インタビュー

志不動産株式会社【突撃亀有の不動産屋さん取材】

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

最近業界で話題のAirbnbについても注目されている志賀代表に、不動産について色々お話を伺いました。


売買をメインにしているからこその「完全予約制」

「完全予約制」というスタイルにした理由を教えてください。

志賀:売りの案件はすごくご紹介いただくのですが、売りの案件だけはエンドユーザー様にどんどん紹介していかないと決まらないので。ただ、紹介無しではできないですよという形にしてしまうと、逆にご紹介いただいた売主さんのチャンスを逃してしまいますよね。賃貸だったら完全紹介制でもいいかと思いますが、当社は売買を強くやっているので完全予約制で、紹介があくまでもメインというわけではありません。スタンスは変わらないですが、そういう事情があるので完全紹介制では無いというのもあります。


この亀有というエリアはどういったエリアですか?

志賀:どんな街か…下町?(笑)あまり着飾る人がいないというか、それが居心地良かったりするんじゃないでしょうか。例えば白金だったらジャージで外を歩くことはできないけど、そういった格好でも気にすることなく歩けるというか。


お客様から「このエリアの物件を紹介してほしい」というのも、やはり亀有などが多いのですか?

志賀:いえ、実は亀有の案件はほとんどなくて、最近多いのは、新宿の京王線・小田急線・井の頭線の間にある三角地帯です。あとは富ヶ谷・代々木上原・初台・笹塚。あの辺りがすごく多いです。売買の場合は土地よりマンションが多いかと。最近はマンションだと、お客様がご自身でリフォームしたいと希望される方が多いですね。

リノベーション物件は今流行っていますからね。では、お部屋探しのポイントを教えてください。

志賀:不動産屋をやっていると「いい物件あったら紹介して!」と言われることが多いんです。一応「OK!」とは言うんですけど、その人にとっていい物件の条件というのは、実際聞いてみないと判らないじゃないですか。だから自分の中で「絶対譲れないポイント」というのを決めることじゃないでしょうか。それが陽当たりなのか、内装の雰囲気なのか、共用部分の管理なのか、立地なのか。それによって探す物件も全然違うので、「自分は何が譲れて何が譲れないのか」っていうのをちゃんと明確にする。それを具体的に探してくれる人に伝えること。それが大事だと思います。


志賀代表が思う「特徴ある物件」と「Airbnb」

最近気になる「特徴ある物件」などはありますか?

志賀:最近いいなと思うのは、中とか建物にこだわってるんじゃなくて、窓から見る雰囲気とか外構とかを含めてデザインされてる物件はやっぱり惹かれますね。普通は内装とか外観にフォーカスしがちなんですけど、そこを街として空間として捉えてるような物件がすごくいいなぁと。センスがあるなと思います。

ありがとうございます。では、最近話題のAirbnb(エアビーアンドビー)についてのご意見などがあれば、お聞かせください。

志賀:僕はあれを考えた人はすごいなって思います。Facebook作った人と同じくらいの勢いはあるなと思ってて。その反面、法整備もまだきちんとできていないので、良くも悪くもすごい盛り上がってるというのは実感してます。ネガティブなイメージで民泊は捉えられてるけど、ポジティブなイメージになれるような法整備をしてほしいなぁと思います。本当に空から降ってきた空室対策ですよね。良い部分ももちろんあるから即効性のある薬なんだけど、劇薬かなぁとは思いますね。


目指すは「ちょっとしたことも頼れる不動産屋さん」

志賀代表は不動産コンサルティングマスターの資格もお持ちなんですよね。取ろうと思ったきっかけは?

志賀:例えば弁護士さんにお願いするまでのことでもない小競り合いや、あとは建築士さんにお願いするまでもないリフォームだったり、誰々にお願いするまでもないちょっとしたことでも相談できる存在というのが必要だと以前から思っていて、それが僕は不動産コンサルタントの役割だなと思っているんです。
不動産屋のゴールは契約だけど、お客様からしてみたらスタートじゃないですか。そこからの相談役っていうのが本来必要だったはずなのに、例えば「水道が壊れちゃったんだけどどうすればいい?」「うちの役目じゃないんで水道屋さんに聞いてください」というような感じでやってきたから、今評判悪いと思ってるんです。そこで今求められてることがそういった相談役なんじゃないかなと。
インターネットの普及がこの10年ですごくあったところで、今まで考えられなかった劇的な改革というかイノベーションがどんどん起こると思うので、それに対応していかなきゃいけないなと思っています。


志賀代表が大切にしている事と今後の目標

お客様と接したり仕事をしていく中で、大切にしていることを教えてください。

志賀:結構僕は喋りすぎてしまうところがあるので、「お客様が何を求めてるのかっていうことを聞く」ことにもっと集中しなきゃとは思います。あとはお客様自身が気付いていないけど、必要としていることを引き出す。顕在化してるニーズと潜在的なニーズをどっちも知るという努力はしています。
他にも、僕の場合はほとんど物件の紹介者がいるので、紹介者への報告とお客さんへの報告というのも極力マメにするようにしてます。僕らが1週間何も変化がないから連絡しないとかではなくて、何も無い時も「何もありませんでした」と報告をすること。そういうのでも安心感はやっぱり違うのかなと考えます。

それでは、今後の目標や夢などがあれば教えてください。

志賀:同じ仲間と国立競技場を目指して、何とか選手権で優勝したいなと。それは冗談として(笑)
アメリカだと、お医者さんや弁護士さん・不動産エージェントっていうのはすごく社会的地位が高いと言われているんですけど、日本ではまだまだそこまで及んでいないので、そういう社会的地位を良くしたいというのがあります。今は一応宅建業の免許を持っている不動産会社ですけど、もうちょっと不動産サービスの提供っていうような感じで。
あとは将来的に、同業の皆さんと集まった時に、「大手とどうやって張り合っていくか、業界の悪習慣を無くすためにはどうしたらいいか」といった不動産のことを熱く語るような場を作りたいと思っています。

ありがとうございました。
常にお客様の立場になって、不動産業界にとってより良い道を模索されている志賀代表。不動産についてご相談したい方は、ぜひ志不動産へ!


【志不動産ホームページ】
http://www.kokorozashi-f.co.jp/

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事