• いえらぶコラム>
  • 【東日本版】楽しいだけじゃない!?賢く別荘を購入してセカンドライフを楽しむために

暮らし

【東日本版】楽しいだけじゃない!?賢く別荘を購入してセカンドライフを楽しむために

別荘でセカンドライフ

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

セカンドライフとも言われる退職後、どうやって過ごしたいですか?

退職金でパッと別荘を買ってみるのはいかかですか?

場所が気に入ったら、そこに定住するのも良いですね。

セカンドライフ

ただ別荘を所有することについては、いいことだけではありません。

買ってみたら管理が大変で全然利用していないということでは、せっかくの別荘がもったいないです。

そこで今回は関東に住んでいる方に向けて、東日本の別荘を購入する際について、注意する点を地域ごとに紹介します。

軽井沢

軽井沢

別荘と言われて軽井沢を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

そんな軽井沢で別荘を所有する場合、どのような注意が必要なのでしょうか?

[1]湿気対策

軽井沢はとても湿気の多い地域です。

そのため、建物の素材を気にする必要があります。

新築の場合は、湿気に弱い木造を避けるとよいです。

中古の場合も、建物の素材が何か、また住んでいない期間のメンテナンスの状況を確認する必要がありそうです。

また、湿気によって昆虫が多くいる地域でもあります。

そのため、久しぶりに行ったらハチが巣を作っていたということもあるようです。

ハチが巣を作っていると近所の方に迷惑をかけてしまいますし危険です。

ハチが巣を作らないよう対策をする、見つけたらすぐに駆除するなど、こまめに管理する必要があります。

[2]寒さ対策

夏は避暑地として知られ涼しく快適に過ごせる軽井沢ですが、冬は大変寒いです。

年平均気温は、8.2℃と札幌と同じくらいです。

そのため、強力な暖房器具が必要となり、冬の光熱費は高くなります。

また、別荘を管理するうえで、「水抜き」という作業をする必要があります。

冬の軽井沢では、寒さによって水道の水が凍る現象が起こります。

それを防止するのが「水抜き」という作業で、水を水道から抜く作業です。

そのため、冬に別荘を長く開ける場合は、「水抜き」をしなくてはならないのです。

管理会社がやってくれる場合もありますが、自分でやる場合は忘れないように管理しなければなりません。

伊豆

伊豆

次は、伊豆です。

サーフィンなどマリンスポーツを楽しむ目的で別荘の購入を検討されている方もいると思います。

伊豆の別荘では、どのような注意が必要なのでしょうか。

[1]塩害の対策

伊豆の別荘の購入を考えている場合は、海辺の塩害について注意された方がよいです。

塩害とは、海水に含まれる塩分によりおこる建築物や建造物への被害のことです。

木造の家では、釘がさびていないかこまめに確認する必要がありそうです。

鉄筋の場合でも、ひび割れ部分から塩水が入ってくる可能性があります。

そのため、買う際には外壁にひび割れがないか確認する必要があります。

また、この塩害は海からの距離で、被害の程度が変わってきます。

マリンスポーツを楽しむために、海の近くの別荘を希望している方は、近隣の方に塩害の程度について聞いてみるとよいです。

[2]シーズン中の混雑

伊豆は観光地ですので、シーズンには多くの観光客が伊豆を訪れます。

熱海では、夏だけでなく4月や12月にも花火大会が行われます。

そのため、シーズン中や花火大会期間は道路が混雑するようです。

混雑を避けて別荘まで来たが、こちらも混んでいるというのは避けたいです。

伊豆で別荘を検討されている方は、シーズン中にも一度訪れて、混雑の程度を知っておくとよいです。

また、シーズン中には多くの人が訪れるため騒がしいこともあるようです。

伊豆は、休日を別荘で静かに過ごしたいという方には、向かないかもしれません。

箱根

箱根

最後は箱根です。

あまり別荘地としてのイメージはないかもしれませんが、箱根には多くの別荘があります。

箱根で別荘の購入を検討する際は、どのような点に注意した方がよいのでしょうか。

[1]日用品の買い物が不便

別荘で過ごす期間が長くなると、日用品が必要になったり外食でなく料理したりすることがあると思います。

しかし、箱根の別荘地では、場所によって近くに大きなスーパーがないことが多いようです

買い出しのために、御殿場まで行かなければいけないこともあるようです。

運転が得意でない方や定住を考えている方は、買う際に近くにスーパーがあるかどうか確認するとよいです。

[2]箱根の相場

観光地として有名な箱根は、別荘の相場だけでなく、鮮魚類や肉類の相場も高いようです。

また、レストランなどで外食しても、値段が高くなってしまいます。

食費にあまりお金をかけないで別荘を利用したい方は、事前に食材を買い込んで自炊するなど工夫が必要です。

終わりに

いかがでしたか?

別荘購入にはその土地によって、注意することがあるようです。

別荘を買う際は、自分がどういう目的で別荘を買うか考えて、場所を決めるとよいです。

自分の納得する別荘地を選んで、セカンドライフを楽しいものにしてみませんか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事