暮らし

賃貸物件なのに傷つけちゃった!そんな時の対処法

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

現在賃貸住宅にお住まいの皆さん、急に設備が壊れたり、うっかりお部屋に傷をつけてしまって困った経験はありませんか?

もちろん故意で壊したり傷つける方はいないと思いますが、住む期間が長くなるほど予期せぬ故障や傷が発生してしまうことがあります。

その故障や傷の程度が浅い場合、自分で修繕できるならいいのですが、時には「ちょっとこれは自分では無理だ…」なんていうことも。

そんな時にはどう対処したら良いのかお教えします!

賃貸物件につけてしまった傷は、自分で判断せずまずは相談する

殆どの賃貸物件は、設備が故障したり傷をつけた場合に関する事項が契約書に載っていますので、それをしっかり確認すること。


そしてその上で、大家さんや管理会社に速やかに相談してください。

借主の過失による修繕の場合は当然修繕費用は借主負担ですが、だからといって勝手に修繕を行うとトラブルの元になりかねません。

最悪の場合、退去を求められるかもしれませんよ。

賃貸物件に付けてしまった傷は、貸主が費用を負担するケースもある

借主は綺麗に部屋を使うことが義務付けられていますが、同時に貸主には借主が気持ちよく過ごせるために必要な修繕義務があるので、貸主負担による修繕が可能な場合もあります。

例えば雨漏りがしたり、建て付けが悪くてドアや襖がきちんと閉まらないなど、借主に責任のない不具合は貸主に費用を請求できるケースが多いです。


また築年数の経過した賃貸物件の場合、ガスを沸かす為の電気配線の故障やトイレが度々流れないといった症状も同様です。

ただその線引きが難しい事例(台風による強風で窓ガラスが割れた等)もあるので、ケースバイケースということも念頭に置いておいてください。

賃貸物件に入居する前、どんな傷があるのか必ずチェック

そしてよくトラブルになるのが、退去時の修繕。

原則としてその借主がつけてしまった傷は当然その借主負担の対象なので敷金から費用が差し引かれますが、時々前の住人がつけた傷の修繕費も請求されることがあります。

その時に「これは自分がつけた傷ではありません」と言っても納得してもらえないことも。

それを回避するために、入居前に部屋の隅々まで傷の有無を調べて記録しておくことが大切です。

その際日付入りで写真を撮っておくと、入居前についていた傷なのかどうなのかがはっきり判るので、より確実な証拠となります。


おわりに

賃貸物件は貸主と借主という2つの主が関係するため、こうした修繕などはトラブルにもなりやすいものです。

不要なトラブルを避けるためにも契約前にしっかり確認すること、そして入居後に壊れたり傷つけてしまった場合は必ず相談することを忘れないでください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事