住まいのノウハウ

「築年月」と「竣工日の違い」とは?よく分からない不動産用語を分かり易く!

不動産用語が解らず悩む男性

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

賃貸物件や売買物件を探していて、ふと気になった『築年月』と『竣工日』の文字。

ほとんどの物件情報では築年月で記載されているけど、たまに竣工日という文字を見ることがあります。

何だか似ているようだけど、どういう違いがあるんだろう?

築年月はその建物が完成した年月だろうけど、竣工ってどういう意味なんだろう?

不動産用語が解らず悩む男性

今回は、そんな不動産用語に関するお話です。

築年月も竣工日もほぼ同じ意味

まず、竣工の意味を調べてみると、以下のような説明がありました。

『竣工・・・建築工事や土木工事が終了すること。落成。』
※goo国語辞書より引用

竣工は主に建築用語として使われることが多く、建物の完成日を表すという意味では、築年月とほぼ同じ意味のようです。

ただし、竣工の場合は『日』まで確定させるのに対し、築年月は『月』までの確定で良いそう。

そのため表記する場合は竣工日が○年○月○日、築年月が○年○月となるのです。

新築の建物は完成後に検査が必要

竣工検査

竣工の話が出たので、もう一つ竣工に関するお話をしたいと思います。

実は新築の建物は、完成すると『竣工検査』と『完了検査』というものを行わなくてはいけません。

まず完了検査を先に行い、続いて竣工検査を行うのですが、完了検査は建築基準法で決められた検査で、指定確認検査機構または建築主事に届け出る必要があります。

届けを受けた指定確認検査機構または建築主事が建物の敷地や構造などに問題がないか確認し、合格すると検査済の証書が発行されます。

その後、建物の工事を担当した施工会社などが行うのが竣工検査で、この検査では図面どおりに設計されているか、設置した設備に不具合がないかなどを確認するのが目的。

もしこの段階で何らかの不具合が見つかったら、それを直して再検査を行い、晴れて合格したら建築主に引き渡されるのです。

二重の検査は大変ですが、入居者の立場からすると、念入りに検査を行って合格している物件の方が安心して暮らせますよね。

そのため、この二つの検査はとても重要。

なお、不動産会社によってはこの施工検査完了の日を築年月とする場合もあるので、同じ物件を取り扱っている他の不動産会社の物件情報に記載されている築年月と異なることもあるようです。

例えば、とある賃貸物件をA社とB社の2社が仲介している場合。

A社の物件情報では築年月が2015年9月となっているのに対し、B社の物件情報では築年月が2015年12月となっていたら、建物自体の完成は2015年9月、検査完了が2015年12月の可能性があるということになります。

まだまだある!違いがよく解らない不動産用語

ここまでは築年月と竣工の意味や、竣工に関するお話をしてきましたが、不動産用語にはまだまだ違いがよく解らない言葉がたくさんあります。

ここでは『よく見聞きするけど、違いがよく解らない用語』をいくつか集めてみました。

建築面積と建物面積

建物面積

1.建築面積・・・建物の外周から求めた面積のこと。1階と2階で広さが異なる場合は、広い方が建築面積となる。

2.建物面積・・・各階の床面積の合計。延べ床面積とも呼ばれる。

容積率と建蔽率

1.容積率・・・建物面積(述べ床面積)を敷地面積(建物が建っている土地のこと)で割って算出した値のこと。
容積率の限度は用途地域によって異なる。

2.建蔽率・・・敷地面積に対して建築可能な建物の面積の割合のこと。

管理費と共益費

1.管理費・・・建物自体の維持や管理を行うためにかかる費用。

2.共益費・・・廊下やエレベーター・廊下の電灯など、共用部分の設備の維持や管理にかかる費用。
大型マンションなどではこれらも含めて管理費とする場合が多い。

一般借家と定期借家

1.一般借家・・・賃貸契約の期間が決まっており、期限が来たら更新料を支払い引き続き居住することができる。

2.定期借家・・・賃貸契約の期間が決まっており、期限が来たら契約満了となる。
契約満了後は退去するか、新しくまた契約を結び直して引き続き居住するかどちらかの方法がある。

申込金と手付金

申込金

1.申込金・・・希望する賃貸物件を確実に押さえるため、契約前に支払うお金。預かり金ともいう。
万が一契約不成立となった場合は返金される。
なお、申込金を支払った場合は必ず領収証ではなく『預かり証』を発行してもらう。

※領収証は「確かに受領しました」という証書で、基本的に返還されない。
預かり証は「確かに預かりました」という証書で、後に返還される。

2.手付金・・・売買物件の契約において、契約成立後に物件が引き渡される間までに支払うお金。
契約成立前には支払わない。

おわりに

上記でご紹介した用語以外にも、不動産用語には「これってどういう意味なんだろう?」と疑問に思う用語だらけです。

そんな用語に関する疑問も、『いえらぶ不動産相談』なら即解決できますよ。

プロの不動産会社スタッフが解りやすく丁寧に回答してくれるので、不動産用語で解らないことがある方はぜひ『いえらぶ不動産相談』をご活用ください。

いえらぶ不動産相談
住まいに関する悩みやトラブルを解決するサイト「不動産相談」

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事