住まいのノウハウ

スケルトン物件とは?意味とメリット・デメリットを知っておこう

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

『スケルトン物件』。

あなたはその言葉を聞いたことはありますか?

賃貸物件、特に店舗・事業用の賃貸物件の情報に『スケルトン』という言葉が書かれているのがたまに見られます。

「スケルトン物件って何だろう?」、「気になる物件の情報に『スケルトン』と記載されているがどういう意味なの?」、「スケルトン物件って何が良いの?気を付けるべきことは?」―そんな疑問が浮かんだあなたに、『スケルトン物件』の基本をご説明します。

スケルトン物件とは

スケルトン物件
出典:http://www.zoukei-rythmique.jp

スケルトン物件はコンクリートが打ちっぱなしになっていたり、配管がむき出しになっている状態の物件を指します。

『スケルトン』と聞くと、まず最初にガイコツが頭に浮かぶと思いますが、スケルトン物件はまさに物件の「骨」の部分だけ出来上がっていて、内装や設備等はない状態です。

契約後は基本的に、入居側で内装や機器の設置を行います。

『居抜き物件』と似ているようですが、居抜き物件は前の借主が施した内装や設備が残っている状態を言います。

スケルトン物件のメリットとデメリット

内装も何も施されていない、コンクリート打ちっぱなしの物件、ということはわかりましたが、スケルトン物件を借りて得られるメリットと、覚悟しておくべきデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット

メリット

好きなようにカスタマイズができる

スケルトン物件を選ぶ理由の1つに、内装を好きなようにカスタマイズすることができるという点があります(規約や法律で限界はありますが)。

「お店のデザインを自分好みのものにしたい!」と、強いこだわりを持つ方には打ってつけです。

必要な設備を設けることができる

「自分のお店にはこの設備が欠かせない!」、「設備は新しい方が良い!」という方にもスケルトン物件は魅力的です。

居抜き物件とは違って、設備もゼロの状態にある物件ですから、どんな設備を付けるのかは、借り手でほぼ自由に決めることができます。

デメリット

デメリット

費用がかかる

内装と設備の取り付けを一から行うので、その分やはりコストが掛かります。

資金に余裕があるなら問題ありませんが、物件を借りてお店を開くには、結構なお金が掛かります。

「無駄なコストは掛けたくない!」とお考えなら、スケルトン物件はあまりオススメしません。

ただ、居抜き物件は汚れがひどかったり、設備が古すぎることがあり、撤去や修復に相当な費用が掛かることが稀にあります。

よって、費用の面で「居抜き物件>スケルトン物件」と一概には言えません。

退去時の原状回復

お店をたたむ時、カスタマイズされたスケルトン物件をもとの状態に戻す必要があります。

内装も設備も撤去することになるので、カスタマイズの程度が高ければ高いほど、原状回復の為の費用が掛かります。


以上、スケルトン物件の基本をお伝えしましたが、スケルトン物件は夢に描いていた空間を作るのに最適です。

居抜き物件かスケルトン物件かで悩んだ際には、上記で挙げたメリットとデメリットをしっかり踏まえた上で決断しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事