暮らし

太宰治にもゆかりのある土地、青森

太宰治 青森

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

青森出身の文豪太宰治は、来年が生誕110周年になります。

これを記念して、現在青森では太宰治と青森県の魅力を積極的に発信して行こうとイベントやバスツアーなどを開催しています。

青森県五所川原市金木町にある太宰治記念館「斜陽館」では太宰の代表作「人間失格」の初版本の表紙をデザインした「人間失格ノート」と「人間失格クリアファイル」が発売され、特に中国や韓国などアジア圏からの外国人観光客に好評とのこと。

ノートのページ下には「人間失格」の代表的な一文である「恥の多い生涯を送ってきました。」が記されており、ページをめくるたびなんだかセンチメンタルな気分になりそうです・・・。

他にも、津軽鉄道では太宰をはじめとする文豪が登場する人気アニメとコラボレーションして、「人間失格号」を運行。

車体にはアニメのキャラクター「太宰治」が描かれたヘッドマークをつけ、車内にはアニメ場面のポスターや等身大のイラストなどが飾られています。

また、車内では太宰ゆかりの観光スポットやコラボ商品なども紹介しています。

11月は3日~13日、12月は3日~11日も運行予定です。

そんな太宰治ゆかりの青森県を旅して、もっと知ってみたくありませんか?

今回は太宰が暮らした地をご紹介したいと思います。

太宰治 青森

太宰治ゆかりの地・青森

太宰生誕の地五所川原市

太宰治は青森県北津軽郡金木村(現在の五所川原市)に大地主の六男として生まれました。

幼少期を過ごした太宰の生家は「太宰治記念館・斜陽館」として保存されており、現在も館内では太宰の遺品や原稿などの貴重な資料を展示しています。

太宰の生家から車で5分程の場所にある芦野公園は幼い太宰がよく遊んだ公園で、園内には「太宰治文学碑」も。

毎年6月19日にはここで太宰治生誕祭が行われます。

2,200本の桜と1,800本の松が湖畔に植えられており、日本の桜の名所100選にも選ばれている公園です。

現在は喫茶店として利用されている津軽鉄道芦野公園駅の旧駅舎は、太宰の作品「津軽」に登場するため今も多くのファンが訪れています。

青森 りんご

太宰治が中学時代を過ごした青森市

太宰が本格的に執筆活動を始めた中学時代。

14歳から合浦公園の裏にある旧制青森中学校に通いましたが、校舎は空襲で焼け、現在は石碑が残るだけとなっています。

そんな太宰の文学への目醒めを促したであろう青森市は、県の中央部に位置し、現在人口約284,000人が暮らす中核市です。

また本州と北海道を繋ぐ路線の結節点のため交通・物流の要衝として発展しています。

夏には日本を代表する火祭り「青森ねぶた祭り」が開催され、毎年多くの見物客が訪れる観光都市でもあります。

八甲田連峰や陸奥湾といった豊かな自然に囲まれた青森市では、名産品であるリンゴを始め、ナマコやホタテなど豊富な食材にも恵まれています。

市の中心街である青森駅周辺は駅ビルや百貨店、飲食店があり生活に不便はありません。

青森駅から奥羽本線で6分のお隣の駅、新青森駅は東北新幹線が停車し、東京から3時間20分ほどでアクセスできます。

冬は降雪量が多いため電車のダイヤが乱れることがあり、旅する場合は時間に余裕を持って行動する事が必要になります。

青森 ねぶた

太宰が高校時代を過ごした弘前市

太宰は高校時代、親類の藤田家に下宿し、弘前高等学校に通っていました。

芸者遊びを知り勉強への意欲を失う時期があったり、芥川龍之介の死に衝撃を受けるなど多感な時代を過ごします。

弘前市御幸町には太宰が下宿していた「旧藤田家住宅」が残されており、現在も学生時代に使用した2階の部屋を見ることができます。

机や茶箪笥などが当時のまま展示されており、太宰の学生時代の暮らしや執筆風景をイメージする事ができるでしょう。

現在の弘前市は太宰が暮らした頃からの洋館もたくさん残る、レトロモダンな雰囲気が漂う街です。

弘前大学をはじめとして大学が6校あり、県外出身の学生も多く暮らす学園都市としての一面もあります。

人口では青森市、八戸市に次いで県内3番目の規模ですが、リンゴの生産量は全国一。

桜祭りで有名な弘前城など、見どころも多い街です。

青森 弘前城

青森県の不動産情報

太宰ゆかりの地青森県に暮らすなら、不動産情報は人口の多い青森市、八戸市、弘前市などが物件数も多いため見つけやすいでしょう。

青森市では単身者向けワンルームの相場が3.6万円で、この金額は青森県内の平均的な相場と言えます。

ファミリー向けの2LDKなら6.5万円前後で見つけられます。

土地が広く、家賃も比較的抑え目な青森県では戸建ての賃貸物件もいいかもしれません。

集合住宅では隣人や上下階に生活音が伝わることが気になるという方も、戸建て物件なら気兼ねなく生活を送れます。

また、庭でペットを飼う事も出来ますし、趣味のスキー、スノーボードの道具を置く場所にも困らないでしょう。

太宰治ゆかりの地青森県であなたも生活してみませんか。

四季がはっきりしていて食べ物が美味しい青森県で生活すれば、あなたも太宰治の文学的インスピレーションを得られるかもしれませんよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事