長

―本日はありがとうございました。
本当に安いお部屋探しのニーズに応えるべく、プロならではの情報を公開したり、オーナーさんとの交渉に臨む高橋社長。
今後も格安賃貸物件を探す多くのお客様のご要望を叶えられるよう、ご活躍を祈念しています。

【記事中でご紹介した『お部屋探しのまとめサイト』はこちら】
http://www.your-room.tokyo/

いえらぶでは、取材にご協力頂ける不動産会社様を募集しています。

▼お問合わせはこちら
※「不動産インタビューに出演したい」にチェックをお入れください

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事