インタビュー

株式会社ASTAGE【突撃明大前の不動産屋さん取材】

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

京王線沿線の中でも人気の高い明大前エリアで展開している株式会社ASTAGE。今回はASTAGEの田坂代表と田口店長のお二方にお話を伺いました。

田口店長が語る自社の強み

―まずは御社の強みを教えてください。


田口:部屋を紹介するだけではなくて、暮らしをアドバイスする・提案することを強く心がけています。同じような条件でご来店されても性別や年齢層で変わってきますので。
あと物件の写真には非常にこだわっていますね。物件はあくまでもオーナー様から預かってご紹介しているものなので、発信してる広告や写真にはすごく気を付けています。

明大前はどんなエリア?

―このエリアを選ぶ方はどんな方が多いですか?

田口:様々ですね。学生さんくらいの年代だったら学校へのアクセスを選ぶ方もいれば、新宿や渋谷など色んなところに行くフリーランスの方もいるし。1番は利便性を理由に選ぶ方が多いけど、ファミリー層になってくると松原小学校や松沢小学校などの人気が高いので、そうした小学校区から選ばれる方もいます。

―ファミリーも意外といらっしゃるんですね。

田口:この辺りは京王線・井の頭線・小田急線も利用できるので、そういった意味では松原エリアの特徴でもありますね。
逆に杉並の方の和泉というところになると安いんですよ、想像以上に。「こんなに安い物件があるの?」と思われるくらい、条件の割にはすごくリーズナブル。それでいてこんな都心に住めるという点で選ぶ方も多いですね。それこそ渋谷まで自転車で行きたいという方もいますし、多様なニーズはあります。


―明大前を含む京王線沿線の物件をご紹介している中で、お薦めのスポットなどはありますか?

田口:井の頭線の永福町浜田山でしょうか。井の頭線は渋谷経由で通勤される方がすごく探しているんですよ。田園都市線や東横線より安いし、この路線より混まないし。それでいて新宿へのアクセスも良いんだけど、なぜか明大前より上りが良いという方が多くいらっしゃるんです。だからもったいないなと思って。本当にあと5分電車に乗る時間が延びるけど、全然街の雰囲気なども違います。落ち着いていて住みやすいし、商店街も大きいし、治安も良いエリアだと思っているのでぜひ知っていただきたいんです。
京王線であれば特色が変わりますが、明大前と下高井戸の間にある松原が人気が高いエリアですね。理由としては、下高井戸の商店街がすごく大きいんですよ。それと明大前の利便性。その両方が使えるエリアとしては松原2丁目や3丁目辺りを選ばれる方がすごく多いです。

大切なことは『お客様の話を聞くこと』

―これまでたくさんのお客様とやり取りをされてきた中で、印象に残っているエピソードはありますか?

田口:1番嬉しいのはやっぱり更新や引越の時に「また宜しくお願いします」と指名をいただいた時でしょうか。


―社名関係なく「田口さんだから」と言って下さるのはやっぱり嬉しいですよね。そうしたお客様を増やすために気を付けていることは何ですか?

田口:お客様の話をちゃんと聞いた上で“人”として接してアドバイスしていくと、解ってくださる方はまた来てくださる感じです。そのため当社では、スタッフにもそこはすごく追求してもらっています。僕はヒアリングが1番難しいと思っています。条件の羅列だけではだめだし、何が大事なのかを会話の中で導き出すのがヒアリングなので。独りよがりの話では相手も食いついて来ないですし。

―ありがとうございます。接客の一挙手一投足を追及し続けている姿勢に強いプロ意識を感じました。ここからは田坂代表のお話も伺っていきます。

入社当時から決めていた『30歳での独立』

―田坂代表が会社を立ち上げたきっかけを教えてください。


田坂:きっかけは、やりたかったことをやりたいなということです。
僕は30歳で独立すると決めていたんです。30歳でできなかったらもうしないと。そのため不動産業界へ転職した26歳から30歳まではもう仕事一筋でした。

―会社を立ち上げる際に辛かったことは?

田坂:確かに労働時間はすごく長かったしみんな寝不足だったけど、そんなに辛いというのはなかったですね。やらされている感がないし、立ち上げた時というのはみんなが同じ目標を持っていて、ブレずにやれていたので。
ただ体力的な部分はありましたよ。自転車乗りながら眩暈がして「あ、そろそろヤバいな」と思ってみんなで店で寝ちゃって、起きて仕事したりして(笑)。いつまでにここにお店を出すと決めていたので、みんなでそこに向かってやっていました。

―現在も「いつまでにこれをやる」という目標はお持ちなんですか?

田坂:今もあります。店舗拡大もその1つですが、僕のエゴで店舗を増やしたいというのはないんです。仲間の中で店長をやりたいとか違うことをやりたいという人がいた時に僕が動きたいなと。ただ、僕の気持ちとその人達の気持ちが合わないと僕の1人歩きになってしまうので、僕は常に同じ目線でいたいから、あまりそういうのはないですね。


―最初から持っているビジョンとはどういったものですか?

田坂:正直『誰も辞めない会社を創りたい』というのはありましたけど、それは多分僕のエゴだと思うんです。だから一緒に働いているメンバーが働いている期間だけでも「楽しいな」とか、もっとああやりたいこうやりたいっていう場を作ってあげられたらと。社員の1つ1つの夢や目標ということを叶えられることができればいいなと。前の会社で働いていた時からそうでした。

田坂代表が求める人材とは

―これからはどんな人材を求めていますか?

田坂:何かに挑戦したい人ですね。僕自身がそうだったので。未経験でもなんとかなるし、頭が良くなくてもいいし、学歴なども一切いらないので、何かやりたいことがあればいい。
あとは喋るのが好きな人がいいかな。確かにコミュニケーションは大事ですけど、それが無くても思いっきり知識を頭に叩き込めばできることはできるんですよ。僕の知っている人で全然お喋りが上手くない方がいて、でもその方は営業がすごくできるんです。その方法がすごく変わってて。例えばカウンターで話をしているとするじゃないですか。普通は物件を出しながら「今日はいい天気ですねー」など他愛もない会話をするんですけど、その方はあまり上手じゃないから何をしているかというと、知恵の輪を自分で買ってきてお客様に渡すんですって。


田坂:営業担当が物件を探している間、お客様は知恵の輪をやることで時間を潰せますよね。その間に色々と探して、ちゃんと的確な物件紹介ができる。頭に知識が入っているので「ではあなたにはああですね、こうですね」という説得力がある説明ができるんですよ。

―ちなみに田坂代表はどちらのタイプですか?

田坂:僕は結構中間ですが、どちらかというと喋る方ですかね。自分を売る方。

田口:僕は喋るの苦手ですよ(笑)


田坂:えー?(笑)でも元々田口店長は無口ですね。僕は喋るのが好きだからわーっと自分から言ったりしますが、お客様が来ても普通に喋るのではないです。この仕事をしていてすごく思うのは、人それぞれ求めているサービスが違うんですよ。当社に来られるお客様は、どちらかというと気軽に話しかけやすくて、相談も乗ってくれる人というのを求めていると考えています。

田口:敬語も使うんですけど、格式ばった言い方はしないというか。

田坂:そうそう。だから逆に幾ら敬語ができて礼儀が良くても喋りにくい人だったら、相談はできません。「僕に何でも言ってよ!」くらいの方がお客様が相談しやすいかなと。
ただお客様のタイプによって変えないといけないので、社員には「役者になれ!」と言っています。「お客様の前に座ってからは役者だよ」と。いかにお客様に合わせるかという。もちろん無口なお客様もいるから、その時はそれに合わせないとね。

田坂代表が語る自社の強み

―先程田口店長にもお話を伺ったのですが、他社と比較しての御社の強みはありますか?


田坂:強みは『みんなが協力し合えるところ』ではないでしょうか。例えば他の営業マンがちょっと困ってたら一緒に探してあげようという姿勢だったり。それが強みだと思います。1人の営業マンの後ろに何人も仲間がいるから動けるということですね。だから下の社員が頼るというか。

田口:新人でもやりやすいと思いますよ。新人からしたら嫌じゃないですか、新しいことも怖いし。そこで一緒にやってくれたら助かりますよね。解らないこともたくさんあるし。

―そうした教育を実践しようと考えた理由は?

田坂:なぜかといわれると難しいですが、僕は外部から吸収することがすごく多いんです。それを仕事に置き換えた時に、どこでどうできるかというのを常に考えています。だから僕1人の力ではなくて、世の中のそういうところから全部吸収していっているので、それを取り入れているだけなんです。

―すごくアンテナを張っているんですね。

田坂:僕多分、電波バリ5とかだと思います(笑)すごく色んなところにアンテナがあるから、色んな人から吸収しますね。自分が行ったお店で、例え相手が新人さんだったとしても、この人から学べることはあるぞと。否定するのは簡単だけど、吸収するのは方法によっては色んなことを学べますからね。まずやってみて、それで失敗したらしたでいいし。それも経験になりますから。

―最後に今後の夢や目標があればお聞かせください。

田坂:個人的な夢では、まずは今年は海外旅行に行きたいなと思いますね。夏頃に。
仕事の面でいうと、僕のやりがいというのは“人の成長”なので、そこが育ってくれればいいかなと思います。

―本日はありがとうございました。常にアンテナを張って、いいと思ったものを仲間に伝え先を目指す田坂代表と、ヒアリング力を大切にされている田口店長。明大前エリアをご希望の方は、お二方がいるASTAGEにお任せください。


【株式会社 ASTAGE ホームページ】
http://www.a-stage.co.jp/

【株式会社 福一ハウジング ホームページ】
http://www.291f.co.jp/

【株式会社 福一ホーム ホームページ】
http://www.291home.co.jp/

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事