住まいのノウハウ

梅雨が終われば、夏到来!今から知っておきたいエアコンの節約方法

うちわで仰いでいる人

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

6月に入り、続々と梅雨入りするところも増えてきたのではないでしょうか。じめじめと湿気が高い梅雨時期ですが、そんな梅雨が終わればいよいよ夏がやってきます!今年の夏季休暇は何処に行こうか、と早くも考え始めているご家庭も多いはず。

しかし、夏と言えば楽しい事ばかりではありません。ちょうど夏休みの期間中に人々を悩ませるある問題があります。

それが、”電気代”。

夏の暑い気温に耐えられずについついつけてしまうエアコンや扇風機によって、電気代が一気に跳ね上がってしまった、なんて経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

特にお子さんのいるご家庭などは、夏休みになると普段学校にいる子どもたちが常にお家にいる状態になりますから、ますますこうした電気代がかかってしまいますよね。

しかし、「エアコンを使わないで我慢する」というのは、健康に悪影響を及ぼす場合もあります。特に最近では、熱中症による「死亡事故」などもニュースで取りざたされるようになってきました。小さい子供や高齢の方などは、特に重度の熱中症になりやすいため、猛暑日などは使わざるを得ない、というのが現状です。

「エアコンは使いたい。でも、電気代は節約したい」そんなアナタのために、今回はエアコンの節約方法についてご紹介します!

エアコンの画像

夏のエアコン節約方法①  夏の節電方法間違ってない?こまめにスイッチを消すのは、NG。

有名な節電方法に、「こまめにスイッチを消す」というものがあります。確かにある程度冷えたら、スイッチを消した方が電気代もかからなくなりそうですよね。でも、実際は逆効果って知っていましたか?

エアコンは、室内の温度を早く下げるために、スイッチを入れた直後に一番電力を使います。スイッチを入れて最初の1時間と2、3時間後の電気代を比較すると、なんと!約30円の差が生まれます。勿論、長時間外出する場合はスイッチを消した方がいいものの、短時間の間にこまめに消すのは、かえって電気代を高くしてしまいます。

夏のエアコン節約方法②  夏のエアコンは自動運転にすべし!

電気代を少しでも節約しようと、エアコンを弱運転にしがちですが、実は「自動運転」の方が安くなるんです!というのも、自動運転にすると設定した温度に達し次第、温度や風量の調整を自動でしてくれます。エアコンが自分で節電してくれるので、手間がかからないのが嬉しいですよね。節電の為に弱運転にしていた…!という方は、ぜひ自動運転を活用してみて下さい。

夏のエアコン節約方法③ フィルターを掃除しよう!

意外に見落としがちなのが、エアコンのフィルターのお掃除です。ついつい後回しにしがちですが、フィルターを掃除するだけでも、風の通りがよくなって電気代を浮かせることが出来ます。また、フィルターを埃だらけのままにしていると、埃まみれのフィルターを通した風を浴びる事になり、健康にも良くありません。節電と健康のためにも、夏が来る前に一度フィルターのお掃除をしてみてはいかがでしょうか。

楽しい夏を涼しく、快適に過ごすために必要なエアコン。そんなエアコンを賢く使って電気代を大幅に節約しましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事