暮らし

【お花見シーズン】東京で引越すなら練馬区が必見!

お花見

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

春といえば、”お花見”を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

満開の桜を見ると、心がふんわりと優しい気持ちになれますよね。

ソメイヨシノ

春は出会いと別れの季節とも言われますが、近所でお花見ができたら毎年春の訪れが楽しみになっちゃうかも!

練馬区は東京都内でも人気のお花見スポットが数多くあるんです。

そこで、練馬区の魅力とお花見スポットをご紹介しちゃいます。

ファミリーに人気の練馬区

新生活を始めるなら、周辺にはどんな施設があると嬉しいでしょうか?

病院やスーパー、東京では鉄道の交通環境も重要になってきますよね。

副都心線

他にもご家族でお引っ越しされる場合は、公園が近所にあればお子さんの遊ぶ場所が確保できて、自然に触れる事で親子の会話も弾みます。

練馬区は豊島区や埼玉県和光市などに隣接しており、都心のベッドタウンとしても人気のエリア。

区内には公立保育園の数が60以上、中学校も40校以上あり東京都内でもトップクラスの数なので通学で困る事はなく、ファミリーから支持を得ているエリアなんです。

西武池袋線・西武豊島線・地下鉄有楽町線・地下鉄副都心線・都営大江戸線が区内を通っています。

北町や光が丘なら、板橋区に位置する東武東上線も徒歩圏内ですよ!

練馬区のお花見スポット「光が丘駅」周辺

都営大江戸線の終点になっている”光が丘駅”は、六本木や都庁へのアクセスが快適。

駅周辺にはショッピング施設や病院もあるので、快適な暮らしを始める事ができますよ。

およそ1000本の桜の木が見られる”光が丘公園”は、園内にプールや図書館などがある総合公園です。

光が丘公園
出典:http://primrose6.at.webry.info/

アスレチックが多く、桜祭りなど地域密着型のイベントも年に何回か開催されるのでお子様も楽しめるのではないでしょうか?

公園の西口側には閑静な住宅街が広がっており、ゆったりと暮らすことが出来ます。

練馬区のお花見スポット「豊島園駅」周辺

豊島園駅”は西武豊島線と都営大江戸線が乗り入れる駅です。

向山庭園などが近く、周辺には温泉施設もあります。

としまえん
出典:https://iemo.jp/68074

また、隣の駅は練馬駅なので練馬区役所や練馬警察署へ足を運びやすい立地です。

500本のソメイヨシノを見ることが出来るテーマパーク”としまえん”の最寄駅としても知られており、年間を通して多くの方が訪れます。

”としまえん”では入場料が発生しますが美しい夜桜を見ることができて、普段とは違うお花見を楽しむ事が出来ますよ!

解体の窓口

練馬区のお花見スポット「大泉学園駅」周辺

西武池袋線が乗り入れている”大泉学園駅”。

しかし、西武池袋線は西武新木場線など複数の路線と相互運転を行っておりますので、多岐に渡る移動が可能です。

大泉学園通り
出典:http://nerima-kanko.blogspot.jp/

南口側にバス停があり、北口側にもショッピング施設が建ち並んでいます。

そして大泉学園と言えば東映アニメーションのスタジオがあることでも知られ、駅では様々なキャラクターを見ることも!

大泉学園の桜の名所と言えば3kmにも及ぶ、桜並木を楽しむ事が出来る”大泉学園通り”です。

通りを抜けると大泉中央公園があり、約300本のヤマザクラなどを楽しむ事が出来ます。

まとめ

ファミリーに人気の練馬区ですが、もともと学生寮なども多く家賃相場も安いので上京したての方にも人気のエリアなんです。

今回ご紹介した光が丘駅・豊島園駅・大泉学園駅は、駅周辺に公園もあるので、身近に自然を感じながら暮らす事も出来るのではないでしょうか。

春になればお花見を楽しむことが出来るエリアで暮らせば、自然とウキウキした気分になる事でしょう。

ぜひお引越しのエリア探しで参考にされてはいかがですか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事