暮らし

ご存知ですか、おとり物件の見分け方【もうだまされないぞ!】

おとり物件にショック

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

あなたはお部屋探しをしたことがありますか?

その中で、こんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

それは「おとり物件」。

部屋探しを経験したことがある人の中で、約2割の方が「おとり物件」に引っかかった事があると回答しています。(いえらぶ調べ)

「おとり物件」のせいで忙しい部屋探しの時期の貴重な時間を無駄にしてしまう事もあるのです。

「おとり物件」に引っかからないように、今回は見分け方、騙されない方法をご紹介します。

おとり物件にショック

おとり物件とは

「おとり物件」とは、実際に契約することが出来ない物件のこと。

お客様の来店率を向上させる目的で、不動産会社が既に埋まってしまっている、または募集期間が終わっている事を承知した上で広告に掲載します。

築年数や面積をごまかしたり、ありもしない図面を掲載することも「おとり物件」に該当します。

例えば、あなたがネットで「いい部屋見つけたから契約しよう!」と不動産会社に来店すると、「先ほどこの部屋は契約が入ってしまいました。」または「実はこの物件、お隣に住んでいる人に問題があって・・」などと言って違う部屋を勧められるというケース。

これは最初に希望した部屋が「おとり物件」だったという可能性があります。

おとり物件はなぜなくならないの?

実は賃貸物件の「おとり広告」は、発見された場合は過去にも大手企業をはじめ営業停止にまで追い込まれるケースもあります。

それでもなぜ「おとり物件」はなくならないのでしょうか。

それは現在の不動産会社を取り巻く現状が原因にあります。

昔ながらの町の不動産会社よりもインターネット広告で集客をするIT系の不動産会社が多くなり、結果ネット上で限られたお客様を奪い合うことになっています。

そうなると安い物件広告を発信している不動産会社に、お客様が集まってしまいます。

そのため「おとり広告」を出して来店を促し、あとは巧みな話術で何らかの物件を契約させることができるこの手法はなかなか無くならないのです。

また、「おとり物件」であることを立証する事が難しい事もなくならない原因です。

「この部屋はもう契約してしまいました」と言われても、本当に契約が入ったのか、元から埋まっていた部屋だったのか、お客様では確かめようがありません。

また、「なぜ契約が入っている部屋を今も掲載しているのか」と尋ねても「賃貸情報のデータの更新に時間がかかるから」と言われてしまえばこちらは何も言えません。

残念ながら、「おとり物件」は無くならないと言わざるをえないのが現状です。

アパート

おとり物件の特徴

では、どうしたらおとり物件に引っかからないようにできるのでしょうか。

ここでは「おとり物件」の可能性が高い物件の特徴を見ていきます。

・分かりやすい好条件

周囲の物件より明らかに「家賃が安い」、「敷金礼金がゼロ」、「広い」などの物件は「おとり物件」の可能性があります。

分かりやすく好条件の物件はまず疑ってかかりましょう。

・住所が表記されていない

住所が○○区までしか表記が無い場合は、住所から物件情報を調べられては困るため伏せているとしか考えられません。

これは「おとり物件」の可能性も高いでしょう。

・現地待ち合わせで内見ができない

ネットで見つけた物件を内覧したい時、不動産会社に「現地に直接行くので待ち合わせでお願いします。」と言ってみましょう。

不動産会社から「申し訳ございません、皆様にひとまずご来店いただいています。」と断られたら、「おとり物件」の可能性が高いです。

現地待ち合わせの方が効率的でもそれが出来ないというのはいかにも怪しいですよね。

・「仲介先物」には要注意

不動産の取引では、取引形態の開示が義務となっています。

取引形態とは、その物件を掲載している不動産会社と大家さんとの関係性を表記しなければならないのです。

形態には「貸主(大家さん本人)」「代理(大家さんの代理人)」「仲介元付(大家さんに直接物件情報の掲載を任されている人)」「仲介先物(仲介元付に物件情報の掲載を任されている人)」の4つです。

中でも「仲介先物」は、大家さんと直接かかわりがなく、もし募集が終わっている物件でにも拘わらず広告掲載をしていてもバレにくいのです。

そのため「仲介先物」の物件が「おとり物件」に使われやすいと言えます。

お任せ下さい

おとり物件を見破る方法

ネット広告で氾濫している可能性もある「おとり物件」。

私達はどうしたら「おとり物件」を見破れるのでしょうか。

・インターネットで検索

グーグルなどの検索エンジンを利用して、気になる物件の検索をしてみましょう。

すると、扱っている不動産業者がいくつも出てきます。

家賃や条件が他と同じかどうかを比較してみましょう。

他と違って好条件で出している場合は「おとり物件」になります。

また、掲載期間にも注目してください。

掲載期間が終了しているにも関わらずそのまま載せているのなら、それは「おとり物件」の可能性が高いです。

・内覧する場合は不動産業者と現地集合で

先にもご初回しましたが、内覧の現地集合を断るのは怪しいと言わざるを得ません。

・物件に関する質問はメールでなく電話で。

実際に取引できない物件について聞かれても、不動産会社の担当者は答えを持ち合わせていない場合がほとんどです。

メールでは事前に用意されたテンプレートがあるのでいくらでも嘘がつけますが、電話でいきなり聞かれたことに対して「調べて折り返します。」は疑わしいでしょう。

・不動産会社のサイトで一社しか掲載していない物件は疑わしい

通常物件の大家さんは早く住人を見つけたいために、色々な会社に広告掲載を依頼します。

反対に一社しか掲載されていない物件は、架空の物件か成約済みの可能性が高いです。

良い不動産会社を見分けるには

おとり物件を使わずにお客様を集客できる、信頼できる不動産会社の見分け方をご紹介します。

・店頭の物件情報が定期的に更新されている。

いつ行っても同じ物件情報がガラスに貼りっぱなし・・・こんな不動産会社は要注意です。

これは良い条件の物件を掲載したままにする「おとり広告」と同じです。

こまめに情報を更新している会社は意識が高いうえ、来店客にも丁寧な対応をする信頼できる会社と言えます。

・不動産免許番号をチェック

会社の信頼度を計る方法に、「宅地建物取引業免許証」を調べる方法があります。

この免許証には、「国土交通大臣免許」「都道府県知事免許」の2種類があります。

国土交通大臣免許であれば、その不動産会社が全国に支店を持っている事を意味し、都道府県知事免許なら一つの都道府県でのみ営業しているということ。

また「宅地建物取引業 東京都知事(●)第○○○○号」などと記載されていますが、●の部分の数字は宅建を取得してから免許を●回更新しているということ。

●の数字が大きければ大きいほど、長年業界に携わってきたベテランの会社であるという事です。

それだけ信頼度も高いと考えてよいでしょう。

おとり物件には騙されない

これからお部屋探しをする方は、今回ご紹介した事に留意して、お部屋探しをしてみて下さい。

時間を無駄にせず、理想の部屋が見つかると思います。

皆様に、信頼できる不動産会社との出会いがありますように!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

campaign202004

オーナーズ・スタイル

Related article関連記事

New article 新着記事