住まいのノウハウ

【騒音対策】道路沿いの賃貸物件、騒音対策はどうしたらいい?

騒音に耳を塞ぐ女性

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

都心や地方に限らず、線路沿いや交通量の多い幹線道路沿いなど騒音の多い場所に建つ賃貸アパートやマンションというのは結構多く、そうした賃貸物件に住む方も多くいらっしゃいます。

線路沿いや幹線道路沿いというと、朝早くから夜遅くまで電車や車の通る音がひっきりなしに聞こえ、時には会話やテレビの音すらかき消してしまうほどの騒音にお悩みの方も少なくありません。

もちろん、中にはそうした騒音がすることを承知の上で契約された方もいらっしゃいますが、予想以上の騒音に「これほどひどいとは思わなかった…」と思うこともあるはず。

今回は、そんな悩める線路沿いや幹線道路沿いの賃貸物件に住んだ場合の騒音対策についてのお話です。

電車の騒音対策はどうすれば良い?

線路と線路沿いの賃貸アパート

とある線路沿いの賃貸マンションで暮らすAさん。

入居当初は日勤の仕事が多く、家で過ごす時間も短かったため、線路沿いで電車の音が聞こえてもあまり気にすることはありませんでした。

ところが3ヶ月ほど前から勤務体系が変わり、日勤から夜勤がメインとなったAさんは、日中に寝て夜仕事をするという昼夜逆転生活を送ることに。

そしてその時に初めて、自宅近くを通る電車の走行音がとても気になるようになり、眠ろうにも眠れずだんだんストレスが溜まるようになってしまったAさん。

このままでは仕事にも支障が出かねないため、どうにか騒音を軽減できないかと考えているAさんに有効的な騒音対策はあるのでしょうか?

線路沿いの賃貸物件では、防音カーテンや二重窓で外音をシャットアウト!

防音カーテンを取り付けた部屋

Aさんのように、線路沿いや幹線道路沿いの賃貸アパートやマンションにお住まいの場合、多くの物件はベランダが線路や道路向きに設計されているでしょう。

そのため、走行中の電車や車の騒音が一番入りやすいのもこのベランダの窓なので、ここを二重窓にするだけでも外からの騒音をいくらか軽減することができます。

ただし、普通の窓を二重窓にするのは工事が必要で、取り付けをご希望の際は事前に大家さんや管理会社へ設置しても良いかどうか確認しなくてはいけません。

「工事も事前確認も面倒だから、それ以外で防音対策をしたい」という方には、防音カーテンがおすすめ!

防音カーテンは通常のカーテンより厚手に作られているので、思ったより騒音を遮断してくれます。

また、遮熱や遮光機能も備えているカーテンも多いので、同時に家具や室内の日焼けを防いだり、夜間に電気を点けても室内の様子が外から透けて見える心配もありません。

カーテンの設置なら大家さんや管理会社へ確認をする必要もないですし、買って取り付けるだけで大がかりな工事も不要なので、女性だけでも簡単にできる防音対策です。

さらに防音効果のあるレースカーテンとセットで取り着けると、カーテンだけの場合より騒音の遮断率が上がりますよ。

普段の生活で出てしまう音の賃貸物件での騒音対策は?

防音対策用ジョイントマット

ところで集合住宅に住む以上、どれだけ気を付けていてもやはり100%生活音を出さないようにするのは不可能です。

特にペットを飼っている方や、小さいお子さんがいるファミリーの方の場合、ペットやお子さんが走り回る音でお隣や階下のお部屋にご迷惑をかけていないかと心配される方も多いですよね。

それ以外にも、玄関や室内のドアの開閉音・電話中やご家族と会話時の声量やテレビの音・楽器音・室内を歩くときの足音など、人によって不快に感じる生活音は多々あります。

中でも一番ご本人が気づきにくいのがいびきで、ベッドを壁ピッタリに寄せて寝ている場合、いびきが壁伝いにお隣さんへ響いてしまうのです。

こうした室内で発生しやすい生活音を極力小さくし、近隣のお部屋にご迷惑をかけないようにするためには、床に厚手のカーペットやジョイントマットを敷いたり、壁には防音シートを貼りつけるといった対策がおすすめ。

また防音シートの代わりに背の高い棚などを取り付けることも、壁からの音漏れ軽減に効果的です。

そして寝室の壁とベッドの間には隙間を作り、いびきをかいてしまってもお隣さんの睡眠を妨げないように配慮しましょう。

楽器演奏をされる方やテレビを深夜まで見る方は、ヘッドフォンをすると外部への音漏れの心配がなく、楽器演奏や好きなテレビ番組の視聴を楽しむことができますよ。

解体の窓口

賃貸物件で上の階からの騒音対策は?

ここまでは、電車や車の騒音やご自身が外部へ騒音を出さないようにするためのアイディアをご紹介してきましたが、今度は『上の階からの騒音対策』について考えてみましょう。

お隣さんの場合は、先述のような防音シートや背の高い家具の設置をすることで音の伝わりを軽減することができますが、天井を通して伝わる上の階からの騒音は意外と対策がしにくいもの。

そこでおすすめの方法が、天井用の防音シートや吸音ボードを取り付けることです。

あまり重いものを設置すると落下の危険性がありますので、天井に騒音対策グッズを設置する場合は、落下の危険性がない素材のものを取りつけましょう。

おわりに

車や電車の騒音は、お部屋によってはどうしても避けられない場合もありますが、こうした対策を施すことで音に対するストレスも軽減し、快適な生活を送ることができるようになります。

いえらぶ不動産相談では、賃貸物件の騒音対策に関するお悩みについてもお答えしますので、騒音でお困りの方はぜひご相談下さい。

いえらぶ不動産相談
住まいに関する悩みやトラブルを解決するサイト「不動産相談」

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事