暮らし

ご存知ですか?賃貸物件における合鍵作製のルール

賃貸アパートの鍵

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

賃貸物件の契約の際、管理会社や大家さんから渡される新居の鍵。

これを渡されると「本当に引っ越すんだな」と実感が湧く方も多いでしょう。

ところでこの鍵ですが、お引っ越し後に合鍵を作った方、もしくはこれから作る予定の方はいませんか?

合鍵作製についてはそんなに深く考えていない方もいるかと思いますが、実は賃貸物件の合鍵を勝手に作製するのはNG!

なぜNGなのか、理由は以下の通りです。

部屋に置かれた合鍵

鍵の所有権は大家さんにある

そもそも賃貸物件の鍵はいただくものではなく、賃貸物件同様大家さんから『借りるもの』です。

大家さんは、入居者が円滑に暮らすことができるように鍵と賃貸物件を貸しているので、本来の持ち主は大家さんであって、入居者の方はあくまで生活のためにその賃貸物件の鍵を使用することと保管することを任されているだけにすぎません。

そのため、大家さんの許可なく合鍵を作ることはもちろん、鍵の交換も禁止されているのです。

入居者の安全を守るため

合鍵作製を禁止するもう一つの理由としては、入居者の方の安全を守るためということが挙げられます。

入居者の方は専有部分・共有部分も含めて賃貸物件をきれいに使う義務がありますが、大家さんには入居者の方の安全を守る義務があります。

仮に入居者の方が大家さんに無断で合鍵を作製してそれを誰かに渡した場合、大家さんの知らないところで入居者以外の人が賃貸物件に自由に出入りできることになりますよね。

そしてこの合鍵を持っている人と入居者の方の間に万が一トラブルがあった場合、大家さんとしては合鍵を作製した入居者ご本人も含め、他の入居者の方々の安全も守る義務を果たせないことになってしまうのです。

どうしても合鍵が必要な場合はどうする?

食事中のファミリー

上記の理由から鍵は複製することが禁止されていますが、一本の鍵だけでは困る場合があります。

それはファミリーやご夫婦・カップルの同棲・友人同士のルームシェアなど、一人暮らし以外の複数人で賃貸物件に住む場合です。

家族やカップル・ルームシェアといっても生活スタイルはバラバラですし、いつも必ず誰かしら家にいるとは限りません。

共働きでお子さんのいるご家庭なら、親御さんがお仕事から帰宅されるまでお子さんを玄関外で待たせるわけにはいかないですよね。

このように、鍵が一つしかなくて生活に支障がある場合は合鍵作製が必要となるので、その際は管理会社や大家さんに合鍵を作ることを伝えて許可をもらいます。

またその際、退去時には必ず全ての鍵を返却することを約束しましょう。

合鍵が作製できない!?

最近は賃貸物件の防犯率を高めるために、ピッキングがされにくいディンプルキーというタイプの鍵が取り付けられている賃貸物件も増えつつあります。

ディンプルキーとは、鍵の表面にランダムに凹凸がついた鍵で、これまでのギザギザタイプの鍵と違って差し込むシリンダーの内部の構造も複雑な分、非常にピッキングがしにくい仕組みとなっているのです。

ディンプルキーと普通の鍵

このように防犯対策として効果的なディンプルキーですが、実は一つ問題点があります。

それは、合鍵作製が難しいこと。

ディンプルキーはギザギザタイプの鍵とは別の専用機械で作製しなければならず、またその機械自体を取り扱っているお店が少ないのが現状です。

そのためディンプルキーの合鍵を作ろうとすると、そのディンプルキーを作製できる機械のあるお店を探すか、鍵屋さんが一旦預かってメーカーへ作製依頼を出すなど手間がかかります。

こうした手間がかかるディンプルキーは、合鍵作製の費用も割高となる点も特徴的。

例えば、通常のギザギザタイプの鍵が一本1,000円前後で作製できるのに対し、ディンプルキーは一本5,000円以上することも。

こうした点を踏まえて、ディンプルキーは無くしたり落としたりしないようにしっかり管理をすることと、ディンプルキーの合鍵作製は慎重に検討することをおすすめします。

気軽に合鍵を渡さない

合鍵を渡す女性

一人暮らしの方の場合、何かあった時のために誰かに合鍵を渡しておきたいと思う方も少なくないでしょう。

また恋人がいる方であれば「いつでも遊びに来ていいよ」と言って、恋人に合鍵を渡す方もいらっしゃいますね。

お仕事で疲れて帰ってきた時に、玄関を開けると恋人が料理を作って自分の帰りを待っていてくれる…なんていうシチュエーションに憧れる方もいらっしゃるかもしれませんね。

もちろんそれも素敵なことですが、いくら恋人や友人など親しい間柄の方といえど、気軽に合鍵を渡すのは危険です。

どんなに信頼がおける相手でも、何かのきっかけでトラブルが発生しその関係がこじれてしまった場合、逆恨みや復讐目的で合鍵を使ってあなたに嫌がらせをする可能性もあります。

もし合鍵を渡そうかなと思う場合は、本当にその相手が信頼のおける方なのか、トラブルの有無に関わらず自分が合鍵を返してほしいと言った時にきちんと返してもらうことを約束できる方なのかをしっかり判断しましょう。

おわりに

最近は、より防犯効果が高く複製が難しいディンプルキー対応の賃貸物件も増えていますが、合鍵作製が可能なタイプの鍵や賃貸物件もまだまだたくさんあります。

賃貸物件探しと引っ越しシーズン直前の今、「たかが鍵だから」と軽く考えず、合鍵を作製したい場合は必ず賃貸物件の大家さんや管理会社に確認を取ることを忘れずに!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事