住まいのノウハウ

ユニットバスの本当の意味!勘違いしやすいユニットバスのこと

3点ユニットバス

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

賃貸物件の詳細情報で見かけることが多いユニットバスの文字。

ほとんどの方はユニットバス=バスルーム・トイレ・洗面台が一緒という認識をお持ちだと思います。

現にワンルームや1Kなど、単身者向けの間取りの場合は、バスルーム・トイレ・洗面台が一緒になっていることも珍しくありません。

しかし時々、バスルーム・トイレ・洗面台が別々なのに、ユニットバスと表記されている賃貸物件情報をご覧になったことがある方もいらっしゃるでしょう。

それぞれ独立しているのにユニットバスとは一体どういうことなのでしょうか?

今回はそんなユニットバスに関するお話です。

ユニットバス=バスルームとトイレが一緒という意味ではなかった!

ユニットバスの意味を知って驚く女性

今年結婚が決まって、現在新居となる賃貸マンションを探しているAさん。

いくつか条件に合いそうな賃貸マンションの詳細情報を見ていると、その中に『ユニットバス』の文字が記載された賃貸マンションを見つけました。

ユニットバス=バスルーム・トイレ・洗面台が一緒という認識のAさんでしたが、内装写真を見る限りでは明らかにバスルーム・トイレ・洗面台が別々で、さらにバスルームの浴槽はゆったりと脚を伸ばせるくらいの大きさだったそう。

この写真を見て「バスルームとトイレが別々なのにユニットバスってどういうこと?」と混乱したAさん。

実はユニットバスというのは、バスルームとトイレが一緒という意味ではなく、予め工場で壁や床・浴槽などバスルームに必要なパーツを作っておき、それを現場で組み立てるバスルームのこと。

この工法は、現在集合住宅や一戸建てを問わず多くの住宅建築で採用されています。

そのためバスルームとトイレが別々であっても、この工法で造られたバスルームはユニットバスと表されるのです。

Aさんが見ていた賃貸マンションのバスルームは、まさにこのタイプだったということ。

なお、バスルーム・トイレ・洗面台が一緒の場合は、3点式ユニットバス(バスルーム・トイレ・洗面台が一緒)や、2点式ユニットバス(バスルームと洗面台が一緒でトイレだけ別)などと表記されていることが多いですよ。

なぜユニットバスが誕生したのか

昔の日本の住宅のお風呂場といえば、コンクリート張りやタイル張りで冬は床が冷たく、また水はけも悪く目地の隙間にカビが発生しやすいというマイナスポイントがありました。

さらに築年数が経過して建物自体に経年劣化が目立つようになると、お風呂場にも隙間風が入るようになったりして、お風呂に入るのも一苦労ということも珍しくありませんでした。

そうしたデメリットを解消し、快適に入浴することができるように考え編み出された工法が、ユニットバスなのです。

ユニットバスのメリット

ユニットバス

ユニットバスのメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

1.既にできているパーツを組み合わせるだけなので、現場での作業時間や工期が短縮できる

2.既製品の組み合わせなので予算が安く済む

3.防水性や断熱性が高い素材が使われている

4.リフォームしやすい

こうして見てみると、ユニットバスは従来の日本のお風呂場に多かったマイナスポイントをクリアした、現代の暮らしに合った理想的なお風呂場であることが分かります。

また賃貸物件のオーナー様にとっても、1や2のような低予算で工期短縮につながるという点はメリットが大きいもの。

そして3点式や2点式ユニットバスの場合、限られた狭い空間を最大限に有効活用することもできるため、ワンルームや1Kなどのあまり大きくない間取りの賃貸物件で採用されることが多いのです。

解体の窓口

ユニットバスには2つのパターンがある

ユニットバスといってもパターンが2つあることをご存知でしたか?

2点ユニットバスと3点ユニットバスがあります。

2点ユニットバス

2点ユニットバスは、壁・天井・床が一体になっているお風呂に洗面台があるものを2点ユニットバスといいます。

トイレは別になっているので、よくお客さんが来たりする場合などにはおすすめです。

3点ユニットバス

一方3点ユニットバスは壁・天井・床が一体になっているお風呂にプラスして、トイレと洗面台がついているものをいいます。

こういった3点ユニットバスの場合は、賃料は低い傾向にあるので賃料を抑えたいという方にはおすすめです。

生活のしやすさに合わせて2点ユニットバスか3点ユニットバスかは選んだほうがいいでしょう。

既存の住宅のバスルームをユニットバスに変更できる?

ユニットバスへのリフォーム

先述で例として挙げたような築年数が古い住宅の場合、家全体のリフォームを機にユニットバスに変更することもできますが、バスルームだけをユニットバスへリフォームすることも可能です。

大手住宅メーカーでは一戸建て用や集合住宅用など、リフォームをされるお宅用に合った規格サイズのユニットバスを用意しています。

なお、ユニットバスには0.75坪(1216サイズ)から1.5坪(1818サイズ)まで、10段階のサイズがありますが、これはサイズが大きくなればなるほど体を洗う洗い場のスペースが広くなります。

例えばお子さん達と一緒にお風呂に入ることが多いご家庭や、要介護者がいて入浴の介助が必要というご家庭なら、洗い場のスペースが広い方が動きやすいでしょう。

そしてサイズだけでなく、デザインや選択するオプションによっても価格が変わるため、リフォームの際はしっかり相談しましょう。

おわりに

知っているようで意外と知らなかった、ユニットバスに関するお話。

今までユニットバス=バスルーム・トイレ・洗面台が一緒で狭いという認識を持っていて、賃貸物件探しの際はそういう物件を避けられていた方も、今後のお部屋探しの参考になるのではないでしょうか。

いえらぶ不動産相談のコーナーでは、こうした何気ない賃貸物件に関するご相談も随時承っております。

賃貸物件探しで何か気になることがある方は、いえらぶ不動産相談コーナーを活用してみてください!

いえらぶ不動産相談
住まいに関する悩みやトラブルを解決するサイト「不動産相談」

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事