暮らし

田舎暮らしはどうですか?東京から2時間以内の郊外都市

田舎暮らしはどうですか?東京から2時間以内の郊外都市

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

慌ただしい都会生活に気疲れしている方はいらっしゃいませんか?

新型コロナウイルスの影響で不動産市場にも大きな変化が起きています。

これまで利便性が良く暮らしやすいとされていた都心は、人口の多さゆえに密になりやすいことを不安視する声が聞こえてくるようになりました。

一方で、「海や山などが近い緑豊かな田舎でのんびり暮らしたい」と考える方が増え、郊外エリアの物件に注目が集まるようになってきたのです。

しかし、仕事のことを考えると田舎暮らしはできない...。

そんな方に提案したいのが、東京から2時間程度で行ける「ちょっとだけ田舎」の生活。

東京から2時間以内でアクセスでき、通勤時間は多少かかりますが休日は自宅にいながらリフレッシュできますよ。

東京通勤圏の田舎①:奥多摩

東京からの所要時間2時間弱、JR青梅線の終着点、東京の奥庭として親しまれる奥多摩。

全域が秩父多摩甲斐国立公園に含まれ、周囲を山々に囲まれた風光明媚なエリアで登山客にも人気があります。

内陸に位置しているため標高が高く、冬は寒いですが夏は都心と比べて過ごしやすい気候。

まさに都会の喧騒とは完全に切り離された、ゆったりした時間が過ごせるのが魅力です。

賃貸が少ないのが難点ですが、中古の一戸建てや土地の販売が多いので、終の住処を探すのも良いかも。

奥多摩

東京通勤圏の田舎②:高崎市

江戸時代には城下町であると同時に宿場町としても栄えた、古くからの交通の要衝、群馬県高崎市

豊かな自然や歴史を有する一方で、市街地には行政機関や銀行、デパート、家電量販店、個人商店などが集中し、暮らす上では不便のない街です。

少し車で遠出すれば温泉や景勝地もあり、休日も家族で楽しめます。

東京駅から新幹線なら1時間を切り、在来線でも上野東京ラインを利用すれば約2時間、東京駅まで乗り換え無しです。

高崎公園

東京通勤圏の田舎③:浦賀

京浜急行電鉄本線の終着駅、浦賀駅神奈川県横須賀市にあります。

浦賀駅から品川駅までは京浜急行を利用してわずか1時間ですが、近距離に海と山があり、自然が感じられる町です。

ペリーが黒船で来航した歴史のある港では、街の東西を往来するポンポン船が今も大切な交通手段として活躍しています。

駅近くのバス停からは周辺の各地域へ向かう路線バスが発着していて、スーパーやコンビニなど商業施設もありますので、不便を感じること無く生活できます。

浦賀

解体の窓口

東京通勤圏の田舎④:新鎌ヶ谷

千葉県鎌ヶ谷市の新鎌ヶ谷駅は鎌ヶ谷市において唯一の乗り換え駅で、北総鉄道、京成電鉄、新京成電鉄、東武鉄道が乗り入れています。

松戸、船橋など千葉県の主要都市まで20分程度、日本橋なら29分、新宿には日暮里経由で約60分など、このアクセスのよさは注目です。

緑豊かな公園や、市の特産物である梨畑も多く自然を感じられます。

某プロ野球球団の2軍が本拠地を置いていることでも知られていて、東武野田線の当駅での発着メロディーには球団歌が採用されています。

新鎌ヶ谷

東京通勤圏の田舎⑤:川越市

「小江戸」として親しまれる蔵造りの町並みや菓子屋横丁など、歴史を感じられる観光スポットとしても人気の川越市

レトロな街並みを歩いて散策するのは楽しく、最近では若者にも人気のオシャレなカフェ、雑貨店の出店も増えています。

川越駅には東武東上線とJR埼京線が乗り入れており、新宿までは東武東上線池袋経由で約45分、都心部へのアクセスも抜群です。

駅周辺にはデパートや商店街があり、生活利便性の高い町です。

川越

郊外に住むメリット

新型コロナウイルスの感染拡大で、リモートワークを推奨する企業が増えたことにより、住まいから勤務先が近いことがかならずしも重要ではなくなってきました。

自宅での過ごし方が見直される中、郊外で土地を購入し、自宅で快適に過ごせるように住環境をととのえたいという方も増えています。

郊外は都心と比べて土地の価格が安いのが大きな魅力。

都心だとなかなか手が届かなかった広い土地を購入して、リモートワーク専用の部屋を設けたり趣味のガーデニングのための広い庭を持つなど、家での暮らしに重点を置いたこだわりの家づくりを実現できるかもしれません。

郊外に住むデメリット

一方、デメリットとしては公共交通機関が整備されておらずマイカーが必須な地域が多いことが挙げられます。

これまで車を所有せずに生活していた方は、運転や維持費が負担に感じるかもしれません。

郊外に住む

まとめ

東京まで2時間以内の郊外都市をご紹介しました。

ここでご紹介した以外にも、適度な自然があり、なおかつ生活利便性が高い魅力的な街はたくさんあります。

今後はテレワークを推進する企業がさらに増え、郊外志向の傾向がさらに加速していくかもしれません。

この機会に東京での時間に追われる生活から抜け出して、「ちょっとだけ田舎」暮らしで新たな人生の楽しみを見つけるのも良いのではないでしょうか?

いえらぶでは全国の広いリビング(ダイニング)のある一戸建てをご紹介しております。

友人を招いてのホームパーティーや大画面での映画鑑賞などおうち時間にぴったりの物件を是非お探しくだささい!

いい家選ぼういえらぶで!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事