住まいのノウハウ

家族がインフルエンザに!【必須】7つの対処法

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

インフルエンザが猛威を振るう季節になりました。

一緒に暮らしている家族がインフルエンザにかかってしまった場合、罹患してしまった本人も心配ですが、他の家族に感染してしまう二次感染が起こらないか不安になりますよね。

特に小さなお子さんや高齢者、妊婦がいる場合は感染はできるだけ予防したいもの。

「どうしても感染したくない!」という場合は予防薬を処方してもらうという手段もありますが、保険が適用されないのでけっこうな出費になります。(保険が適用される方もいます)

できるだけ感染したくないインフルエンザ、自宅で家族が療養している場合の「他に感染者を出さないための対処法」について調べてみました。

ウイルスとマスク

1.部屋を分けて隔離する

看病する部屋を分け、なるべく他の家族との接触を減らすことで感染を予防します。

隔離できない場合

一人ぼっちにさせられない小さなお子さんや部屋数が少ないといった理由で隔離できないことがあります。

そういった場合はついたてやカーテンなどを設置し、ウイルスの飛沫感染の可能性を少しでも減らしておきましょう。

2.看病する人は一人に限定する

高熱でうなされる、インフルエンザになってしまった家族…

様子が心配になって「顔だけでも」と覗きに行きたくなるところですが、看病する家族は一人に決めておいたほうがよいです。

3.マスク!

マスクと薬

本人も他の家族もマスクをし、ウイルスの接触を少しでも減らします。

看病の際に使ったマスクはウイルスの拡散を防ぐため、室外に持ち出さずに部屋の中に置いておくか、すぐ捨てるようにしましょう。

4.ゴミは密閉して捨てる

鼻をかんだティッシュなどにもウイルスがついています。

ゴミは蓋付きのゴミ箱を利用する、もしくはビニール袋で密閉しておきましょう。

5.換気・加湿でウイルスを減らす

病人のいる部屋はウイルスが蔓延しています。

ときおり換気をしてウイルスを外に出すようにしましょう。

他の家族がいる部屋もちょくちょく換気をしておいたほうがよいです。

そして加湿も重要です。インフルエンザウイルスは湿度50%以上で激減し、室温が22度以上になると生存できません。

《関連リンク》
室内湿度をコントロール!冬を快適に過ごそう

6.取っ手、ノブを消毒する

ノブ

病人を隔離していても、トイレや洗面所など日常生活でどうしても共用するものがあります。

インフルエンザのウイルスは、物についたら半日は生存しているとか…

感染してしまった家族が触れた取っ手やノブはアルコールなどで消毒しましょう。

タオルや食器などを共用しないことも大事です。

7.こまめにうがい・手洗いをする

手洗い

ウイルスを吸い込んだとしても、早めにうがいをすれば感染を防ぐことができます。

また、ウイルスのついた手で目や鼻、口などを触ると粘膜・結膜を通して感染することがあります。

家族はこまめにうがい・手洗い・アルコール消毒をしましょう。

まとめ

マスクとスプレー

1.部屋を分けて隔離する

2.看病する人は一人に限定する

3.マスクをする

4.ゴミは密閉して捨てる

5.換気・加湿でウイルスを減らす

6.取っ手、ノブを消毒する

7.こまめにうがい・手洗いをする

以上の対処法で、家庭内のインフルエンザ感染を防ぎましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事