• いえらぶコラム>
  • 理想のマイホームをお得にゲットする方法!?【中古住宅購入+リノベーション】

住まいのノウハウ

理想のマイホームをお得にゲットする方法!?【中古住宅購入+リノベーション】

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

「住宅の内部状況を把握しておきたい」

「自分好みのオリジナルの住まいをつくりたい」

「お得にマイホームが欲しい」

そういったご要望をお持ちの方におすすめなのが、「中古物件を購入してリノベーション」というマイホームの購入方法。

現在、じわじわと人気を集めています。

立地や住環境が気に入っているのに満足のいく物件がない…そんな時は中古物件を購入してからリノベーションを考えてみてはいかがでしょうか。

今回は「中古住宅を購入してリノベーション」のプランを同時に進める場合の手順について解説します。

桜と家

新しいマイホーム購入の形「中古住宅購入+リノベーション」の手順とは

スケジュールは余裕を持って

「中古住宅購入+リノベーション」の場合、「物件を探す期間」「設計期間」「工事期間」を考えながらスケジュールを立てます。

工期の遅れも予測に含め、「この日までには絶対に引っ越しを完了したい」という期日の2ヵ月ほど前には工事が終了するように計画を進めていきましょう。

一般的には、それぞれで以下の期間が必要になります。

物件を探す期間:ケースによりますが、半年~1年以上かかることも。

設計期間:2~3ヶ月

工事期間:1~2ヶ月

スケジュール

「中古物件購入+リノベーション」の流れ

次では、物件の購入とリノベーションの流れをご紹介します。

もちろんケースごとに異なる部分も多いので、あくまでも目安としてご覧ください。

1.資金計画

まずはしっかり資金計画を立てておきましょう。

物件が急に見つかった時にもまとまった資金があればスムーズにことが運ぶので、あらかじめ貯金をしておくと安心です。

2.業者選び

依頼する業者の選び方には何通りかあります。

「不動産会社と提携して物件も探してくれるリフォーム会社に依頼する」

「リフォーム会社も紹介してくれる不動産会社に依頼する」

「不動産会社とリフォーム会社を別々に探して依頼する」

という方法です。

それぞれの会社で扱っている物件が異なっていることが多いので、できれば複数の会社に相談し、予算や条件に合う物件を探していくとよいでしょう。

3.物件探し

人気のエリアである場合、急に物件流通数が増えるという状況は考えられないため、マイホームを検討しはじめたら常にアンテナを張ってこまめに情報収集をしておくことをおすすめします。

住宅ローン控除といった税制の優遇措置を受けたい場合は、対象に該当する物件であるか確認する必要があります。

リビング

4.リノベーションの相談

物件を絞ったらリノベーションの相談を開始します。

マンションの場合は管理規約などと照らし合わせてのリノベーション計画が必要です。

5.物件の申し込み

不動産やリノベーションの担当者と細部まで詰めて話合いをし、物件の状態に納得できたら申し込みをしましょう。

6.住宅ローン事前審査

住宅ローンは保証料や事務手数料等も踏まえて選択することが大事です。

普通は即日~一週間ほどで審査結果が分かります。

家の図面と付箋

7.売買契約を締結

契約前に重要事項の説明をしてもらい、問題点がないか確認しましょう。

問題がなければ手付け金を支払って契約をします。

8.プランニング・見積り

リノベーション会社よりプランと見積りが提示されます。

プラン作成の前後に各メーカーのショールームを見学し、購入したい商品の希望を伝えておくとより正確な見積もり金額になります。

プランと費用が固まったら工事請負契約を交わします。

9.ローンの申し込み

住宅ローンやリフォームローンを正式に申し込み、「金銭消費貸借契約書」を締結します。「金消契約」とも呼ばれます。

10.決済・物件引き渡し

売り主、買い主、不動産会社、金融機関担当者、司法書士などの関係者が集まり、ローンや残金、書類の確認を行います。

物件のローンが実行されると引き渡しとなります。

相談

11.リノベーション工事の打ち合わせ・契約

工事内容や見積り額などを確認し、契約を締結します。

金額の確認、支払う時期、工事期間などをしっかり確認しましょう。

12.リノベーション工事着工

マンションであれば管理組合への工事申請届出やご近所への挨拶のあと、工事を開始します。

13.工事完了・引渡し

工事終了後、完了検査が合格後に引渡しとなります。

そして引越したのちに新しい住まいでの生活が始まります。

リノベーション工事

「中古住宅を購入+リノベーション」にかかる総額費用は、新築を購入する場合の8割程度の金額になるといわれています。

確認事項の多い「中古住宅購入+リノベーション」ですが、自分だけの理想の住まいを、コストを抑えて購入することのできるチャンスなのです。

賢い住宅の購入方法として注目されている「中古住宅購入+リノベーション」ですが、気を付けるべき点もあります。

複数の窓口でのやりとりが必要

中古住宅を探し、購入後にリノベーションを行うためには「物件を探してくれる不動産会社」「リノベーションをする建築会社」「住宅ローンを申し込む金融会社」と複数の窓口に相談・依頼・手続きをしなければなりません。

買主はそれぞれの担当者と打ち合わせ・進行状況の把握・対応をしなければならないとなると、相当の時間と手間がかかることになります。

一貫したサービスのワンストップ型!

これまで見てきたように、複数の工程を経なければ実現しないことがデメリットだった「中古住宅購入+リノベーション」。

そんな中、最近は物件探しからローン申込、リノベーションまでを1つの会社で対応してくれる「ワンストップ型リノベーション会社」が増えてきました。

次の項目でワンストップ型リノベーションの特徴についてみていきましょう!

ワンストップ型リノベーションの利点

ワンストップ

スムーズに進む

すべての工程を1つの窓口・担当者で見てもらえるので連絡や確認がとりやすく、従来よりもスムーズに運び、買主の負担軽減になります。

また「リノベーションプランと費用」が早い段階でわかるため、無理のないスケジュール・資金計画を立てることができます。

資金計画を把握しやすい

ワンストップ型の大きなメリットが、早い段階からリノベーションのプラン・費用がわかるため、トータルでの資金計画がしやすいという点にあります。

別々の会社ではなく、1つの会社で全体を通してプランを立てることにより「物件価格」「リフォーム費用」のどちらかを費用を抑えたり、逆に増やすことができたりと、調整がとりやすくなります。

初期の段階から総予算をベースに「物件探し」と「リノベーションプラン」を進めていくので、いざリノベーションをしてみたら予算が足りなくなった、という事態になることはごく稀です。

ワンストップの注意点

早めの相談が必要

ワンストップ型で「中古住宅購入+リノベーション」を進めたいのなら、初期の段階からワンストップ型リノベーション会社に相談をすることが必要です。

物件の購入後にワンストップ型には変更できないからです。

ワンストップ型と決めても、気にいる物件が他から見つかることも

ワンストップ型の会社からではなく、他の不動産会社の扱っている物件が気に入って購入をした場合、結局は「不動産会社」と「建築会社」が別になるので、窓口が一貫しているというワンストップ型のメリットがありません。

わかった!

おわりに

買主の負担を大きく減らしてくれるワンストップ型リノベーションは、手順の多い「中古住宅購入+リノベーション」のハードルを下げてくれるスマートな購入方法です。

「中古住宅購入+リノベーション」を考えたら、ワンストップ型で対応してくれるリノベーション会社も選択肢のひとつにぜひ加えておきたいですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事