住まいのノウハウ

連帯保証人がいない!その場合、賃貸物件を借りることは出来る?

賃貸物件を借りる

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

賃貸物件を契約する時には色々考えるべきことが多いですが、その中でも悩む方が多いのが連帯保証人を誰にお願いするかということ。

通常、連帯保証人は親や兄弟姉妹などの家族にお願いするケースが多いですが、中には「連帯保証人がいない」と悩む方もいます。

主な例としては、

・親御さんが他界したり年金暮らしになった方

・親兄弟がおらず、頼れる親戚もいない方

・身内に問題があり、賃貸物件を契約することを知られたくない方

などがあります。

困っている女性

家族や親戚に頼めないのに、友人や会社の同僚・上司などに連帯保証人になってもらうのはもっと頼みにくいですよね。

連帯保証人がいない場合でも賃貸物件を契約することができるのが、連帯保証人不要の賃貸物件です。

連帯保証人が不要な賃貸物件ってどういうこと?

連帯保証人不要の物件とは、文字通り連帯保証人がいない場合ても契約可能な賃貸物件のこと。

そもそも連帯保証人とは、契約者が家賃を滞納した場合に契約者に代わって家賃を支払う方のことをさします。

このシステムは借金の連帯保証人と同じであるため、契約者とよほど厚い信頼関係が無いとなかなかなってくれる方はいませんが、連帯保証人不要の物件であればそうした心配も不要です。

契約者がきちんと支払い能力のある方でも、連帯保証人がいないため契約ができないということも避けられるので、近年このタイプの物件が増えています。

連帯保証人不要な賃貸物件の場合、入居審査はどうなるの?

連帯保証人が不要といっても、大家さんや管理会社からすると、やはり万が一滞納された時の保険は欲しいものです。

そこでよく利用されるのが、保証人代行会社を利用するケース。

これは契約時に決められた手数料を支払えば、いざという時に代理で家賃を支払ってくれる会社です。

保証人代行会社

連帯保証人不要の賃貸物件の場合、殆どが管理会社が提携している代行会社があるので、自分で探す手間もありません。

ただし、代行会社はあくまで滞納分の家賃を『立て替えている』だけなので、その分は代行会社へ支払う義務があることを忘れずに。

その他にも、初期費用や家賃をクレジットカード払いにすることで連帯保証人を不要とする物件もあるので、代行会社の利用に抵抗がある方やクレジットカードのポイントを貯めている方は、こちらの方法もオススメです。

賃貸物件を借りるとき、保証人代行を利用できないこともあるの?

保証人代行は賃貸物件を借りたいけど連帯保証人がネックで借りられない方にとっては便利なシステムですが、これはあくまで契約者が成人の場合に限定されます。

入居する方が未成年(または成人していても学生)の場合、まず賃貸物件の契約は親御さんか法定後見人などの保護者代理の方が契約する必要があります。

未成年の女性

そして保証人代行会社の利用は、親御さんや保護者代理の方の承諾が無いと契約ができないこともあるため、もし利用を考えている場合は契約前にしっかり管理会社や大家さんに確認しましょう。

おわりに

「借りたいけど借りられない」という方にとっては、画期的で便利な連帯保証人不要の賃貸物件。

連帯保証人を頼める方がいなくてお困りの方は、ぜひ検討してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事