暮らし

IoTって何?不動産とどんな関係があるの??今さら聞けないIoTについて

IoTとは

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

IT

LINE、Twitter、Amazon、など私たちは生活のあらゆる面でITを利用しています。

広告も一昔前まではチラシやポスターなどの紙媒体が主流でしたが、現在はFacebook広告や、リスティング広告などのネット広告へとシフトしてきました。

私たちが最もよく利用するITとしてスマホがあります。 近年では、小学生からお年寄りまで老若男女問わずスマホを利用しています。

株式会社インターアローズの調査結果によりますと、2015年3月のデータでは、日本のスマホユーザーは5006万人となっています。

電話・メール・ショッピング・検索・スケジュール管理などなど、スマホ一つでほとんど何でもできる時代になりました。

今では、ITは私たちの生活に欠かせない存在となっています。

IoTとは?

IoT

進化し続けるIT業界で最近よく耳にする言葉があります。

それは「IoT」。

テレビや新聞などで良く見かける「IoT」。 では、一体「IoT」とは何なのでしょうか?

「IoT」とは、Internet of Thingsの略で、モノのインターネットという意味になります。 つまり、色々なモノをインターネットと繋いで生活をより良くしようと言うものです。

「IoT」の一つの例として、スマート冷蔵庫があります。

開発したのはスマホやタブレットでお馴染みのSAMSUNG。 スマート冷蔵庫は、冷蔵庫とインターネットを繋ぎ様々な機能を実現しました。

例えば、買い物先で冷蔵庫の中身を確認したり、冷蔵庫の扉に着いたディスプレイから直接買い物ができたり、さらにさらに冷蔵庫の中の食材を自動で認知して、作れる料理のレシピまで紹介することができるのです!

と、このように、何か一つのモノにインターネットが繋がるだけで商品の可能性を無限大にしていく!これが今流行りの「IoT」なのです!

不動産業界でもIoT

こんな超便利な「IoT」が不動産業界でも利用され始めています。

では、不動産のIoT、一体どんな商品があるのでしょうか?

ここでは、今後、お家や会社などの建物の中で大活躍していく商品を4つ見ていただきましょう。

~Netatmo Welcome~

Netatmo Welcome
出典元: http://reci-asp.net/fudosanit/?p=10506

まず一つ目はNetatmo Welcomeです。

Netatmo Welcomeは、簡単に言うとスマートホームカメラです。

では、一体どういう機能がついているのでしょうか?

Netatmo Welcomeでは、カメラとインターネットを繋ぎました。

自宅に設置したカメラに人が映ると、自分のスマホに連絡が来るようになっています。

また、カメラには最大16人の顔と名前を登録することができるので、家族の帰宅確認や、不審者の侵入防止に利用することができます!

見た目もおしゃれな作りになっているので、お家の防犯をしながら、インテリアとして玄関に飾るのも良いですね!

~見守りクラウドロボ~

見守りクラウドロボ
出典元: http://reci-asp.net/fudosanit/?p=10506

続いて2つ目は見守りクラウドロボ。

IoTは不動産管理まで手助けしてくれます。

クラウドという言葉が使われると、専門家が使うような難しい機能のように感じる方もいるかと思いますが、私たちでも簡単に利用することができます。

まず初めに見守りクラウドロボは名前の通り、「見守り」と「IT」を掛け合わせたものになります。

つまり、ITを利用してお家の見守りをすることができるので、一人暮らしの高齢者の安否確認などに大活躍します。

従来は、お家にカメラを設置することで遠方からでも見守ることができる。というものが主流でした。

しかし、カメラに映った映像しか見ることができないという点と、実際に映像を見ないと安否の確認ができないという点から、何かと不便なものでした。

「見守りクラウドロボ」は、従来のようなカメラでの監視ではなく、家中にセンサーを張り巡らせ24時間どこにいてもお客様の行動を見守ることができるのです!

このセンサーはインターネットで繋がっていますので、お客様に何か異常があれば、スマホのほうにメッセージですぐに知らせることができます。

これからは、遠くで一人暮らしをする高齢者、そしてそのご家族様もお互いに安心して楽しい生活を送ることができますね。

~スマートロック~

スマートロック

そして、3つ目はスマートロックです。

みなさんは、帰宅時に「お家の鍵をなくしてしまった」なんてことありませんか?

そんな絶体絶命のピンチを救ってくれるのが、スマートロックです。

スマートロックは、カギとインターネットを繋ぎ、スマホを利用して施錠・解錠ができるようにしたのです。 入居時にスマートロックをスマホに登録する事で、スマホをもってドアに近づくだけで鍵が開く仕組みとなっています。

また、スマートロックでは鍵をシェアすることが出来ます!

シェアしたい相手のスマホに鍵の権限を送る事ができるので、万が一家族が鍵を失くしてしまったとしてもすぐに開錠することが出来るのです!

~ERGO~

スマートデスク
出典元: http://sakidori.co/article/18987

今回、最後に紹介する「IoT」製品は、スマートデスクの「ERGO」です。

「ERGO」は机と「インターネット」を繋ぎました。

「ERGO」の大きな機能として、机の高さの調節が自由にできるというものがあります。

近年、デスクワークはスタンディングで行うと効率が良く、健康にも良いとされてきました。

しかし、実際はずっと立ちっぱなしで行う作業は疲れるため、その都度机の調節が必要になり手間がかかります。

「ERGO」はそんな悩みを解決いたします。

朝業務開始時には、自動でスタンディングのポジションに高さを調整してくれているので仕事にすぐに取り掛かることができます。そして、疲れてきた際に机の高さの変更をスマホでできるのでとても楽です。

また、「ERGO」は秘書にもなるのです!

「ERGO」には人工知能が搭載されているので、机に話しかけるだけで出前を頼んだり、タクシーを呼ぶことができるのです。

他にも、「ERGO」には魅力的な機能が満載です!

ユーザーの使いやすさを意識して作られたデザインや、机上に設置されたワイヤレス充電やUSB充電ソケットなど、現代のビジネスマンに最適な机となっております。

これからは、机以外にも多くのものがITにより業務効率化の手助けになるでしょう。

以上、4つの商品紹介でした!

今回紹介した商品は、全て私たちの普段の生活でよく利用されているモノにインターネットを繋いだものです。

普段、何不自由なく使っているモノにもITを掛け合わせることにより、私たちの生活はどんどん利便化されていっているのです

まとめ

AI(人工知能)

いかがでしたか?

私たちが知らないところでもITはどんどん成長しています。

また、先ほど紹介したように不動産業界でもIoTを中心としてどんどんIT化が進んでいます。

今後は、ドアや机といった個別のモノだけでなく家の中のすべてのモノとインターネットを繋げるスマートホームの開発も進んでいくでしょう。

家とインターネットが繋がることにより、これからは、私たち人間が指示をださなくても、それぞれのモノが自ら周囲の情報を読み取り、必要な時に必要な分だけの仕事をしてくれるという世界になっていくかもしれません。

そういった世界になってしまえば、私たち人間は、毎日自分のやりたいことだけを自由に楽しむことができますね!

また、「IoT」の他にもソフトバンクの人型ロボット“ペッパー君”で有名なAI(人工知能)などITは様々な可能性を秘めています。

今後もITの発展により私たちの生活もより便利なものになるでしょう。

皆の夢である“どこでもドア”が実現できる日が訪れる可能性もゼロではないかもしれませんね。

これからお部屋探しを始める方は、ぜひIoTを取り入れた不動産を探してみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事