インタビュー

株式会社コア・コーポレーション ルームコア新宿本店・池袋店【突撃新宿・池袋の不動産屋さん取材】

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

現在新宿と池袋の2ヶ所で店舗を展開している株式会社コア・コーポレーション。今回はこちらの亀田代表と坂田店長のお二方にお話を伺いました。


お薦めエリア紹介

お薦めのエリア情報を教えてください。

亀田:当社は新宿と池袋に店舗があるので、やはりこの2つは特に力を入れているエリアですね。東の方はやっぱり夜のイメージが強いですが、西新宿辺りは比較的落ち着いているので、新宿で住むなら西寄りが良いかなと思います。
池袋は駅の東口方面が良いかなと。北口方面は住むのにはあまり適さない感じです。


亀田代表は新宿にも池袋にも住まわれた経験があるとのことですが、それはやはり店舗があるからでしょうか?

亀田:それもありますが、新宿は元々好きな街でした。それで新宿で不動産をやりたいというのもあって、独立前に勤めていた不動産会社も新宿東口のところでした。

新宿に住む方々は意欲的な方

新宿に住む方はどういった方が多いですか?

亀田:新宿は会社に近いからという理由で住む方が多いですね。通勤に時間を取られるくらいなら、その分を仕事に充てたいという意欲的な方といいますか、そういった方がすごく多いイメージです。
池袋は新宿と比較すると家賃相場が1万円ほど下がるので、学生さんや新社会人の方が多い印象です。新宿でも京王線や西武新宿線の沿線などはまた家賃相場が変わってくるので、その辺りでは池袋とあまり住んでいる方は変わらないですね。

お部屋探しをされているお客様の中で具体的な希望がない場合、どういった点をお薦めされますか?

亀田:新宿だと家賃の安さでいえば西新宿5丁目や初台方面です。新宿駅からは少し離れますが、新宿駅周辺の物件と同じ家賃でもお部屋のグレードが若干上がるので、そういった点を推したり。家賃を取るか立地を取るかですね。そしてどんどん話をしながら、お客様のご希望の物件を探してどこで折り合いがつくか絞っていきます。どちらのお客様が多いかというと、長く住むという観点から家賃や物件重視で選ばれる方が多い印象です。私達も無理やり推したりはせず、お客様のご希望に合うことを大前提にお探ししています。


プロが教える「お部屋探しのポイント」

不動産のプロとして「絶対にここは見てほしい」というお部屋探しのポイントは?

亀田:3月2日に放送されたテレビ朝日さんの番組(聞きにくいことを聞く)でお話したのは、お客様が図面を見て気付かないことですね。例えば日当たりが悪いとか、内見をしてみたらお墓が近くにあったとか、エレベーターが無かったりとか。そういったことに気を付けてお探しいただきたいです。お墓が近いなどの周辺情報は、物件の住所を検索してストリートビューで見てみると結構判りますね。エレベーターなどは図面を見て判らなければ、その場で担当者に聞くと判ります。
あとはやはり何度も内見をするのはお客様の負担にもなるので、私達はカウンターでご紹介をする時も、内見が1回や2回で済むように詳細のご紹介を心がけています。


亀田代表のイチオシ物件とは

御社のお薦め物件を教えてください。

亀田:この間テレビでもご紹介したのが、初台にある「フェニックス西参道タワー」です。ここは最上階のお部屋だけはプロジェクターがついています。あとは共用設備としてジムやシアタールームがあり、シュミレーションゴルフもできます。
他では「ファーストリアルタワー新宿」。ここはジムもそうですが、温泉(大浴場)・スカイラウンジ・音楽室付です。
あとは「パークハビオ新宿イーストサイドタワー」ですね。このマンションは最近名前が変わって、今は「コンフォリア新宿イーストサイドタワー」になっています。

自社の強みと信念

御社の強みを教えてください。

亀田:お客様に対しては、色々比較検討しやすいように、ご希望条件に合う物件を余すところなくたくさんご紹介しています。その点はお客様からもご好評いただいていますね。そのおかげでご紹介いただくお客様も増えています。私は目先の売上だけではなく、お客様と長く付き合っていけるような会社にしたいと思っています。
社員に関しては、すごく仲がいいです。社員旅行もみんなすごく楽しくやっています。平均年齢も若く、1番年上の社員でも36歳で、最年少だと26、7歳です。だから相談もしやすく、働きやすい環境ではないかなと思います。仕事帰りに飲みに行くのはもちろん、休みの日も結構一緒に遊びに行ったりしていますよ(笑)


※2016年3月16日放送の日本テレビ「PON!」での撮影

お仕事をされている上で大切にしていることや信念を教えてください。

亀田:先程の話と少し被るのですが、長いお付き合いのお客様が多いので、そういったお客様の期待に応えたいと考えています。現在はご紹介いただいたお客様を私以外の社員に担当をお願いすることもありますが、そういった時でも「その社員に担当してもらえて良かった」とおっしゃっていただけるように指導しています。社員みんなもその部分は意識してくれているだろうし、そこはどこにも負けないと思っています。
やはり毎回新規のお客様向けの接客方法だけでは、入社3ヶ月や6ヶ月くらいの頃と変わりません。長くやってきたことの強みといえば知識・経験はもちろん、持っているお客様の数や人脈です。そうした強みがあったからこそ、ここまでやってこられたと思います。

独立・入社のきっかけ

亀田代表が独立されたきっかけは?

亀田:私が大学卒業後に最初に入社したのが、マンション売買を行っている会社だったんです。私は接客が好きだったので入社当初に持っていたイメージが賃貸のように対面接客をすることでした。ただいざ入社してみると想像と大きく違っていて「これは違うな」と思って辞めました。
その後独立まで1年半から2年ほど働いていたのですが、その頃にはある程度ご紹介いただくお客様が増えてきた時期でした。ただ、当時は独立でも「同じ会社の新店舗で」という風に考えていましたが、「このくらいお客様がいるのなら会社を離れて独立してもいいんじゃないか」というアドバイスをいただいて、それをきっかけに自分で会社を立ち上げることを考えました。


坂田店長がこちらの会社に就職されたきっかけは?

坂田:元々はプライベートで社長と知り合って、「一緒に仕事をしないか」と誘われたことがきっかけです。未体験のことだらけでしたので、最初はだいぶしごかれました(笑)。でもそのおかげで、今では教える立場になれましたし、やりがいはかなりあるなと思っています。


お二方が考える今後の目標、望む人材

今後の夢や目標を教えてください。

亀田:次は渋谷に新店舗を出したいと考えています。これは社員みんなにも言っていることですが、池袋店を出した時に思ったのが「出せばいいというものではない」ということです。昔は店舗を出せばその分売上も上がるといった感じでしたが、今は出してもお客様が来ないということもあります。そこで当社では、次の店舗を出す前にインターネットを強化して集客を高めようと。今はまだ小さな会社ですが、ゆくゆくはもっと大きな会社にしたい、ワンランク上のステージにいきたいと思っています。そういった中でこれから入ってくる社員の方にも「この会社すごいな、一緒に頑張りたいな」と思ってもらえるような会社にしたいです。

坂田:私は結構古風なタイプで、「担ぐ神輿は選べない」ということわざが好きなんです。その言葉のように社長が私を選んでくださってこの会社に入れたので、社長が働かなくてもいいくらい会社を大きくしていけたらと考えています。最終的にはどの店舗も閉鎖させずに、今ある大手と同じくらいの規模まで大きくしていきたいです。


採用にあたって、お二方が求める人物像とはどんな方ですか?

亀田:やる気のある方や頑張り屋の方というのはもちろんそうですが、1番は「この会社で一緒に頑張りたいな」と思える方です。私もまだ経験が浅いところもあるので、社員みんなと一緒に成長していける方であれば大歓迎です。

坂田:私は自分が好きなので(笑)、私のような人がいいですね。自分と似ている人ってあまり出会わないので。自分に自信があって「やってやるぞ!」という、そういう負けん気の強い人が来てくださるとすごく嬉しいです。


本日はありがとうございました。お客様とのお付き合いを大切にし、社員が一丸となって成長していこうという心意気が強く感じられました。新宿・池袋でお部屋探しをされる方、またお二方と一緒に頑張りたいという方は、ぜひ株式会社コア・コーポレーション ルームコア新宿本店・池袋店へ!

【株式会社コア・コーポレーション ホームページ】
http://www.r-core.co.jp/

【株式会社コア・コーポレーション 採用情報ページ】
http://www.r-core.co.jp/recruit/

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事