• いえらぶコラム>
  • 暮らし>
  • 老後資金は現役世代のうちから貯めて置こう!老後難民にならないためにはいくら必要?

暮らし

老後資金は現役世代のうちから貯めて置こう!老後難民にならないためにはいくら必要?

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

「いつまでも安定した暮らしを送りたい」

「贅沢三昧をしたいわけではないけれど、年に1回は旅行に行ったり、たまには家の外で美味しいものを食べたり、それくらいのちょっとした贅沢ができればいいな」

それは万人の共通の願いと言っても過言ではないでしょう。

しかし現在の日本では、そうしたプチ贅沢どころか日々の暮らしもままならなほど、余裕のない方が増えているのも事実です。


特に年金や税金など、国に納めるお金は上がる一方。

それなのに収入は一向に上がらないか、上がったとしても微々たる金額ということも珍しくありません。

1980年代後半から1990年代初頭にかけて沸き起こったバブル経済も、今となっては幻のようです。

そんな中で今問題視されているのが、「老後難民」の存在。

老後難民とは、現役時代に十分な貯えを確保できず、定年退職後の暮らしに困る方のこと。

特に現役世代の折り返し地点を過ぎた40代から50代の方は、間もなくやってくる老後をどう生きようかと悩む方も少なくありません。


そんな不安を抱えたまま老後を迎えるのは嫌ですよね。

そこで少しでも安心して老後を迎えられるように、老後難民の回避方法について考えてみました。

老後資金っていくら貯める必要がある?

よく「安定した老後を送るためにはいくらの貯金が必要か」と議論が行われていますね。

しかし、

・夫婦ともに健在か独身(離別・死別含む)か

・定年後も延長雇用で65歳まで働くか

・住まいは持ち家か賃貸か

・サラリーマンか自営業か

・要介護状態になった時、特別養護老人ホームに入居するのか、家族や近親者が在宅介護をするのか

など、人によって様々な要素が絡み合うため、一概に「いくらあれば絶対安心です!」という金額はありません。

例え老後資金が1億円あったとしても、大病を患って入院費や手術費が必要になったり、息子・娘一家のマイホーム資金を援助したり、孫の大学進学のための学費を援助したりすると、1億円もあっという間になくなってしまいます。

また災害が起きた場合、入っている保険の種類によっては対象外となる被害も出てくるでしょう。

そうなったら老後資金から捻出するしかないですよね。

さらに何歳まで生きるかというのも重要なポイント。

85歳まで生きるのと100歳まで生きるのとでは15年も差があり、いくら必要かという事は大きく変動します。


昔なら100歳まで長生きすることはとても珍しくおめでたいことでしたが、超高齢化社会に突入している日本では、長寿=おめでたいだけでは済まない問題でもあるのです。

老後難民を回避する方法は?

老後難民を回避するには、やはり現役世代のうちから早めに対策を講じることが大切です。

そうした点から、ここ数年多くの方が始めている投資。

代表的な投資方法としては、以下の方法が挙げられます。

・株・FX

・外貨預金

・国内や海外の投資信託

・先物取引

・不動産経営

この他にも個人向け国債や純金積み立て・個人年金など、様々な投資方法があります。

その中でも不動産経営は、元々の土地の持ち主(地主)だけでなく、一般のサラリーマンなど、不動産物件や不動産の知識を持っていない方が始めるケースも増えてきました。

老後資金を貯めよう!不動産投資のメリット


不動産投資は株やFXなどの金融投資と比較すると、低リスクで長期の安定した収入が見込める点がメリットとして挙げられますが、その他にもこんなメリットがあります。

・将来年金の受給額が減っても不動産収入でカバーできる

・物件の管理や家賃徴収などを管理会社に任せることで、少ない労力で不動産収入を得ることができる

・現役世代の場合、確定申告を行うことで所得税の還付金を受け取ることができる

・団信(団体信用生命保険)に加入しておくことで、万が一の際も資産を残すことができる

不動産収入を得るだけでなく、税金対策や生命保険代わりとなるのは嬉しいポイントですね。

不動産投資のデメリット

先述のようにメリットが多くリスクが低いといわれる不動産投資ですが、もちろん低リスク=デメリットがゼロというわけではありません。

不動産投資におけるデメリットには、こんな点があります。

・所有する物件全てが常時満室だったり、空室期間が短いとは限らない

・家賃を滞納される恐れがある

・前入居者が退去後に、内装をリフォームするための費用負担がある

・委託する管理会社の選定をしっかり見極めないと、損をする場合がある

・管理会社への委託手数料を節約したいがために全て自分で管理しようとすると、かえって労力もお金も余計に使ってしまう

特に1番目と2番目のデメリットに関しては、空室期間が長かったり空室数が多かったり、また家賃滞納者が多いほど、当然その分の不動産収入はありません。

そうなると不動産収入で悠々自適な老後どころか、投資用物件のローン支払いに苦しむ本末転倒な老後になってしまうので、そうならないために「これ以上物件数を持つと危険かな」と、冷静な判断を下すことが大切です。

老後資金の為に知っておきたい、不動産投資ってどうやるの?

先述の一般の方が行う不動産投資の方法は、マンションやアパートなどの集合住宅の1部屋を購入し、それを賃貸として貸し出す方法が主流となっています。

そして不動産経営の経験を積み、運用も順調にいっている方の中には、2部屋・3部屋と投資用の部屋を増やしたり、1棟丸ごと購入される方も。

なお、集合住宅の1部屋だけを購入して運用することを区分所有、1棟丸ごと購入して運用することを1棟買いといいます。

不動産投資で成功するには?


不動産投資のノウハウについては、不動産会社やファイナンシャルプランナーなど、不動産投資のプロが開催しているセミナーに参加したり、現在働きながら不動産経営も行っている兼業オーナーの方に話を伺うと良いでしょう。

またこの時に、成功例だけでなく失敗例も同時に学ぶことで、いざ不動産投資を始めて似たような危機に直面した時に、学んだ失敗例を思い出して危機を回避することもできます。

おわりに

もはや年金だけで安泰した老後を送るというのは過去の話。

不動産投資はメリット・デメリットどちらもあり、リスクのことを考えると始めるのに勇気が要りますが、1番のリスクは「自分はまだ若いし、そんな焦らなくても大丈夫」と思って、何も対策を講じないことです。

「いくら必要か?」という問いに具体的な答えはありませんが、老後資金を貯めずに寂しい老後難民となるのか、少しでもゆとりある老後を送るのかは、現役世代のあなたの判断次第。

まだ20代の方でも老後に向けた対策を始めるのに早すぎるということはないので、現役世代の方はぜひ対策を検討してみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事