暮らし

団地をリフォーム!ここまでできるdiy

DIY

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

最近、生活環境に必要最低限以外の物を置かないミニマム生活など、無駄な物に出費を掛けないという生活スタイルを取る人が増えてきています。

そんな中で、diyもそのような生活スタイルのカテゴリーの中に入るのではないでしょうか。

市販で売っている家具や生活用品をそのまま買うのではなく、材料だけ買って自分で作る。

無駄な出費はかけずに自分で自分の必要なものを作り出す。

今回は、そんな可能性とクリエイティビティにあふれたdiyに関して紹介したいと思います。

DIY

diyとは

diyはDo It Yourselfのそれぞれの頭文字をとってつけられた名前であり、文字通り「自分でやる」ということです。

例えば生活するうえで必要な椅子を、木の材料などを買って自分で作っていくことなどを指します。

最近ではDIYをするのが趣味という方も増えて様々なハウツー、ノウハウ等の情報がネットや書店で溢れています。

団地をdiyでリフォーム?

団地

以前テレビで流れていたのですが、団地を借りてそのお部屋全体をdiyすることによってリフォームを行っている方もいるようです。

団地に住む事を最近ではあまりイメージしなくなったかもしれませんが、実は団地はできるだけお金をかけずに、自分の思い描く生活を実現する事ができる生活環境になっているのです。

その理由として、団地では「原状回復義務の免除」がされているところが多く、例え賃貸でも自分の好きなようにリフォームをしても原状回復費等を取られる心配がないのです。

その為、キッチンなども自分の思い通りにリフォームする事ができるのです。

団地セルフリフォームのいいところ

団地をdiyしてリフォームすることをセルフリフォームとも呼びます。

では、団地をdiyすることでどのようないいことがあるのでしょうか。

1.自分の好きなように住まい環境を整えることができる。

団地は築年月がかなり経っているものが多く、設備等も比較的少ないため、逆にたくさんのことを自分の好きなようにリフォームすることができます。

2.お家の事が好きになる、愛着がわく

やはり自分で好きなように作ったお家ともなれば、愛着がわかずにはいられません。手間をかけてdiyした分、お家の見た目や実用性は良くなり、自分のお家を好きになります。

3.家のこと・モノづくりに関して詳しくなる

団地のdiyをするために家の構造、間取りの構造、家の材質やdiyの材料の材質を知らなければならない為、もともと知らないという方は家に関してやdiyに関して沢山の知識を得ることができます。

それが暮らしの知恵にもつながり、充実した実りある生活を送ることにも繋がります。

おわりに

団地のセルフリフォームを通して自分で物を作る喜び、diyをする楽しさをぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

団地に住まれている方の中には、実際にリフォームしている様子をブログなどにアップしている方も多くいるようです。

そういった方のブログを参考にするのも良いかもしれませんね!

3月に引っ越したばかりの筆者もさっそく本棚をdiyしてみたいと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事