住まいのノウハウ

一人暮らしの方必見!ロフト付き賃貸住宅の活用法とは?

ロフト・屋根裏部屋

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

初めての一人暮らしだと、どんなお部屋を借りるのか迷ってしまいますよね。間取りの広さや設備・条件の充実度などこだわれる部分は、無限大です。折角なら、理想通りのお部屋に住みたいですよね。

そんな中で、秘密基地のような気分が味わえる「ロフト付き賃貸住宅」に憧れを持つ人も多いのではないでしょうか。

今回は、ロフト付き賃貸住宅に憧れる人向けに、ロフトを有効に利用する活用法について紹介致します。

ロフトの画像

一人暮らしのロフト活用法①:おしゃれな収納スペースにする。

ロフトの良さの1つは、人の目線より高い位置に空間があること。

片付けが苦手だと言う人も、普段使わないものをロフトにおいておけば、室内がすっきりしますね。

とはいえ、乱雑に置いてしまっては、折角のロフトが勿体ないです。カラーボックスやインテリアなどを活用して、ロフトを自分好みに飾ってみましょう。

一人暮らしのロフト活用法②:寝室にする。

ロフトの使い方として特におすすめなのが、「寝室」として活用すること。

寝室を人にあまり見られたくないという人にはうってつけですね。また、お休みの日に急な来客があっても、片付けに慌てることもありません。ただ、夏や冬といったシーズンには暑さ・寒さ対策が必要となるため、注意しましょう。本格的な寝室として使うのではなく、気分転換のためのお昼寝スペースとして使っても良さそうですね。

一人暮らしのロフト活用法③:自分の趣味スペースにしてしまう

漫画やDVDなどついつい好きな作品をまとめ買いしてしまったものの、置き場所に悩むという人は、ぜひロフトを活用して自分の趣味スペースを作ってみましょう。

本棚やラックに漫画やDVDを収納し、ミニテレビやくつろぐためのログやクッションなどを用意してしまえば、趣味に没頭できる趣味スペースの出来上がりです。

360度趣味のものに囲まれたら、それだけでテンション上がってしまいますね。

勿論、漫画やDVDだけでなく、自分自身の趣味に合わせてあなただけの趣味スペースを作ってみて下さい。

いろいろな活用法のあるロフト付き賃貸住宅。これから一人暮らしを考えている人は、ぜひロフト付き賃貸住宅も候補に入れてみて下さいね。そしてロフト付き賃貸住宅に引っ越したら、自分自身のライフスタイルや好みに合わせてカスタマイズし、オリジナルのロフト空間を楽しんでいきましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事