住まいのノウハウ

新居での「しまった!」をなくすコンセント配置のコツ

コンセント

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

新築した家に暮らしてみて、後悔している点をあげてもらうと、比較的多くの人から「コンセントの数をもう少し増設したら良かったかも・・・」という声が聞かれます。

生活の便利さを大きく左右するコンセントや照明スイッチ。

特にコンセントはパソコンやテレビ周りに「足りない」事が多く、場所はばっちりだったのにタコ足ケーブルや延長ケーブルでぐちゃぐちゃに・・・ということが多々あります。

「建築前の電気図面の打ち合わせの時に、もっと真剣に考えれば良かった」とならないために、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか。

リビング

失敗しないためにココをチェック

家電を使う場所にコンセントはいくつありますか?

コンセント

リビングで考えてみると、テレビ、DVDプレイヤー、無線LAN子機(親機)、テレビゲーム、携帯電話充電器、掃除機、電話機などなど、ざっと上げるだけでもコンセントが必要な家電が相当数あります。

必要な「コンセントの最大数」を考えた時、それらの中で常時コンセント接続が必要なものばかりではありません。

それらの中から「常時電力供給したいもの」が最低限必須のコンセント数になります。

生活動線、家事動線上にコンセントはありますか?

スマホ充電

スマートフォンの充電をしながら電話をしたり、画像を見たりする方も多いと思います。

その際、ソファやベッド近くにコンセントがあれば快適にスマートフォンを利用しながら充電できます。

キッチンでは電子レンジや炊飯器のコンセントは確保できても、人によっては毎朝使うミキサーや、お菓子作りに必要な電動ホイッパーをさすコンセントが足りなくなり、リビングから延長コードを使わなくてはならなくなった・・・となると今度は調理家電を使用するのが面倒になり、普段の食生活に支障が出る事も考えられます。

空けたドアの裏、家具の後ろにコンセントは隠れてないですか?

コンセント

「コンセントを部屋の角にばかりつけていたため、家具に隠れてしまい使えるコンセントの数が少なくなってしまった」という事も。

使いやすい位置を考えておきましょう。

リビングやダイニングは家族の成長に合わせてインテリアを変えたい場所です。

テレビを置く場所、ソファーの大きさ、家具の配置など数ヶ月から数年単位で模様替えをする事も多いエリアはコンセント配置が大変重要です。

テレビを置くと予想される部屋の角全てにコンセントがあると便利です。

自由な模様替えはコンセントによって決まると言っても過言ではありません。

掃除機をかける際、コンセントの抜き差しは何回ですか?

掃除機

「うちはロボット掃除機だからコンセントの数はあまり必要ないの」という方はいいのですが、従来の掃除機を使う場合はコンセントの位置によっては一度の掃除で何度もコンセントの抜き差しが必要になる場合があります。

「コンセントが目立たないようにとリビングの四隅だけにコンセントをつけたが、真ん中にひとつあれば一度に掃除機をかけられたのに」という失敗も。

奥様が掃除が楽になるように、できるだけコンセントの抜き差しをしなくて済むような位置にコンセントをつける工夫も必要です。

コンセントに関する失敗は、平日と休日の行動パターンや生活動線の上にコンセントをイメージしていないからだと思います。

生活をイメージしていく事で、コンセントの数、位置はある程度予想を立てられるはずです。

タコ足配線は火事の元

蛸足配線
出典:http://iemo.jp

コンセントが足りなければ延長コードやタコ足配線を使って数を増やせます。

100円均一でも販売されているため、気軽に取り入れられるメリットがありますが、実は危険性もはらんでいます。

タコ足配線は「火事」になるリスクを高めてしまうのです。

タップの差込部分に埃が溜まり、水分がかかることでショートを起こし出火する場合があります。

窓際やキッチンなど、水がかかる可能性がある所ならどこでも火事のリスクがあるので注意が必要です。

また、タコ足配線は見た目にもよくありません。

配線がごちゃつき、どれがどの製品コードなのかよく分からなくなってしまうこともあります。

せっかく素敵な新居を建てたのに、配線の見栄えが悪くてはがっかりですよね。

コンセント確保の重要性はこんなところにもあります。

終わりに

ファミリー

コンセントなしには語れない私達の生活。

失敗しないコンセントの配置・数の設計は、必要な場所や利用シーンをひとつづつ考えて進めましょう。

ケーブルがゴチャゴチャ目に触れる生活は雑然とした印象を与え、せっかくオシャレな家具を揃えても快適な部屋に見えません。

最適なコンセント位置・数を決める事は、その後の暮らしが快適になるかどうかの重要なポイントなのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事