インタビュー

株式会社リブリッチ【突撃大井町の不動産屋さん取材】

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

不動産物件の紹介だけでなく、地域に密着したタウン情報誌の作成・配布も行っている株式会社リブリッチ。その代表である栗永さんに色々お話を伺いました。


リブリッチ様が大井町を選んだ理由

まずは開店するにあたって大井町を選んだ理由を教えてください。

栗永:前職が五反田でやっていたので「次にお店を出すなら大井町がいいね」と話していたことと、あとは羽田空港の完全ハブ化とリニア中央新幹線が品川始発になるという点も含めて、今後品川区の中心駅として栄えていきそうなエリアではないかと考えました。そういった点では大井町は人口の流入が見込める駅だと思います。


実際に人口が増えていると感じることはありますか?

栗永:実際のデータを見ても、品川区は10歳以下のお子さんを持つ家庭の流入が増えているんですよ。品川区は、「教育の区」と呼ばれている区で、小中高の一貫教育を行政がすごく進めているんです。隣接する世田谷区や目黒区などでは待機児童率が問題となってきている中で、ファミリー世帯の流入が増えている品川区では、様々な試みで待機児童を減らす施策がとられています。

御社のお客様の層や、取り扱っているお部屋の特徴などを教えてください。

栗永:当社のお客様はファミリーやカップル・DINKS(結婚しているけど子どもがいない家庭)となっています。そのため5~6万というような賃料の安い部屋はあまり取り扱っておらず、バストイレ別だったり分譲賃貸と呼ばれるようなセキュリティがしっかりした物件というような、最低7万円台くらいの物件が多いです。
あとは当社では女性の来店率が非常に高いので、それに合わせた女子部屋というコンテンツをHPでも紹介しています。

リブリッチ様が不動産業界に入ったきっかけと続けられたコツとは

最初にこの業界に携わったきっかけは何だったのでしょうか?

栗永:きっかけは宅建を持っていたからです。新卒で入社した会社を辞めた後に宅建を取得したのですが、「宅建を持っているから不動産をやろうかな」といった感じで。安直な気持ちで入ったらそれはもう大変でした(笑)
でもその時に頑張ったから今があると思いますし、あの当時頑張ってて良かったなと思います。今苦労して30代や40代を迎えるのか、今楽して30代40代を迎えるのとでは全然違うし。

リブリッチ様の強み「地域との繋がりを大切にし、社会貢献を目指す。」

近隣の不動産会社と比較して「ここが強みだな」という点はどういったところがありますか?

栗永:近隣の仲介業者さんと比較すると、当社は専任で募集している物件が多いと思います。仲介業者さんで募集をかけているところは少ないと思うので、そういった点は1つの強みではないでしょうか。
あとは「地元の人達と仲良くしていこう」という姿勢はあると思います。当社では独自の取材を基に「大井町de街めぐり」というタウン情報サイトを運営し、地域の店舗情報を無料で掲載しております。来て下さったお客様に対して「ここ美味しいですよ」と紹介してあげたり。
大井町にはまだまだお店がたくさんあるのですが、徐々に仲良くなっていって、大井町に引っ越してきたお客様とこの地域で商売をしている人達を繋げられるビジネスができたらいいな、当社が何かしらのプラットフォームになれたらいいなと思います。


そういったところまで考えていらっしゃるんですね。

栗永:やっぱり「ここに引っ越してきて良かったな」というところを主導してやっていけたら、それはもう地域のためになるのかなとは思います。このビジネスモデルを確立できたら、どのエリアに行っても通用すると考えています。

不動産の仕事がすごく好きだという気持ちが伝わってきます。
では、仕事に対しての思いをお聞かせください。

栗永:僕は飽きっぽいタイプなのですが、不動産業界は14年やっています。自分でもよく続いているなとは思いますが、なんだかんだで好きなんでしょうね。お客様が100人いれば100通りの方法があるから、そうした意味で継続できている気がします。


そして大きな話になるのですが、今後は不動産を取っ掛かりにして、女性が子どもを産みやすい世の中にしていきたいです。それは色々な問題が重なっているので簡単なことではないのですが、そうしたことができれば本当の意味での社会貢献ができるのかなと。そういうところを変えていくというのは一介の不動産会社ができることではないのかもしれないけど、何かしらやっていけば変わっていくと思うんです。

今後そういった影響力を強くしていく中で、店舗拡大のご予定はありますか?

栗永:創業当時はそうした気持ちが強くて、今も未来日記に書いたりはしていますが、最近は「焦る必要は無いのかな」と思っています。いたずらに店舗拡大していくことだけが理想を追求していくことでもないのかなと。初めにきちっとここをやって、それが次の店でもしっかりやっていけると判断できた時に次の店舗を出せばいいかと考えています。


本日はありがとうございました。地域との繋がりや社会貢献を常に考え、大切にされている栗永代表。

大井町で不動産物件をお探しの際は、ぜひ足を運んでみて下さい。

【株式会社リブリッチ ホームページ】
http://www.live-rich.co.jp/

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事