暮らし

マイホームは「イタリアのお城」にしよう! お城に住めるって知ってた!?

マイホームは「イタリアのお城」にしよう! お城に住めるって知ってた!?

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口
タグ:

小さい頃、誰しもが一度は願った・・・お城での生活。

マイホームは「イタリアのお城」にしよう! お城に住めるって知ってた!?

引用元:『Lionard Luxury Real Estate』

いつかお城に住んでみたい!

お姫様や王様のようにキラキラした生活がしたい!

と夢見る人はたくさんいるのではないでしょうか?

今の時代、そんなロマン溢れるお城に住むことが出来るのです!!

皆さんは不動産会社をご存知ですよね?

不動産会社は一戸建てやマンションなどを紹介してくれます。ですが、それだけではありません。

実は『お城』を紹介してくれる不動産会社も世の中には存在するのです!!

ということで、今回は『お城』という物件についてと、お城に住むメリット・デメリットについてご紹介致します。

憧れのお城での生活!どんなお城に住めるの?

イタリアのロンバルンディアにあるお城

イタリアのロンバルンディアにあるお城

引用元:『Lionard Luxury Real Estate』

お城へと続く一本道。その道に沿って点在しているオシャレな街灯。きちんと手入れされた球状の植木。その道を進むと現れる壮麗なお城。

こちらのお城で生活することになれば、この道を歩いてお城に帰宅することができます!家に帰ってくるたびにワクワクしそうですね!

そんなロンバルディアのお城ですが、お値段はなんと、約16億円です!!

フランスのノルマンディーにあるお城

フランスのノルマンディーにあるお城

引用元:『パリ不動産』

ピンクベージュの外壁と青みの入った黒色の屋根。そこに白い枠にはめ込まれた窓。

こちらのお城の魅力は、この色の組み合わせから、可愛さと煌びやかさを感じられるところです!

そして円筒の外壁に三角屋根も、お城の見た目を良くしています。

こちらのお城のお値段は約2.5億円となっております!

イギリスのルーカーズにあるお城

イギリスのルーカーズにあるお城

引用元:『savills』

こちらのお城には、ユニークな形に整えられた植木のある庭園があります!

この庭園の植木を楽しみながら散歩をするのもいいですね。

お城の外壁は石造りでできているため、趣のある外観となっております。

このお城のお値段は、オーナーとの相談により決めるそうです。

ドイツ ラインラント=プファルツ

ドイツ ラインラント=プファルツ

引用元:『Vermittlung historischer Immobilien』

こちらのお城の側を流れている川は、あの有名なライン川です!

写真からも分かるように、ライン川の綺麗な景色を眺められる最高のお城となっております。

お城の色合いと周りの自然の色のマッチングが絶妙ですよね!

こちらのお城のお値段は、決まってはおりません!

オーナーとの相談によりお値段を決めていくそうです。

憧れのお城での生活!お城に住むメリットとデメリット

お城に住むということは、皆が憧れる生活だと思います。

お城に住むと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

お城に住むメリットはなに?

お城に住むメリットはなに?

お城に住む一番のメリットは何と言っても、ロマンがある!

ということではないでしょうか!?

歴史のある文化遺産に住めるということは、とてもロマンがありますよね!

またお城に住むことで利益が出ることもあります。

例えば、観光目的でお城を見学されにくる方々がいます。その観光客から見学料を頂いているオーナーも多くいます。

また、お城の全部か一部を宿泊施設にすることで、宿泊料を頂いているオーナーもいます。

他にも、地域の方々が、お城の修繕ボランティアを手伝ってくれることもあります。

また、お城が好きな方もお城に関われるということは非常に嬉しい事です。

そのため、修繕ボランティアをイベントとして行ったところ、大成功をおさめた方もいます!

お城というものは、憧れの象徴です。

しかし、それだけではなく、お城を通した人との関わりがある、というのもお城に住むメリットの一つに挙げられるでしょう。

お城に住むデメリットはなに?

メリットがある一方で、お城に住むデメリットもたくさんあります。

お城に住むデメリットはなに?

お城に住むにあたって一番大変なことは、莫大なお金が掛かることです。

購入費だけではなく、お城を購入した後も大変なのです。

長い間家主がいなかったお城は、外観は壮麗でも、中がボロボロ。ということもあります。

そのため、購入後にお城の修繕を行わなければならない場合もあります。

さらに、お城の維持費もあります。お庭もお部屋もとても広いので、綺麗に保つのは大変なことです。

こんな事例もあります。

敷地の入り口からお城に向かう途中で橋を渡る必要がある。お城が崖の上にある。といった立地にお城が建っていることがあります。

そうなると、敷地の外に出るのも大変ですし、お引越しなどで家具などの大きなものを運ぶことになるともっと大変になります。

これらの問題はお城で暮らすにあたってはほんの一部の問題です。

まだまだお城で生活していると現れてくる問題は沢山あるのではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?お城に住むということはロマンがありますよね!

確かに、膨大なお金が掛かる、維持が難しい。広すぎる。といった現実もあります。

しかし、歴史のある文化遺産に住むということは名誉も手に入りますし、皆の憧れの的ともなるでしょう。

また、お城を通した人との関わりもあります。

そしてなにより、お姫様や王様と同じようにお城で生活するという憧れを現実に出来るということは、とても素敵なことではないでしょうか!?

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事