住まいのノウハウ

大学生の一人暮らし 間取りと収納の不思議な関係

一人暮らしの部屋

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

今春から高校を卒業し、大学生になった人の中には、親元を離れ遠く県外の大学に進学した、という方も多いのではないでしょうか。

初めての環境、初めての一人暮らし、ということで不安とワクワクが入り混じっていることでしょう。

今回はそんな一人暮らしをしている大学生の方に向けて、収納をコツや収納スペースの確保、間取りの活用の仕方をご紹介いたします。

大学生の一人暮らしに多い間取り

大学生の一人暮らしのお部屋に最も多い間取りといえば、ワンルーム、もしくは1Kでしょう。

平米にすると約15㎡~20㎡が平均的な広さになります。

一人暮らしの部屋

1ルームと1Kの違いは?

1ルームと1Kどちらも名前は聞いたことはあるが、何が違うの?と疑問に思ったこともあるかもしれません。

1ルームと1Kの違いは基本的に「キッチンとお部屋が仕切りで区切られているかどうか」です。

正確に言うと、「バス・トイレ以外がすべて一つの部屋にあるのか、区切られているのか」ということになります。

狭い方が広くなる?一人暮らしのお部屋の広さ

大学生にもなると友達と遊ぶ機会もこれまでより多くなりますし、一人暮らしともなれば、お部屋に友達を呼んで遊ぶ、というのは自然な流れでしょう。

そのことも考えるとやはり、お部屋は広く、間取りも多いに越したことはありません。

しかし、だからといって広い部屋を選んでも結果的にお部屋を狭く使ってしまっているという場合もあります。

お部屋を広く使うためにカギになるのは「収納の充実度」です。

収納が充実していなければ、収納の為の棚であったり、収納BOXを用意して設置しなければならなくなります。

お部屋に多少の余裕があっても、結局収納に場所を取られてしまい、思っていたより広くない、という事態になってしまうのです。

逆にお部屋が少し狭いかなと感じられるようなお部屋でも、収納が充実していれば、荷物もそこに収納することができ、収納の為に無駄なスペースを使うことがなくなります。

そうすると結果的には、たとえ15㎡程度でも広くお部屋を使うことも可能なのです。

大学生の一人暮らし。「収納が少なくてもお部屋を広くする方法」

そんなことを言っても、収納が少ない家に既に住んでしまっているという大学生の方もいらっしゃるかと思います。

でも大丈夫です。

工夫次第でスペースの節約・確保はできます。

例えば何かと応用がきく、「突っ張り棒」。

一人暮らしの際には必ずと言っていいほど重宝するものですが、例えばクローゼットに元からついている突っ張り棒を外し、上と下で2段に分ければ、2倍の洋服をクローゼットに掛けることができます。

また、間取りによっては、突っ張り棒やネット等を使って、収納スペースを生み出すことも可能です。

他にもソファは下が空洞になっていて収納が可能な収納付きソファを選ぶなど、なるべく無駄なスペースを取らないようにする工夫は沢山あります。

まとめ

いかがでしたか。

間取りがワンルームや1Kでも、収納の工夫次第では広く、快適に過ごすことができますよ。
これから一人暮らしを始める大学生のみなさん、ぜひ収納を工夫してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事