暮らし

沖縄市のお出かけスポット!【子育て世代オススメ】

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口
タグ:

沖縄県本島で住まいを探すファミリー世帯に人気が高いのが、本島中部に位置する沖縄市です。

沖縄本島は南部から中部にかけての人口比率が高く、沖縄市は中部地域の中心都市であり、那覇市に次ぐ県下第二の都市となっています。

鉄道のない市としては日本一人口の多い市で、2015年の国勢調査では人口増加率が6.96パーセントと三大都市圏以外の市で最も高い数値を示しており、その人気の高さが伺えます。

住環境の充実している沖縄市

沖縄市の魅力といえば、まず那覇市のようにひどい交通渋滞がないのでストレスなく移動することができ、南部や北部、西側の北谷町エリアにもアクセスのしやすいことにあります。

またアメリカと沖縄と日本との文化が混じり合った独特のチャンプルー文化が知られており、市内では音楽イベントや祭りなどが年間を通していくつも開催されています。

コザ
出典:https://www.tripadvisor.jp

そんな沖縄市は自然環境にも恵まれており、家族で楽しめるお出かけスポットが多数あるんです!

今回はそのスポットをご紹介します。

沖縄市のお出かけスポット①:八重島公園

沖縄市民会館の裏手側にあるのが八重島公園です。

広い園内にはアスレチックや長い滑り台などたくさんの遊具が4箇所に分散して設置されており、お子さんは大喜びします!

木が多くあちこちに日陰があるので、お子さんの遊ぶ様子を保護者は木漏れ日の下でゆっくり眺めることができます。

小さなさなお子さん用の遊具もあるので安心して遊ばせることができますよ。

八重島公園
出典:http://www.okinawapaper.com

沖縄市のお出かけスポット②:沖縄こどもの国

沖縄こどもの国は沖縄市のほぼ中央に位置する動物園です。

こどもの国のカバ

動物園だけではなく、こどもの国には体験型のチルドレンズミュージアムであるワンダーミュージアム、レストラン、乗り物コーナーなどがあります。

季節ごとのイベントも盛んに行われており、夏休み期間中は夜の動物に餌やりをしたり、様子を観察できる「サタZOOナイト」や、クリスマスシーズンにはカップルの殺到するイルミネーションも楽しめます。

ワンダーミュージアムは体験型施設で地上1階から地下2階までさまざまなハンズオン展示がされており、大人もついつい夢中になってしまう触って体験できる展示がいっぱい!

屋内施設なので、天候を気にせず遊べるのもいいところです。

沖縄市のお出かけスポット③:沖縄県立総合運動公園

沖縄市の東側、泡瀬干潟に面する県立の運動公園である沖縄県立総合運動公園には体育館や競技場があり、夏にはレジャープールも開園します。

県立総合運動公園
出典:http://blogs.yahoo.co.jp

レンタル自転車が人気で、休日ともなると公園内はサイクリングを楽しむ家族連れで賑わっています。

オートキャンプ場もあり、子供の遊具広場やトイレ、シャワーといった施設も充実しているので、家族で手軽にキャンプ気分を楽しむことができますよ。

解体の窓口

沖縄市のお出かけスポット④:東南植物楽園

熱帯植物園である東南植物楽園は、広大な敷地に植物園と水上楽園があり、散策をしながら貴重な熱帯・亜熱帯の植物を見ることができます。

東南植物楽園

園内のツアーはカートやウォーキングなどがあり、他にも面白いほどに釣れる釣り堀や工作などの体験プログラム、レストランと、ファミリーで一日中楽しめるプランが盛り沢山です。

植物ばかりでなく、ふれあい体験をすることのできる動物たちもたくさんいるのでお子さんも大喜びです!

持ち込みができるので、お弁当を持参しゆっくりピクニックをするファミリーもよくみかけます。

おわりに

いかがでしたか?

自然豊かなレジャースポットが多数ある沖縄市、その人口増加数は県内一であり、賃貸物件をはじめとした住宅数も豊富に揃っているんですよ。

沖縄市に暮らせば日常もオフタイムも充実したものになりそうです。

沖縄市の賃貸探しはいえらぶ沖縄で決まり!|っ´・◡・♥|

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事